ソウルの美しい紅葉道109選
2017ソウルランタンフェスティバル
I SEOUL U CHALLENGERS
Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

ソウル通信

  • Climate_Change_Policies_of_Seoul_1

    パク・ウォンスン(朴元淳)市長、ソウルの気候変動対策における成果を世界に紹介

    パク・ウォンスン(朴元淳)市長は2017年11月12日、ドイツのボンで開かれた「地方政府気候首脳会議(Climate Summit of Local and Regional Leaders)」に参加し、ソウル市が推進して韓国の国家的政策の模範となったソウル市の気候変動対策における優秀な政策対応事例を世界に紹介した。 「地方政府気候首脳会議」は、2017年11月6日から17日まで、国連気候変動枠組条約(UNFCCC、United Nations Framework Convention on Climate Change)の主催で開かれるCOP23(Conference Of Parties23、第23回締約国会議)の公式付帯イベントである。気候変動対策に関する世界各都市、地方自治体、国際機関などが事例発表及び討論などを行い、各都市の経験などを共有する場である。 パク市長は、世界各国から1,174の都市と地方自治体が参加する気候環境分野の国際協力機関「イクレイ(ICLEI、国際環境自治体協議会)」の会長として参加し、4番目のセッション(テーマ:あらゆる政府機関との共同行動による気候変動対策の目標値上昇)で発表した。 「あらゆる政府機関との共同行動による気候変動対策の目標値上昇」をテーマに発表したセッション4で、パク市長は「政策を成功させるためには市民の参加が必ず必要だ」と強調、ソウルの気候変動対策の優秀市策である「原発一基削減」「ソウルの約束」などを全世界に紹介した。 パク市長は祝辞で「パリ協定を忠実に履行するためには温室ガス排出の約2/3に及ぶエネルギー部門に対する集中的な努力が必要だ」と強調し、さらに「ソウル市はエネルギー消費都市からエネルギー生産都市への転換を宣言、利用の効率化と省エネを重視してきた過去のエネルギー政策を再生可能なエネルギー生産に注力する方向へ拡大・発展させていく計画だ」と語った。

    2017/11/17

  • Hosts_First_Investment_Promotion_Conference_in_India_1

    ソウル市、インド経済交流センターと協力し、韓国のスタートアップ企業の進出を支援

    ソウル市長として初めて西南アジアを歴訪中のパク・ウォンスン(朴元淳)市長は、2017年11月8日、インドのデリーにオープンした「ソウル・インド経済交流センター」の開所式に出席し、「ソウル市は、センターと協力して、韓国の有望なスタートアップ企業と中小企業のインド進出及び投資誘致を助ける掛け橋の役割をする」と述べた。 「ソウル・インド経済交流センター」は、韓国のスタートアップ企業のインド進出及びインドのスタートアップ企業のソウル進出を支援するプラットフォームの役割をする機関である。2010年の韓国・インド包括的経済提携協定の締結後、韓国の数多くの大企業がインド各地域に進出、現地法人を設立するなど善戦しているが、中小企業やスタートアップ企業は進出の機会がほとんどないという現実があるためだ。 パク市長は開所式の祝辞で「今は韓国のスタートアップ企業と中小企業にも機会が与えられるべき時期」と述べ、さらに「韓国のスタートアップ企業のインド進出とインドのスタートアップ企業の韓国進出を支援する媒介機関がオープンしたからには、ソウル市も経済交流センターと協力して様々な後続プロセスを推進していく」と語った。 さらにソウル市はかつて、インドを新しい投資誘致ターゲット国に定め、韓国の中小企業とスタートアップ企業のインド市場進出の足場を準備するため、2016年9月、ソウルでインドの経済使節団とソウル所在の企業が投資について相談できる場を設けたことがある。 一方、パク市長はハリヤーナー州グルガオン・サイバーハブ・アリーナにて「ソウル・インドフェスティバル」(Seoul-India Friendship Festival、11月8日~9日)を開催し、インド市民と直接触れ合える場を設けた。ソウル市の交流未開拓地域であるインド現地にて、ソウルの文化や観光など、ソウルの都市ブランドを総合的に紹介するフェスティバルの第1回目だ。パク市長はNANTA(ナンタ)の公演中のステージにサプライズ出演し、公演を一緒に披露することもした。

    2017/11/14

もっと +

  • facebook
  • flicker