市長動静

A A
  • 2012年朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の新年のごあいさつ

    SMG 1387
  •  ‘市民が頼れる丘になります。’
             愛するソウル市民の皆様。
             2012年、壬辰年を迎えました。
            
            空に舞い上がる黒い竜の気を受け、
            市民の皆様が健康で、願い事が
             叶う一年になりますようお祈り申し上げます。
            
            叶う一年になりますようお祈り申し上げます。
            昨年、韓国社会は非常に辛い一年を過ごしました。
            まるで開発時代が再到来したかのように、
             成長だけを追う独眼政策の下、
             世の中は勝者中心に回り、社会の二極化が深まり、
            
             しかし、その中でも
             歴史の歯車は回っていました。
            勝勝者中心の世の中は、もうやめにしましょう!
             勝者中心の世の中は、もうやめにしましょう!
             そんな世の中は、結局全員を敗者にしてしまうだけです。
             これからは皆が力を合わせて、共に生きていく世の中を作りましょう!
             これが、補欠選挙で現れた市民の熱望であり、
             とうとうたる時代の精神です。
             そして、私に与えられた使命でもあります。
             就任してから2ヶ月後に迎える新年です。
            
             2ヶ月・・・。
             ソウル市という巨大な船の航路を、時代精神に合わせて
             是正するには、とても足りない時間です。
             10年近く、展示型の航海図に頼って
             航海していた船なので、なおさらです。
            
             しかし、市民の皆様のご苦労と市議会の協力により、
             いまや航路を変更するための準備は終えたと考えています。
            
             まず、環境にやさしい無償給食を遮っていた暗礁を取り除き、
             市立大学の半額授業料で教育改革の流れを開きました。
             市長室をオープンにし。
             現場に出て市民とのコミュニケーションの場を広げました。
            
             2012年の予算を全面的に見直し、
             展示型の事業、土建事業を除いて
             福祉と安全の予算を増やしました。
            
             ソウル市の組織も福祉、安全、雇用を中心に改編されました。
             大規模な人事を断行し、ソウル市と区庁に
             新たな気を注入しました。
             破局状態にあった他の歯車、
             議会との関係も正常化しました。
            
             市民の皆様。
             これらの準備をもとに、
             新年は「市民を中心とするソウル市政」、
             「共に作り、共に享受するソウル」を
             本格的に開いていく初年となるでしょう。
            
             政治・経済的な現実と複数の指標を見ると、
             新年の市民と市庁の暮らし向きは、
             まだ難しいだろうとの見方です。
             庶民の暮らしがよくなる景気回復の兆しが見えず、えず、
             社会の二極化に伴う葛藤と亀裂も
             簡単には消えないでしょう。
            
             生活の難しさは皆の問題ですが、
             特に社会的弱者により重くのしかかるものです。
            
             「デザインソウル」の華麗なのぼりの下には、
             多くの痛みの現場が隠されています。
             その一部を、私はクリスマス前に無泊2日のツアーで
             この目に焼き付けました。
            
             そこには、母親と一緒にモーテルの部屋で生活しながら
             学校に通う子どもたちがいました。
             野宿の危機、その崖に追い込まれて
             一坪にもならない考試院(受験用の寮)で生活する市民もいました。
             考試院というこの不安な住居で暮らす市民が、
             ソウルに約60万人もいます。
            
             老体に鞭打ってちり紙を拾い、
             日々を生きるおばあさんもおられました。
             このおばあさんはこの寒い冬、
             孫と一緒に電気カーペット1枚に頼って暮らしています。
            
             その上、ニュータウンの再開発が進むと、
            
             その小さな部屋すら消えてしまいます。
             その小さな部屋すら消えてしまいます。
            部屋だけではありません。おばあさんが病気の時は代わりにちり紙と空き缶を拾い、部屋
             の前に牛乳1本でも置いていくライフラインが、
             そんな近所の人までもが消えてしまうでしょう。
            
             いったいそのおばあさんは、どこに行けばいいのでしょうか?
             モーテルの子供たちは、どこで希望を見つけることができるでしょうか?
             いったい誰のためのニュータウン開発なのでしょうか?
            
             尊敬する市民の皆様、
            
             政府があり、市庁があるのは、
             小さいながらも大切な彼らの生活を心配して保護し、
             手助けするためです。
            
             しかし、韓国政府と市庁は成長に目がくらみ、
             それとも、「デザイン」と「ルネサンス」と「開発」に惑わされて、
             普通の人々の生活、日常生活の大切さを忘れてしまいました。
            
             そんな中で、ソウルはこれらの小さいながらも大切な生活を追い払う
             都市となりつつありました。
             私は、このような都市がとても不安です。
             不安は広がります。
             ソウルは、限界階層を痛めつけるだけでなく、
             中産層までも動揺させました。
            
             痛みを知り、それが不安なら、是正するように行動しなければなりません。
             希望を見つけなければなりません。いいえ、作り上げなければなりません。
             それが、同じソウルの空の下で生きている
             我々全員がすべき事であり、
             政府とソウル市がすべき事なのです。
            
             しかし、政府とソウル市が
             虚像に惑わされ、よそ見をしているすきに、
             苦しむ彼らを守ったのは市民でした。
            
             80歳を超えた老体に鞭打ち、一日も欠かさず
             困っている人にお弁当を配達するおばあさん。
            
             家族の大黒柱でありながら、
             町のあちこちにいるより困っている人たちを見守り、
             小さな助けの手を差し伸べる「分かち合い班長」
            
             学校の休みで給食が食べられない子供たちに
             食事を準備してくれる近所の食堂の社長。
            
             彼らこそが​​、官庁がよそ見をしている時
             ソウルとソウル市民を守った真の英雄たちでした。
             私は、その中に真の希望の灯火を見ました。
             ここに「人が中心となるソウル市政」、
             「共に作り、共に享受するソウル」の姿を発見しました。
            
             「人が中心となるソウル市政」では、
             市民は客ではなく、市庁は企業ではありません。
            
             市民は、広報マーケティングの対象ではありません。主権者です。
             導かれ、教えを受け、制御される恩恵授与の対象ではなく
             福祉を享受する権利を持つ、市政の主体です。
            
             ソウル市政が追求すべきことは、
             効率、創意、デザイン、ルネサンスではありません。
             これらは、目的ではなく手段です。
             市政が本当に追求すべきことは、
             市民それぞれの幸福と平和です。
             育ち盛りの子供、学生、保育の問題で大変なお母さん、
             仕事を探す若者、老後が心配なお年寄り・・・、
             全員の人生を守ることに、市政の存在理由があります。
            
             一言でいうと、人間中心のソウル市政は、
             疲れ果てた市民の憩いの場、頼れる丘であるべきです。
            
             そして、このような憩いの場は、市庁だけではなく
             市民と共に作り上げるべきです。
             そうすることで、共に享受できるのです。
            
             2012年、我々はこのような人間中心のソウル市政を作る
             航海を始めるつもりです。
            
             共に作る市政には、
             もちろん利害関係の食い違いや葛藤も起こるはずです。
            
             晴れると傘売りが泣き、雨が降ると陶器売りが泣きます。
             公共の場での喫煙問題、
             市庁前のスケート場造成などの問題でも
             利害関係がぶつかり、葛藤が生まれます。
            
             葛藤を調整し、予防して緩和することこそ、
             市政がすべきことです。
             過去には、目の前の効果のために、葛藤の量産が明らかな
             ニュータウン、再開発事業を乱発しました。
            
             我々は、そんなことを繰り返すことはありません。
             しかし、乱麻のようにからまった再開発、ニュータウン関連の葛藤を
             解決するという問題が残っています。
             非常に難しいことですが、
             共に悩み、相談して解決策を見つけるつもりです。
            
             まもなく、市政3ヶ年計画を発表する機会があるので、
             今日この場では、2012年に着手する
             いくつかの重点課題について言及することで、
             市政計画の話としたいと思います。
            
             2012年、市政の重要な目標は、
            人と福祉中心の新たな市政を推進することです。
            
             このため、市民誰もが享受できる権利として、
             福祉ベースラインを市民と共に作っていきます。
             貧困の死角地帯の生計支援を強化する一方、
             公共賃貸住宅8万戸を供給し、市民の住居に対する心配を軽減し、
             公共保育のインフラを拡大し、育児の負担を軽減するようお手伝いします。
            
             また、大学生の学資負担を軽減するなど、
             教育費負担のない教育環境づくりを目指し、
             社会的企業の未来の成長動力を確保し、若者からお年寄りまで
             持続可能な仕事づくりに尽力していきます。
             共に、家計​​の負債に苦しむ各家庭の
             力になれる実質的な方案を模索していきます。
            
             災​​害から安全なソウルづくりを目指し、
             何よりも子供や高齢者など社会的弱者を中心に
             安全サービスを拡大し、
             分散式雨水管理システムを構築して、
             災​​難を事前に予防することに力点をおきます。
            
             また、社会的考慮のない開発で消えていく
             コミュニティーの価値を回復するために、
             ソウル市の村コミュニティー支援センターを設置して
             様々な支援プログラムを導入し、
             村コミュニティーを育成するようにします。
             尊敬する市民の皆様、
            
             今年は、総選挙と大統領選挙という
             2つの大きな政治日程があります。
             社会的亀裂が深まりうる状況です。
             しかし、動揺することなくソウル市政を守っていきます。
            
             中央政府とも、支援することは積極的に支援し、
             支援を受けることは、積極的に受けるようにしていきます。
             新たに構成される国会とも、緊密に協力していきます。
             真の地方分権の時代にふさわしい法律的な改善も
             切実だからです。
            
             全国がひとつの経済圏として組み合わさった今、
             ソウルは島ではなく、ソウルだけの発展もありえません。
             首都圏の広域的協力関係を強化していき、
             地方との均衡発展の問題についても
             賢明に解決していきます。
            
             閉塞した南北関係、予測できない北朝鮮情勢も、
             ソウルの均衡発展はもちろん、
             市民の生活に直結した問題です。
            
             もちろん、地方自治体のレベルを超える問題ですが、
             小さなことにも緊張を緩和し、
             平和への足しになる事なら
             ソウル市レベルで試してみようと思います。
            そのような点において、京平戦(京平サッカートーナメント)交流と
            ソウル市交響楽団の平壌 公演を韓国統一部と北朝鮮当局に提案する次第です。
            
             尊敬する市民の皆様、そして市公務員の皆様、
            
             ソウル市を市民がくつろげる丘にすることは、
             決して簡単なことではありません。
             あまりにも長い間、ソウル市政の中心には
             人の観点が抜けていました。
             航路の変更には、多くの困難があるでしょう。
            
             しかし、私はこの事から
             ただの一瞬たりとも後退しません。
             そのつもりもなく、その方法もありません。
             このことは、時代精神に従うことであり、
             歴史の歯車が向かっている道だからです。
            
             市民の皆様、
            
             先日、皆様は長い間苦楽を共にしてきた
             有能な仲間たちと別れる痛みを経験しました。
             私も心が痛みました。
            
             しかし、そのような犠牲があったからこそ、
             新しく構成されたソウル市の組織に
             新しい風と活力が躍動できると信じています。
            
             皆様は、私の人生で出会った最高の仲間であり、
             市庁を再誕生させる歴史的な課題を共にする同志です。
             私は、市民の皆様を信じています。
            
             愛する市民の皆様。
            
             厳しい環境の中でも、疲れ果てる日常の中でも、
             それぞれ大切な人生を自分なりに見事に生き抜いてこられた
             すべての方々に、深い尊敬の念を捧げます。
            
             皆様こそがソウル市政の主人であり、存在理由です。
             皆様が大変で疲れた時、頼れる憩いの場として
             ソウル市が生まれ変われるよう、
             よろしくご指導ください。
            
             皆様の参加があってこそ、市民中心のソウル市政、
             共に作り、共に享受するソウル市ができあがるのです。
            
             市民の皆様、
            
             2012年の黒辰年を迎え、
             幸せがいっぱいでありますようお祈りします。
             私朴元淳は、このために最後の汗一滴も
             惜しまないことを皆様にお約束します。