交通ニュース

A A
  • 西部幹線地下道路 2020年完成予定

    SMG 863
  • 서부간선도로

    ソウル市は、西部幹線道路のソンサン(城山)大橋南端からクムチョン(衿川)ICまでの総延長10.33キロを並列トンネルでつなぐ「西部幹線地下道路」の建設に年内に着工します。

    西部幹線地下道路は、最大深度約80メートルの大深度・長距離の並列トンネル(総延長10.33キロ)、往復4車線の小型車専用道路です。非常口が5カ所、空気浄化施設が2カ所、地下営業所が1カ所、それぞれ設置されます。2020年末までの完成を目指しています。

    「西部幹線地下道路」が完成すれば、従来の西部幹線道路は自動車専用道路から一般道路となり、周辺地域へのアクセスが改善されるとともに、‘道路ダイエット’によって生じた敷地の複合的活用により、ソウル市西南地域の経済活性化と住民の生活環境改善に大きく貢献する見通しです。西部幹線道路の道路幅を現在の20~30メートルから5メートル以上縮小して15メートルにし、人と環境にやさしい空間、人と自然と文化が息づく空間を形成する計画です。

    通勤時間帯に従来の西部幹線道路を利用した場合、ソンサン(城山)大橋南端からクムチョン(衿川)ICまで30分以上かかりますが、西部幹線地下道路を利用すれば約20分短縮できるとソウル市は見込んでいます(設計速度時速80キロ)。

    パク・ウォンスン(朴元淳)市長は、「西部幹線地下道路が完成すれば、製造業中心の産業団地として国の経済復興の中心拠点としての役割を果たしてきたソウル市西南地域に均衡発展がもたらされるのではと期待している。自動車専用道路である西部幹線道路を地下道路にするとともに、地上に人と環境にやさしい空間を造ることで、住民の皆さんの生活環境がよりよくなるよう全力で取り組んでいきたい」と述べています。