メインコンテンツに移動

ニュース

ソウル市、新型コロナと猛暑の両者により苦しむ災害弱者層のための特別保護対策を実施

福祉/健康/安全ニュース

ソウル市、新型コロナと猛暑の両者により苦しむ災害弱者層のための特別保護対策を実施

最近、新型コロナウイルスの感染拡大と共に、ソウル全域に猛暑警報が発令されるほど厳しい暑さが続いている。ソウル市は、猛暑総合支援状況室を稼働し、新型コロナと猛暑により日常生活がより困難になっている高齢者や劣悪な居住環境に暮らす住民などの社会的弱者層を守るべく、「猛暑特別保護対策」を実施する。 まず、猛暑により疲労を感じた市民が休息することができる猛暑避難所や、ワクチン接種センターなどに、民間団体らと協力して防疫活動を実施し、防疫用の物品も支援する。そして、熱帯夜により、熟睡するのが困難な高齢者のために安全宿所を設ける。 また、特にケアが必要な高齢者33,375人に対しては、安否確認を強化する。猛暑特報が発令された場合、3,020人のスタッフが健康・状況などを考慮して隔日または毎日、安否確認の電話を行い、猛暑の状況について伝えるとともに高齢者の安全を確認する。 さらに、ホームレス・劣悪な住居環境に暮らす住民のための対策も強化する。ソウル駅とナムデムン(南大門)一帯には、住民たちが気軽に利用できるように野外猛暑避難所を2か所運営し、室内猛暑避難所20か所は徹底して防疫管理を行う予定だ。 また、ソウル型緊急福祉の猛暑対策費として5億ウォンを別途に編成し、生計費と暑さにより発生した熱中症の医療費、エアコン・冷風機・冷蔵庫・クールマットなどの冷房用品と電気代を最大300万ウォンまで支援し、所得・財産基準などを緩和してソウル型緊急福祉の支援対象を拡大する方針だ。 ソウル市、新型コロナと猛暑の両者により苦しむ災害弱者層のための特別保護対策を実施 高齢者センターに猛暑避難所を運営 チョクバン村(不良住宅密集地区)での 散水による熱冷まし 自律防災団による防疫活動 セジョンデロ(世宗大路)に設置された 「クーリングロード」
韓国最大のデザイン専門ビジネスローンチショー「2021 DDPデザインフェア」を開催

文化/観光ニュース

韓国最大のデザイン専門ビジネスローンチショー「2021 DDPデザインフェア」を開催

ソウルにある中・小規模メーカーとデザイナーがコラボ・開発した製品をお披露目する韓国最大のデザイン専門ビジネスローンチショーである「2021 DDPデザインフェア」が開催される。 2021年で第3回目を迎え、韓国の代表的な新製品ローンチフェアとして定着したDDPデザインフェアは、中・小規模メーカーとデザイナーが協力して開発製品の中から、優秀な130個(チーム)の製品を選定して10月19日から25日までの7日間、トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)にて披露する予定だ。 既製品の販路開拓を重点的に支援する他のデザイン博覧会とは異なり、DDPデザインフェアは製品開発、コンサルティング、販路開拓などの企画からマーケティングまで全段階を支援する。特に、6分野・7名のデザイン専門家で構成されたキュレーターが交流をリードし、製品開発コンサルティングを通じて優れた品質にデザイン性まで加えた家具、照明、生活リビング製品を量産する予定だ。 2020年のDDPデザインフェアは、突然の新型コロナウイルスのパンデミックによりオンラインでの開催となったが、デザイナーと中・小規模メーカーが共に製品を開発した過程をメイキングストーリーとして紹介し、デザイナーのアイデアと小商工人たちの物語をインタビュー動画にまとめた。この動画は、新型コロナウイルス感染症により疲弊している小商工人たちの心を労わる動画と評価され、韓国・海外で30万回以上の視聴回数を記録する大きな成果を収めた。 今年2021年の「2021 DDPデザインフェア」の展示テーマはだ。世界中が新型コロナウイルス感染症で困難な時期に、日常を美しく彩り、幸せを見つける方法を新しいデザイントレンドとして提案すべく企画された。今回のイベントは10月に専用プラットフォーム (ddpdesignfair-ex.or.kr) によるオンライン展示と、DDPアートホール1にてのオフライン展示が同時に開催される予定だ。 「2021 DDPデザインフェア」に関する詳しい内容は、公式ホームページ (www.ddpdesignfair.or.kr) 及びInstagramから確認することができる。 2021年DDPデザインフェアのポスター 2020年DDPベストデザイン賞の受賞作 2020年DDPベストデザイン賞の受賞作 <Weight_Light> ファンドク技術団 × メイクメイク <ハンガン(漢江)棚、鉄製食膳> TAMKEN × スタジオコ・ジョンホ <Efe> 日常事物 × スタジオミンドゥルレ <バブル> ラディルーム × ランプランド <Tango> KKDC × アトリエソン <Re: Bottle- Spinning series> クリゴグラス × パク・ソンミン <スタンダードチェア> Bentekファニチャー × ヤン・ジョンモスタジオ
ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館、韓中修好30周年を記念して企画展を同時開催

文化/観光ニュース

ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館、韓中修好30周年を記念して企画展を同時開催

ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館が、「韓中文化交流の年(2021~2022)」及び2022年に韓中修好30周年を迎えることを記念して、中国の山東博物館と協力し、それぞれの都市の数千年におよぶ歴史を代表する遺物を展示する企画展を同時開催する。 新型コロナウイルスの感染拡大により、実際に遺物をやり取りして交流することは困難な状況であるため、遺物を撮影した写真・映像による交流展示にするものとし、両国ともオンラインでもオフラインでも観覧できるようにした。 ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館は、中国山東省一帯の有する先史時代から斉・魯に至るまでの悠久たる歴史を代表する遺物を厳選して約70点に絞り、『黄河と泰山:斉・魯文化展』(7月20日~10月31日)を開催する。中国の山東博物館は、ハンソン(漢城)ベクチェ(百済)の遺跡から出土した代表的な遺物約70点を披露する『ペクチェ(百済)ハンソン(漢城)期の王城と王陵』(7月20日~8月1日)展を開催する。 展示は、ソーシャル・ディスタンシングに基づく防疫心得を厳守して行われるため、ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館ホームページ (baekjemuseum.seoul.go.kr) より事前予約制で運営される。展示される写真及び映像は、ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館ホームページまたはYouTubeチャンネル (youtube.com/seoulbaekje) から鑑賞することができる。 ハンソンベクチェ(漢城百済)博物館、韓中修好30周年を記念して企画展を同時開催 首長の黒い盃 鳳凰と龍の装飾が施されている青銅製壷 象鼻型の足をしている青銅製釜 「亜醜と刻まれている青銅製斧 金縷玉衣 黄釉青花葫芦瓶(泰山三宝) 広報イメージ
ソウル市、公衆トイレに「ユニバーサルデザイン」を取り入れる

都市建築ニュース

ソウル市、公衆トイレに「ユニバーサルデザイン」を取り入れる

ソウル市内の公衆トイレが、高齢者、障害者、乳幼児連れの保護者、外国人などすべての住民が安全かつ便利に利用できるように「ユニバーサルデザイン」化される。 ソウル市およびソウル市ユニバーサルデザインセンターは、洞住民センター3か所(▴クロ2ドン(九老2洞) ▴シンジョン3ドン(新亭3洞) ▴マンウォン2ドン(望遠2洞))を選定し、老朽化した公衆トイレに対するリモデリングを完了した。 出入り口には男性用・女性用、多目的トイレであることを示す大きなピクトグラムを貼り、視力の低下している者や外国人でもトイレを簡単に見つけることができるようにした。荷物を持っている利用者や赤ちゃん連れの利用者も楽に出入りできるよう自動ドアに交換し、新型コロナウイルスの感染や衛生に配慮して足でボタンを押して開ける「フットスイッチ」を設置した。男性トイレにもベビーチェアとおむつ交換台を設置し、おむつ交換台の下には子どもが寒くないようにヒーターを設置した。 外国人利用者が多いクロ2ドン(九老2洞)住民センターでは、韓国語がわからなくても理解できるピクトグラム案内標識を設置し、子ども連れの利用者が多いシンジョン3ドン(新亭3洞)住民センターでは、子ども用利便施設を補強するなど対象地ごとの特性に考慮しての施設改善も行われた。 この他にも、盗撮を予防するために個室の間の仕切り壁は上下が塞がった構造を適用した。多目的トイレには非常ベルを壁の低い位置、おむつ交換台の隣など複数設置し、転んだり突然倒れたりした場合など、いかなる状況でも助けを求めることができるようにした。 ソウル市、公衆トイレに「ユニバーサルデザイン」を取り入れる   改善前 改善後 案内標識 改善 – 誰でも利用しやすいように動線を改善 – 高齢者、視力低下者、外国人にもわかりやすい案内標識を適用 安全施設、 利便施設 改善 – 誰でも安全に使用できる手すり、複数の非常ベル、ベビーチェアなどを改善 – 利用施設と区別しやすいようにコントラストが強く視認しやすい色を適用 出入り口 改善 – 出入り口を様々な利用者が便利に使用できるよう自動ドアに改善 – 衛生に配慮して足で開閉できる自動ドア開閉ボタンを追加(クロ2ドン(九老2洞)住民センター) ヒーター付き おむつ交換台 設置 – 乳幼児連れの利用者の利便性に配慮しておむつ交換台を改善 – 子どもが情緒的に安心できるように、ヒーター付きおむつ交換ブースを設置(シンジョン3ドン(新亭3洞)住民センター)
ソウル市、『モノクル(Monocle)』が選ぶ世界で最も暮らしやすい都市11位

都市建築ニュース

ソウル市、『モノクル(Monocle)』が選ぶ世界で最も暮らしやすい都市11位

ソウル市が、グローバル情報月刊誌『モノクル(Monocle)』が選定する「2021年暮らしやすい都市」(2021:Liveable Cities Index)で11位にランクインした。 都市ライフスタイルの探求によって各国のオピニオンリーダーたちから高く評価されている『モノクル(Monocle)』は、毎年7~8月に「クオリティ・オブ・ライフ」特集号を発行して全世界の暮らしやすい都市ランキングを発表している。2009年にランキングの発表が始まって以来、ソウル市は今年2021年になって初めてランキング圏内である11位に選定された。 『モノクル』は、今回の調査においては、これまで使用していた評価項目のうちコロナ禍という現状にふさわしくない評価項目は除き、パンデミックという状況下においてもQOL(暮らしの質)を保ちつつ、日常を取り戻した際に回復する準備が整っている都市を選んだと発表している。 11位にランクインしたソウル市は、巨大な都市規模にもかかわらずアクセス性に優れ、多彩な楽しみを味わえる都市と評価された。特に、『モノクル』誌は低価格で利用者への配慮が行き届いているソウルの公共交通機関を高く評価した。また、ホンデ(弘大)、ヘファ(恵化)、イテウォン(梨泰院)など日常の中で楽しめる要素の多い様々な地域もソウルの長所として挙げられた。 新型コロナウイルス感染症の対応においても、ソウルは、人口密度が高いにもかかわらず、防疫と動線追跡を通じてウイルスが広範囲に拡散するのを防止した点が高く評価された。また、ソウル市民が公共安全を尊重し、マスクをしっかり着用してソーシャル・ディスタンシングを保った点も防疫の成功要因として挙げられた。 今回の調査における世界で最も暮らしやすい都市には、1位にコペンハーゲン、2位チューリッヒ、3位ヘルシンキ、4位ストックホルム、5位東京、9位台北、12位バンクーバー、14位ベルリン、20位ロサンゼルスなどが選ばれた。特に、人口1,000万人規模の都市としては、ソウル以外では東京、ロサンゼルスのみが20位以内にランクインした点から、今回のソウルの躍進はいっそう目覚ましいものであるといえる。
ソウル市、ソウル全域に及ぶ「公共IoTネットワーク」を2023年までに構築…2021年内に3区でテストサービスを実施

都市建築ニュース

ソウル市、ソウル全域に及ぶ「公共IoTネットワーク」を2023年までに構築…2021年内に3区でテストサービスを実施

ソウル市は、2023年までにソウル全域に対する「公共IoT(モノのインターネット)ネットワーク」構築を完了させる計画であり、中央コントロールタワーの役割を担う「運営プラットフォーム」は今年2021年内にソウル市庁に構築する。 ソウル全域に「IoT(モノのインターネット)ネットワーク」が行き渡れば、都市全域に設置されたIoT(モノのインターネット)センサーを通じて交通、安全、環境、保健、施設、防犯、災害などさまざまなな分野のデータを収集できる。ソウル市庁と25の区庁間で相互にデータをやり取りすることも可能だ。 こうしたことが実現すると、IoT(モノのインターネット)ネットワークを通じて収集されたデータを迅速に送信して関連サービスを速やかに提供できるだけでなく、データをビックデータ化・加工・融合・複合させて活用することができる。これまではモバイルデータ通信ネットワークを通じて提供されていたIoT(モノのインターネット)サービスを、今後は利用料金の負担なしに公共ネットワークを通じて提供できるようになるのだ。 例えば、IoT(モノのインターネット)センサーを活用した「上水道遠隔検針」、伝統市場の電力モニタリングを通じた「IoT(モノのインターネット)火災感知」、ひとり暮らし高齢者の自宅での動き検知センサーを通じた「IoT(モノのインターネット)孤独死防止」など、市民が体感できるサービスをソウル全域で実施できる。 今後は、スタートアップ、研究機関にデータを提供して付加価値を創出し、市民の暮らしの質を高める様々なサービスを生み出していくことを目標としている。 ソウル市は、「IoT(モノのインターネット)ネットワーク」を構築すると並行して、3つの自治区(ウンピョン(恩平)・クロ(九老)・ソチョ(瑞草))を選抜し安全・行政・環境分野におけるIoT(モノのインターネット)テストサービスを2021年内に順次開始する方針だ。 クロ(九老)区のスマート保安灯設置写真 設置前 設置後 設置後 クロ(九老)区のスマート保安灯設置写真 ソチョ(瑞草)区の微小粒子状物質(PM2.5)など大気環境測定器 ソチョ(瑞草)区の微小粒子状物質(PM2.5)など大気環境測定器 ウンピョン(恩平)区のIoT(モノのインターネット)基地局 ウンピョン(恩平)区のIoT(モノのインターネット)基地局 ウンピョン(恩平)区の危険施設スマートセンサー ウンピョン(恩平)区の危険施設スマートセンサー

月間文化カレンダー

7月イベントカレンダー

オ・セフン(呉世勲)第38代ソウル市長当選

ソウル市庁について

首都・ソウルの行政業務が行われている
ソウル市庁の組織図・アクセスガイド、
行政の沿革についてご紹介します。

ニュースレター

ギャラリー

マルチメディア