メインコンテンツに移動

ニュース

ソウル市、『1時間ごとに10分以上窓を開けよう』換気キャンペーン実施

福祉/健康/安全ニュース

ソウル市、『1時間ごとに10分以上窓を開けよう』換気キャンペーン実施

ソウル市が、市民が日常で実践できる「ソウルの窓を開けよう」換気キャンペーンを実施する。 最近4か月間、ソウル市の新型コロナウイルス感染者のうち3割が、空気の入れ替えの不十分な施設内で発生するなど、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた積極的な換気の重要性が強調されている。 そのためソウル市は、「ソウル型換気生活の心得」勧告案を発表し、ソーシャル・ディスタンシング第2段階の3週間延長とともに実践キャンペーンを大々的に繰り広げる。 騒音など特別なクレーム要素がない以上、窓と出入り口は常時開放しておくが、常時開放するのが困難な施設は、1時間ごとに10分以上換気するよう勧告する。また、窓のない地下や窓の開放が困難な施設は、通路とつながる窓と出入り口を開放し、換気扇をも頻繁に稼働する。冷暖房機を稼働するときは窓の一部を開放することを推奨している。 飛沫が多く発生する室内体育施設は、換気の回数を増やして営業開始直前・直後に15分以上窓をすべて開放して換気するようにした。これまで別途に防疫心得を設けなかった一般家庭の場合は、マスクを着用しないまま会話が頻繁に行き交う空間なだけに、周期的に換気をするよう勧める心得が加えられた。 この換気キャンペーンは、特別防疫週間の延長とともに、新型コロナウイルス感染症の集団感染において、最も危険な空間である密閉施設内での感染リスクを最小限に抑えるため繰り広げられる市民共同行動キャンペーンである。全国的な新型コロナウイルス感染拡大を阻止するため、ソウル市は総力を挙げる方針だ。 ソウル市、『1時間ごとに10分以上窓を開けよう』換気キャンペーン実施
ソウル市、「新型コロナ退院患者」の日常回復を支援

福祉/健康/安全ニュース

ソウル市、「新型コロナ退院患者」の日常回復を支援

ソウル市は、新型コロナウイルスに感染したが退院した患者を対象に、4週間の健康管理サービスを支援し、自宅での自己管理が可能な健康キットを提供するなど、新型コロナ退院患者が迅速に日常生活を取り戻せるよう力を尽くす。 ソウル市は、21の区と協力して5月より各保健所に「新型コロナ退院患者健康管理運営班」を組織し、治療期間を経て疲労した退院患者が心身ともに日常生活へと復帰できるよう支援するためのプロジェクトを実施する。 プロジェクトを申請できる対象となるのは、ソウル市及び自治区の生活治療センターを退所した者のうち、該当する21の自治区に居住する市民1,000人である。生活治療センターに入所した際に配布される案内文書に記載されたQRコードから申請可能で、先着順に受け付け、定員に達したら締切となる。 1,000人の申請者には、保健所の健康管理運営班が週1回、4週間にわたって電話相談により健康管理サービスを提供する。必要と判断される場合には病院・医院や心理支援センター(カウンセリング)、精神健康福祉センターなどに連携する予定だ。 申請すると、1週間以内に健康キットが届けられる。健康キットは28日間のミッションカードで、専門家による監修を経て身体的・精神的な日常生活の回復に役立つよう構成されている。 ソウル市は、さらに充実した健康管理サービスの提供を今後も続けることができるよう、実務者の能力強化教育、相談事例のモニタリング、専門家による諮問を継続していく予定だ。また、モデル事業後に効果を評価して、事業の継続及び拡大をすべきか否か等を決定する計画である。
「5人以上の私的な集まり禁止」を全国に拡大するにあたっての指針

福祉/健康/安全ニュース

「5人以上の私的な集まり禁止」を全国に拡大するにあたっての指針

詳細指針 FAQ □ 全国のすべての国民を対象に実施 □ (適用期間) 2021年5月3日(月) 0時 ~ 2021年5月23日(日) 24時、3週間適用 □ (措置内容) 親睦を深めるなどの私的な目的を理由に、5人以上の人々が、事前に合意・約束・告知されたスケジュールに基づき同じ時間帯に同じ場所(室内・室外)に集まって行う一時的な集まり・集合活動を禁止 □ (禁止対象) 同窓会、同好会、ピクニック、会社の会食(昼食を含む)、契の集まり、引っ越し祝い、新年会、1歳の誕生日のお祝い、還暦・古希のお祝い、オンラインカフェの定期集会などのように親睦を深めることを目的とするあらゆる集まりや行事・イベント □(人数の数え方) 「5人」の中には大人数の利用施設などの従業員やスタッフなどは含まない *遊興従事者は「5人」の中に含む。 □(適用の例外) • 日常的な家庭生活のために家族構成員などが集まる場合 – 直系家族*が集まる場合 * 直系家族とは、直系尊属・直系卑属をいう – 児童、高齢者、障害者などのケアが必要な場合 – 臨終の可能性があるため家族・知人などが集まる場合 • 結婚式・葬儀 – 1回の結婚式・葬儀に当たり、ソーシャル・ディスタンシング段階に基づく集会・行事の基準により、首都圏は49人以下、非首都圏は施設面積 4 m2 当たり1人まで許可される • 行事・イベント*、各種試験* – 説明会、公聴会などの行事・イベントは、ソーシャル・ディスタンシング段階に基づく集会・行事の基準により、首都圏は99人以下、非首都圏は499人以下まで許可される – 試験の場合、分割された空間(例:教室)内にてソーシャル・ディスタンシング段階に基づく集会・行事の基準により、首都圏は99人以下、非首都圏は499人以下まで(500人以上の場合、自治体に申告・協議)許可される *(行事・イベント) 説明会、公聴会、学術大会、記念式、修練会、フェスティバル・お祭り、大規模なコンサート、サイン会、講演、トレーニング、大会、ワークショップなど *(各種試験) 採用試験、資格試験など ※ 展示会・博覧会や国際会議などは、施設の床面積に対して利用人数を制限(全国で4㎡当たり1人)し、集会・行事の人数制限は適用しない • 公務・企業の必須経営活動 – 法律に基づいた活動で、一定人数以上が対面で集まる場合、期限があってキャンセルや延期ができない場合など、行政・公共機関の公的業務遂行および企業の経営活動に欠かせない集会・行事の場合、「5人以上の私的な集まり禁止」及びソーシャル・ディスタンシング段階に基づく人数制限(首都圏99人、非首都圏499人まで)を適用しない *...   Read more
セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が5月に全面開放、歩行にやさしい都市・ソウルの新たな目玉

環境/エネルギーニュース

セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が5月に全面開放、歩行にやさしい都市・ソウルの新たな目玉

セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が、都心・人・文化・緑地をつなぐ「ソウルを代表する歩道」として新しく生まれ変わり、2021年春に市民のもとへ帰ってきた。 ソウル市は、セジョンデロ(世宗大路)一帯を「歩きたくなる街路樹の森の道」で綿密につなぐ「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)工事」を4月末に完了した。2020年7月に起工して以来、9か月での完成となる。 セジョンデロ(世宗大路)十字路~スンニェムン(崇礼門)~ソウル駅まで全1.55㎞区間のセジョンデロ(世宗大路)を1つにつないで、ソウルの表情を変える新しい名所として生まれ変わらせた。 ソウル市はこれまで、都心の車道を減らして歩行とグリーン交通空間を増やし、人が中心の「歩行者中心道路再編」を推進してきた。 単純に車道を狭めるのではなく、樹木と花が満載の「都心にある街路樹の森」という概念を初めて導入して、都心全体がグリーンの森の道でつながれる「歩行にやさしい都市・ソウル」という方向性を提示したのが、セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)が持つ最も大きな意味だ。 「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)」の完成によって、クァンファムン(光化門)広場、トクスグン(徳寿宮)、スンニェムン(崇礼門)などセジョンデロ(世宗大路)を代表する名所を歩道でつなぎ、文化・歴史・景観を併せ持ちつつ商圏・経済・人をつなぐソウルの「代表的な歩道ブランド」として生まれ変わると期待されている。 なお、市民にセジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)の完成を広く知らせるため、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)オンラインウォーキング」を皮切りに、5月3日から15日までの2週間にわたり、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)、春を歩く」イベントを実施する。 新型コロナウイルス感染症の状況に応じて安全を最優先としてオン・オフラインで推進されるこのイベントは、「オンラインウォーキング」、「セジョンデロ(世宗大路)サラムスプギル(人・森・道)フォトゾーンツアー」など、非対面で市民たちが手軽に参加できるよう構成されている。 セジョンデロ(世宗大路)「サラムスプギル(人・森・道)」造成前/後 セジョンデロ(世宗大路)「サラムスプギル(人・森・道)」造成前/後 □ プレスセンター前 工事前 工事後 □ ソウル図書館前 工事前 工事後 □ ソウル広場 工事前 工事後 □ トクスグン(徳寿宮)前 工事前 工事後 □ テピョンノビル前 工事前 工事後 □ トクスグン(徳寿宮)トルダムギル(石垣道) 工事前 工事後 □ プクチャンドン(北倉洞)区間 – フングク(興国)生命前 工事前 工事後 □ スンニェムン(崇礼門) 工事前 工事後 □ ソウル駅方面 – ワイズタワー前 工事前 工事後 □ セジョンデロ(世宗大路)「サラムスプギル(人・森・道)」の位置図
ソーシャル・ディスタンシング第2段階、5月23日まで3週間延長

福祉/健康/安全ニュース

ソーシャル・ディスタンシング第2段階、5月23日まで3週間延長

ソーシャル・ディスタンシング第2段階 適用期間:2021年5月3日(月) 0時 ~ 2021年5月23日(日) 24時、3週間適用 – 首都圏のソーシャル・ディスタンシング段階は5月3日0時から5月23日24時まで現在の第2段階を継続 – 予防接種が滞りなく実施され、感染の流行を適切に統制できるようになった場合、7月より新たなソーシャル・ディスタンシング体系に再編する予定 – (私的な集まり)「5人以上の私的な集まり禁止」措置を継続 ☞ (5人以上の私的な集まり禁止の案内) ■ソーシャル・ディスタンシングの各段階における主な措置の比較 ■ソーシャル・ディスタンシングの各段階における主な措置の比較 区分 第2.5段階(原則) 現行の首都圏第2段階 第2段階(原則) 遊興施設6種 (遊興飲食店、団らん酒店(カラオケバー)、感性酒店(若者向けダンス居酒屋)、コーラテック(高齢者向けディスコ、舞踏場を含む)、 相席居酒屋、ホールデムパブ(カードゲームを楽しめるパブ)) 集合禁止 営業時間を制限(22時まで) 集合禁止 カラオケ、 室内スタンディング公演場、 室内体育施設、 訪問販売業など 販売の広報館 集合禁止 営業時間を制限(22時まで) 営業時間を制限(21時まで) 飲食店・カフェ (飲食禁止)、 パーティールーム 営業時間を制限(21時まで) 営業時間を制限(22時まで) 営業時間を制限(21時まで) 映画館、ネットカフェ、 ゲームセンター、 塾、 読書室、 遊園地、 理容・美容業、大型スーパー 営業時間を制限(21時まで) 営業制限を解除 営業制限を解除 行事の人数制限 50人未満 100人未満 100人未満 宗教活動 非対面、20人以内に人数を制限...   Read more
「2021F/Wソウルファッションウィーク」映像視聴者数472万人を記録

文化/観光ニュース

「2021F/Wソウルファッションウィーク」映像視聴者数472万人を記録

非対面によりオンライン配信で開催された「2021F/Wソウルファッションウィーク」の映像視聴者数が、開催1か月目にして472万人を記録した。 デジタルランウェイを初めて試みた2020年開催の「2021S/Sソウルファッションウィーク」映像の視聴者数は107万人だった。今回の「2021F/Wソウルファッションウィーク」の場合、K-カルチャーを融合させてデザイナーやモデルのファッションストーリーを加えたことが視聴者層の幅を広げ、472万人という視聴者数を記録するに至ったと評価されている。 特に世界的な動画共有プラットフォームであるYouTubeチャンネルでの視聴者数が2020年の48,000人から228,000人と4.8倍増えた。その視聴者の大半(57.4%)は、アメリカや日本、インドネシアなどの海外からの視聴であった。「VOGUE(ヴォーグ)」や「Forbes(フォーブス)」など海外の大手メディアでも100回以上報道され、K-ファッションへの関心が韓国を越えて全世界に拡大していることを確認できた。 このように高い関心を持たれているK-ファッションのグローバル化に向けてファッション産業に対する支援も並行した。海外のバイヤーと韓国のデザイナーを1対1でつなぐ「オンライン受注商談会」では計784回の商談が行われた。また世界的に有名なB2Bオンラインプラットフォームである「renewblack」に、ソウルファッションウィークに参加したデザイナーらの14のブランドを出店させ、海外進出の可能性を高めた。 「2021F/Wソウルファッションウィーク」の特徴は、①デジタル配信による拡張性 ②韓国内の特別な場所で行ったランウェイ ③100%事前に制作した空前絶後の映像美という3つに圧縮できる。 デジタルメディアは、ファッションショーの権力の象徴とも言えるフロントロウ(Front Row、ランウェイの最前列)をなくし、誰もがランウェイのすぐそばにある最前列に座って楽しめるという大衆的なイベントとしての長所を持つ。 また今回のファッションウィークでは、国立中央博物館と国立現代美術館が初めてランウェイの舞台となったことも大きな注目を集めた。韓国現代美術を代表する巨匠の作品、国宝をはじめとした遺物、そしてパンソリや韓国舞踊などをK-ファッションとともに披露し、韓国の文化を凝縮させたイベントだったと好評を博した。 そのほかにも、マポ(麻浦)所在の文化備蓄基地やハンガン(漢江)一帯を背景に行われたランウェイでは、優れた映像美によってソウルの魅力も共に堪能でき、K-ファッションの国際競争力を高めるだけでなく、ポストコロナ時代の観光活性化にもつながるものと期待している。 「2021F/Wソウルファッションウィーク」のデジタルランウェイ映像は、ソウルファッションウィークホームページ、YouTube(https://youtube.com/channel/UCGJ7KF84FFEvkiFqhYaedXQ)などで視聴できる。 一方「2021秋季ソウルファッションウィーク(2022 S/Sソウルファッションウィーク)」は10月頃開催予定で、その頃の新型コロナウイルス感染症の状況により、オンラインとオフラインのどちらで開催するか決定される予定だ。 「2021春季ソウルファッションウィークランウェイ」の様子 「2021春季ソウルファッションウィークランウェイ」の様子 C-ZANN E CARUSO LIE KWAK HYUNJOO COLLECTION DOUCAN SEOKWOON YOON BIG PARK PARTSPARTS BEYOND CLOSET BMUET(TE) LEYII KIMZISU RINJEON ICE GARDEN MANOD JULYCOLUMN

月間文化カレンダー

5月イベントカレンダー

ソウル市庁について

首都・ソウルの行政業務が行われている
ソウル市庁の組織図・アクセスガイド、
行政の沿革についてご紹介します。

ニュースレター

ギャラリー

マルチメディア