ソウル市総合ニュース

A A
  • 遊覧船に乗って「冬の渡り鳥の旅」に出かけよう

    SMG 1118
  •      ソウル市は、漢江の自然と生態を観察し、餌やり体験ができる「冬の渡り鳥遊覧船」を、2月25日まで1日2回(午後1時、3時)運航する。

        「冬の渡り鳥遊覧船」は、栗島(パムソム)を経由して城山大橋、盤浦大橋を過ぎ汝矣島(ヨイド)を回航する。このコースでは、渡り鳥だけでなく栗島、仙遊島(ソニュド)、ノドゥル島の3つの島を見ることもできる。

         「渡り鳥遊覧船」は1日2回(午後1時、3時)運航し、「汝矣島~栗島~城山大橋~盤浦大橋」を経由する運航コースだ。 (90分)

         現場では冬の渡り鳥餌やりプログラムが行われ、子供だけでなく大人にも役立つ生態体験の機会が得られる。(10人以上予約が可能 )

         「渡り鳥遊覧船」は、大人16,000ウォン、小人8,000ウォン(3歳以上~小学生以下)で利用でき、30人以上の団体は10%割引が受けられる。

        遊覧船関連の詳細については、(株)C&漢江ランド(☎3271-6900)、またはホームページ(www.hcruise.co.kr)まで。