ソウル特別市長就任の挨拶
プクチョン・ハノクマウル(北村韓屋村)に 観光許容時間の導入を推進
[都市広報動画] ソウルを楽しみましょう
Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

ソウル通信

  • 水遊び、露天読書、映画祭まで! ソウルロ7017で残暑を忘れよう!

    水遊び、露天読書、映画祭まで! ソウルロ7017で残暑を忘れよう!

    <夏祭り「ソウルロgo」(8月22日~26日)、水遊び・映画・公演・遊び体験を楽しむ都心のバカンス> ソウル市は、8月22日(水)から26日(日)まで、ソウルロ7017のマンリドン(万里洞)広場にて「2018ソウルロ夏祭り:ソウルロgo」を開催し、猛暑を跳ね返すさまざまなプログラムをお届けする。 プログラムの中でひときわ目を引くのは、子供のための水遊び場だ。近所の住民による大好評および参加を背景に、特別に13日から運営中であり、盛況を博している。(8月13日~26日、15時~20時) 水遊び場は半径1mから2mほどの20個の円形プールで構成されている。水の図書館をテーマに、100冊のウォータープルーフ本と水鉄砲などの水遊び用おもちゃを持って遊べるよう造成した。10歳未満の児童のみ参加可能である。加えて、パラソルとレジャーシート、ビーチチェアとテーブル、子供のための本やボードゲームなどを用意したピクニック休憩所も造成した。 ひとしきり水遊びを楽しんでからは映画鑑賞(涼しい映画祭)、夏の夜の公演、童話の語り聞かせ、遊び体験(DIY体験、ソウルロgo)などの夕方のプログラムを楽しむことができる。 <ソウルロで憩いのひととき / 「屋外図書館」(8月23日~) 「ソウルロブッククラブ2期」(8月30日~) ランチタイムは本を片手に> 本を読みながら実り多いランチタイムを過ごしたいと思う人は、「ソウルロブッククラブ2期」(8月30日~)と「屋外図書館」(8月23日~)に注目してみよう。「ランチタイムに詩への旅に出る」をテーマに、詩集を読んでから朗読・書き写し・手描きイベントを実施する。現在、ソウルロホームページ (http://seoullo7017.seoul.go.kr/)からソウルロブッククラブ2期を募集中である。 「屋外図書館」は8月(足湯本屋)、9月(ファニー、インディーズ本屋)、10月(漫画、トラベラーズ本屋)というテーマでつくられる。著者によるトークショー、文化バスキング、カリグラフィー展示などの特別イベントを進行する予定だ。(8月23日から毎週木曜日午後12時~3時の間にご利用可能) <ソウルロ人形劇場(秋)(9月1日~)、ママやパパと一緒に多彩な人形劇公演を観覧しよう> 多彩かつ上質な人形劇で大好評を得た人形劇場が、秋のプログラムとしてカムバックする。9月1日(土)から11月3日まで毎週土曜日、夕方2回公演(9月/18時、20時、10月/16時、18時)で計10回開催される予定だ。(すべての公演は当日無料、現場参加可能) すべてのプログラムに関して、運営の詳細はソウルロホームページ(http://seoullo7017.seoul.go.kr/)から確認できる。 2018ソウルロ夏祭り「ソウルロgo!」推進計画 ○ 日時/場所:2018年8月22日(水)~26(日)、5日間/ソウルロ・マンリ洞広場※ 水遊び場は8月13日(月)~26(日)、14日間開場

    2018/08/21

  • ソウル市、「マウル医師」が訪問する健康ケアサービスを全国初実施

    ソウル市、「マウル医師」が訪問する健康ケアサービスを全国初実施

    ソウル市は、健康に特に気をつけなければならないハイリスク群の市民のため、保健所に「健康ケアチーム」を構成し、マウル(村)医師など専門人材チームが対象者を訪問して健康管理サービスを提供する「訪問健康ケアサービス」を全国で初めて実施する。10月からソンドン(城東)・ノウォン(蘆原)・ウンピョン(恩平)・クァナク(冠岳)の4区の保健所で運営され、2022年まで25の全自治区にサービスを拡大する計画だ。 「訪問健康ケアサービス」は、保健所(支所)の健康ケアチームが地域内の保健・医療・福祉分野の支援と連携し、対象者の特性に合った包括的な健康ケアサービスを提供して持続的に管理するサービスだ。健康ケアチームは、マウル医師を中心に看護師、薬剤師、臨床栄養士、物理治療士、歯科衛生士、医療社会福祉士、精神専門要員、訪問看護師など各分野の専門人材で構成される。 健康ケアサービスは、対象者の発掘→健康状態の評価、健康管理計画の樹立、ケアサービスの提供→保健医療サービスとの連携→持続的な管理などの4段階で実施される。 アンケート調査、問診・検査、身体測定、栄養状態、うつ病・自殺傾向・認知症危険度、虚弱などの健康状態を包括的に評価し、対象者の特性に合わせた健康管理計画を樹立する。 栄養食品の提供やリハビリテーションなどカスタマイズ型ケアサービスを提供し、特に認知症・うつ病の深層検査および専門家との相談や入院などの治療が必要な場合は、専門センター(認知症・精神疾患)や医療機関と連携する。 高血圧・糖尿病患者の持続治療率と調節率を向上させるため、ソウル市市民健康ポイント参加医院、地域の医療機関、薬局とネットワークを構築し、有機的に協力・コミュニケーションしながら管理していく予定だ。 ソウル市は、上質な健康ケアサービスを提供するため、大韓老人病学会・大韓糖尿病学会と協力して、保健所で勤務している医師を対象に高齢者の健康概論など4つの課程の専門力量強化教育を実施し、評価ツールとマニュアルを開発・補完している。

    2018/08/20

もっと +

情報コミュニケーションプラザ
follow us on twitter
韓国語無料講座
Arrow
Arrow
Slider
dasan call icon

お問い合わせ: (02)120 + 93
お問い合わせ時間:月~金(平日) 09:00~18:00

  • facebook
  • flicker