メインコンテンツに移動
T T

ソウル通信

ソウルへ旅立つ6日間の世界グルメ旅行…「ソウルグルメ週間」開催

文化/観光ニュース

ソウルへ旅立つ6日間の世界グルメ旅行…「ソウルグルメ週間」開催

ソウル市とソウル観光財団は、韓国内外の潜在観光客に、ソウルならでは多様かつ特別なグルメ文化を紹介するため、「ソウルグルメ週間(Taste of Seoul)」を10月29日(金)から11月3日(水)までの6日間において実施する。 「ソウルへ旅立つ6日間の世界グルメ旅行」をテーマに開かれる今回の「ソウルグルメ週間」は、音楽・映画・観光など多様な分野とコレボレーションしたプログラムを通じて、新型コロナの影響により疲弊した市民に、多彩かつ珍しいグルメ文化を紹介する。 2021年の「ソウルグルメ週間」には、ソウルのレストラン&バー100選を紹介し、一緒に楽しむ「ソウルレストランウィーク(WEEK)」と、音楽・観光・映画など様々な方法でグルメ文化を経験する「ソウルグルメ旅行ウィーク(WEEK)」が展開される。新型コロナの感染状況を考慮して、すべてのイベントは非対面または小規模な対面イベントを並行しながら実施される。現場での参加は、ワクチン接種完了者を中心に防疫規則を遵守して行われる予定だ。 『ソウルレストランウィーク』は、グルメ専門家おすすめの「ソウルのレストラン&バー100選」を発掘して、これをグルメガイドとして制作し、優秀なソウルのグルメを紹介・共有する。100選に選ばれたレストラン&バーを訪問してレビューを残すと、景品を獲得できる市民参加型イベントも用意されている。 2020年につづき2度目の発刊となる「ソウルレストラン&バーグルメガイド」には、分野別のグルメキュレーターが選んだ韓国料理、洋食、アジアン、グリルダイニング、プラントベース、バー&パブ、デザート&カフェ分野を代表するグルメが掲載されている。韓国語/英語の2か国語で制作されたグルメガイドは、海外の韓国文化院や韓国内の主なホテルなどに配布されており、ホームページ(tasteofseoul.visitseoul.net)でも見ることができる。 『ソウルグルメ旅行ウィーク』では、音楽、映画、観光などの多様な分野と「グルメ」のファンタスティックなコラボレーションを直接体験してみることができる。①ソウルグルメ旅行ライブ、②ソウルグローカルフードマーケットwithマルシェ、③ソウルバストラン、④ソウルリシャス・シネ(Cine)の味、⑤チョングァン(正寛)僧侶と一緒に楽しむライブクッキングクラスなど、興味深いプログラムが多彩に催される。
ソウル市、ウィズコロナ時代の観光市場における先発効果を目指す「2021ソウル国際トラベルマート」

文化/観光ニュース

ソウル市、ウィズコロナ時代の観光市場における先発効果を目指す「2021ソウル国際トラベルマート」

ソウル市とソウル観光財団は、新型コロナウイルスにより委縮してしまっている韓国・海外の観光業界ネットワークを建て直し、ウィズコロナ時代の観光市場における先行者となれるよう、「ソウル国際トラベルマート(SITM)」を10月26日(火)~11月5日(金)の9日間にわたって開催する。 ソウル国際トラベルマートは、2015年より始まり、今年2021年で7年目を迎えるトラベルマートの代表的存在である。ソウル市が、毎年100以上にのぼる海外バイヤーを招聘し、独力では海外における販路開拓・販路拡大をすることが困難な韓国の中小観光企業と連携の場を設けることで、海外販路の開拓を支援している。 特に2021年には、ソウル観光の未来をリードするニューノーマル時代の観光トレンドとして少しずつ注目を集めているビューティ、医療、ウェルネスなどの産業における競争力を積極的にアピールすべく、「ソウル医療観光国際トラベルマート(SITMMT)」とまとめて1つのイベントとして開催する。観光・MICE分野に加え、医療観光・ウェルネス企業や観光スタートアップなど参加対象企業を拡大することで、韓国・海外への観光業界のPRとビジネスチャンスをより幅広く提供する。 旅行会社、ホテル、航空会社など韓国・海外の企業と、約40か国に及ぶ海外バイヤーとの間における1:1オンラインミーティングにより、海外販路開拓をはじめ、業界を股にかけた連携を全般的に支援する。新型コロナのため苦境にある韓国内の観光業界の意見聴取もなされる予定だ。 ソウル観光説明会を開催して、最新のソウルの観光コンテンツを紹介し、また韓国・海外から医療・ウェルネス観光の専門家が参加するショーファレンスを開催することで、ソウルの医療観光における競争力を強化するための戦略も模索する。人気のビューティークリエイター「イサベ(Risabae)」によるメイクショー、BLACKPINKのMVの衣装によって世界中の韓流ファンに韓服を広く知らせたデザイナー「キム・ダンハ」による韓服ファッションショーもぜひ見逃せないところである。 メインプログラムであるオンライン1:1ビジネス相談会は、27日(水)~11月5日(金)にわたり、「バーチャルソウル」にて24時間常時運営される。開幕式をはじめ、それ以外のプログラムはすべて、26日(火)にセビッ島でオフライン開催される。 一方、2020年には新型コロナの影響により「ソウル国際トラベルマート」及び「ソウル医療観光国際トラベルマート」の両方とも全面的にオンラインで開催したにもかかわらず、合計3,301件のバイヤー-セラー間ビジネスミーティングが実現している。参加者満足度調査においても、海外バイヤー87.4%、韓国内セラー81%が満足したことが明らかになっており、新型コロナという状況の中でもオンライン開催を行うことで、ビジネスネットワーキングの場を設けたことに対し、業界からは肯定的な評価を集めたという実績がある。   写真 1 ▲ 2021ソウル国際トラベルマート及びソウル医療観光国際トラベルマートのポスター(横長) 写真 2 ▲ 2021ソウル国際トラベルマート及びソウル医療観光国際トラベルマートのポスター(縦長)
ソウル市、国際的な協力・連帯形成のため「2021気候変動対応世界都市市長フォーラム」

環境/エネルギーニュース

ソウル市、国際的な協力・連帯形成のため「2021気候変動対応世界都市市長フォーラム」

新型コロナ以降にも収まることのない気候危機に積極的に対応し、持続可能な発展をしていくにあたって都市の役割が強調される中、ソウル市は、世界の各都市と気候危機に積極的に対応するための実践的な努力について共有する場を設ける。 ソウル市は、低炭素発展を通じた気候変動対応について国際的な協力をリードすべく、10月26日~27日の2日間にわたりオンラインにて気候変動対応のための世界都市市長フォーラムを開催する。トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)に設けられたビデオ会議スタジオを通じて、ソウル市のYouTubeでライブ配信される今回のイベントは、リアルタイムチャンネルによる同時通訳が提供されるため、興味のある市民は誰でも視聴が可能である。ソウル市公式YouTube「ライブソウル」を検索すると視聴できる。 今回のフォーラムには、世界中の都市にカーボンニュートラル(炭素中立)への移行及び低炭素発展の活性化を促すべく、気候変動対応行動をリードする計14か国からの15都市が参加して、各都市の温室ガス減少の優秀事例を共有する。このほかにもイクレイ(ICLEI)、グローバル機構エネルギー市長協約(GCoM)など持続可能な発展及び都市の気候変動対応行動を強化するための国際協議体と、緑の気候基金(GCF)、欧州投資銀行(EIB)など気候金融機関など約10ほどの韓国・海外の機関が共に参加し、都市による気候変化対応への努力を効果的に支援する方法に対して意見交換を行う。 2016年の初開催以降、今年2021年で第4回目を迎える「2021気候変動対応世界都市市長フォーラム」は、「カーボンニュートラルを通じた気候危機の克服」をテーマに2日間にわたって開催され、初日である26日には開会及び総会が行われる予定だ。 プログラムの詳細及び講演者の情報については、気候変動対応世界都市市長フォーラムのホームページ(smfcc.kr)から確認できる。

ギャラリー

マルチメディア