Go to Main Content
1 /

新型コロナウイルス感染症の発生状況2020.4.5. 00時基準

確定診断者

全国
10,237

ソウル市
558

疑い患者

検査中

全国
19,571

ソウル市
6,981

検査結果(陰性)

全国
431,425

ソウル市
77,413

ソウル通信

ソウル市、公的マスクを買いにくい外国人にフィルター交換型マスクを支援

2020/04/03

ソウル市、公的マスクを買いにくい外国人にフィルター交換型マスクを支援

ソウル市は、公的マスクの入手が難しい外国人留学生と健康保険に加入していない外国人にフィルター交換型マスク10万枚を支援すると明らかにした。 公的マスク5部制の施行に伴い、外国人がマスクを購入するには外国人登録証と健康保険証が必要になる。しかし、ほとんどの留学生は健康保険に加入していない状態であるか、言葉の壁や生活環境などにより、現実的にマスクを買いにくい状況が続いている。 そこで、ソウル市はマスクを買いにくい外国人留学生と外国人労働者のため、ソウル所在の大学40校と外国人支援施設にフィルター交換型マスクを配布した。 外国人留学生は所属している大学からフィルター交換型マスクと交換用フィルター5枚を受け取ることができる。また、外国人労働者などはソウルグローバルセンター、西南圏グローバルセンター及び外国人労働者センター6か所から受け取ることができる。 フィルター交換型マスクの支援機関 フィルター交換型マスクの支援機関 番号 機関名 数量 1 カトリック大学校 100 2 ケシン(改新)大学院大学校 70 3 コングク(建国)大学校 2,600 4 キョンギ(京畿)大学校 650 5 キョンヒ(慶煕)大学校 4,400 6 コリョ(高麗)大学校 3,600 7 クァンウン(光云)大学校 1,100 8 クンミン(国民)大学校 2,800 9 国際神学大学院大学校 320 10 トクソン(徳成)女子大学校 140 11 トングク(東国)大学校 2,000 12 東方文化大学院大学校 50 13 トンヤンミレ(東洋未来)大学校 160 14 ミョンジ(明知)大学校 1,400 15 サミュク(三育)大学校 280 16...   Read more
ソウル市、「気候変動への対応」に向けて3千万本の植樹プロジェクトを発表

2020/04/03

ソウル市、「気候変動への対応」に向けて3千万本の植樹プロジェクトを発表

ソウル市は「千の森、千の庭園プロジェクト」を繰り広げ、5年間(2014年~2018年)でソウル全域に合計2,203か所(森1,038か所、庭園1,165か所)の森と庭園を造成し、2022年まで3千万本の植樹という目標に向かって順調なスタートを切った。ソウル市は2019年、生活密着型「都市の森」を拡充するという目標で2022年までに合計3,000万本の木を植える「2022-3000、惜しみなく与える植樹プロジェクト」を発表した。 特に2019年の場合、市内のあちこちにある基準面積未満の狭い土地や空き地に、一年間で827万本の木を植え、年間目標量である500万本の165%を達成して植樹の成功事例として確立し、市民・市民団体・民間企業・地方自治体から大きな注目を集めている。 ソウル市では植樹の量的拡大パラダイムから抜け出し、大気汚染、猛暑、ヒートアイランド現象など気候変動に先制して対応するため、環境問題の解決策となるように「どのような木をどこに、どのように」植えるかに対する戦略的な植樹方策を導入する。 さらに「ソウル技術研究院」でも、ソウルが直面している環境問題の解決に向けた大気汚染物質の遮断に効果的な植栽方法に関する研究が行われ、今後ソウル市の気候変動に対応するための植樹をより一層強化すると明らかにした。 3千万本の植樹による生活密着型「都市の森」の形成は、6万4千台の老朽化したディーゼル車が一年間に排出する大気汚染を減らすことで、PM10は平均25.6%削減、PM2.5は平均40.9%削減に匹敵する効果が期待される。 ソウル市は2020年の成果目標を、官民協力強化による3千万本の植樹目標の早期達成に定め、4大コア戦略を中心に推進する。4大コア戦略とは、①都市環境の改善に向けた効果的な植樹による戦略的対応の強化、②大規模な空間や生活圏・狭い遊休空間の活用など様々な緑地空間の拡大、③市民とともにする植樹など官民協力事業の大幅な拡大、④広報力の強化による植樹の日常化、「植樹社会」に向けた共通認識の形成だ。 Photos 移動する公園の事例 屋上緑化の事例 バス停留所の緑化(鳥瞰図) その一、都心・生活圏域に様々な緑化方法を導入し、都市環境の改善に向けて公園・広場・屋上・壁面や交通島などを積極的に活用する方策を導入するなど、地域別・場所別の特性を反映したオーダーメイド型緑化方法が推進される。 その二、大規模な空き地及び遊休空間の活用など、様々な生活密着型「都市の森」造成・緑化のため、郊外周辺の山林で作られる冷たく新鮮な空気を都心に誘導・拡散させ、ハンガン(漢江)や主な河川の水辺環境に適している鬱蒼とした森を造成する。一方、 オリンピックデロ・公開空地などの遊休敷地には背の高い木・背の低い木・草花類を活用した複層林が造成される。 Photos 市民参加のカーボン・オフセットに向けた森づくり その三、市民とともにする植樹拡大に向けて、民間企業の社会貢献活動(CSR)の緑化事業と市民参加型の植樹を積極的に推進する。特に2013年から2019年まで164企業の自発的な参加による「カーボン・オフセットに向けた森」の造成は、ソウル市の代表的な官民協力の成功事例として評価され、その他の多彩な事業も持続的に推進される予定だ。 Photos ソウル市庁「3千万本の植樹」電光掲示板 その四、植樹の市民体感度の向上と植樹社会への共通認識形成に向けて、広報力を強化する予定だ。植樹文化を拡大させるため、多くの市民の自発的な参加とコミュニケーション拡大に向けてSNS・ブログ・YouTubeなどのオンラインチャネルを通じた植樹に関するカードニュース・Webtoon・動画などを制作・共有し、公園・地下鉄・バス・タルンイなどの公共施設で電光掲示板や照明など様々なメディアを活用した広報活動を積極的に行う予定だ。
世界45都市の市長とビデオ会議を行い、ソウル市の新型コロナ対処ノウハウを共有

2020/04/02

世界45都市の市長とビデオ会議を行い、ソウル市の新型コロナ対処ノウハウを共有

新型コロナウイルス感染症に対して先制的に対処するため、パク・ウォンスン(朴元淳)市長は3月27日(金)23時15分、市長執務室で45都市に及ぶ世界主要都市の市長らと共に「新型コロナウイルス感染症への共同対応のためのビデオ会議」を開き、ソウル市の防疫経験とノウハウを紹介した。 世界中の96の大都市で構成されたグローバルネットワークC40(世界大都市気候先導グループ)の議長であるエリック・ガーセッティ(Eric Garcetti)米国LA市長が、パク・ウォンスン(朴元淳)市長にビデオ会議を緊急提案し、海外から多くの関心を集めているソウル市の新型コロナウイルス感染症に対する防疫及び対処のノウハウに対する発表を要請したことから、会議が実現した。 当初45分間の開催予定だった会議は、参加者の熱い関心のもと延長して約70分間行われ、パク・ウォンスン(朴元淳)市長は「手遅れになるよりは過剰な対応の方が良い」というソウル市の感染症対応原則下における迅速な診断システムなど、ソウル市の先制的かつ迅速な対処政策について詳しく紹介した。   ○ パク・ウォンスン(朴元淳)市長は迅速な検診のため、ドライブスルーやウォーキングスルーなどの選別診療所を導入して医療スタッフや患者の感染リスクを最小限に抑え、患者の重症度によって治療施設を分けて運営するなど対応力を高めるための革新事例を紹介した。   ○ また、市民の移動を統制せずに大都市ソウルの都市機能を維持し、感染者の動線などの情報を透明に公開して感染リスクを遮断できたのは、成熟した民主的な市民意識があったからこそ可能だったと強調した。 このビデオ会議でエリック・ガーセッティLA市長は危機的状況においては都市間での経験及びノウハウの共有が重要であると強調した。また、ミラノのサラ市長はミラノで1か月間の封鎖措置を行った経験を通じて得た主なメッセージと勧告事項を共有し、シエラレオネにあるフリータウンの市長は、資源が少なく人口密度は高い都市環境での大流行に備える必要がある状況下の困難について言及した。 この他にもインドネシアのジャカルタ、米国のサンフランシスコ、インドのデリー、コロンビアのボゴタなど海外各国の主要都市の市長が、現在の各都市における新型コロナウイルス感染症の状況と対応策を伝え、ソウル市の優れた対応政策に対し高い関心を見せた。 エリック・ガーセッティLA市長は、会議の締めくくりにおいて今回の会議が一度限りのものではなく、情報共有プラットフォームなどを通じて持続的な協力を続けていくことを提案した。
月間文化カレンダー
  • VISIT SEOUL NET
  • Seoul Global Center
  • Invest SEOUL Our homepage is being renovated
  • MICE SEOUL
  • Air Quality Information SMS Notification Service

市長からのメッセージ

ソウル市長 朴元淳(パク・ウォンスン)

ソウル市長の、
パク・ウォンスンです

ソウル市外国語ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

もっと >

文化カレンダー

I·SEOUL·U

「I·SEOUL·U(あなたと私のソウル)」は、ソウルに共存する様々なものを分かち合える関係指向型ブランドとして開発されました。

もっと >