プレスリリース

A A
  • 涼しい秋に皆で出かける 6コースに拡大した「ソウル駅ウォーキングツアー」

    SMG 455
  • - 8月24(水)から1回2時間、毎週6つのコースでソウル駅一帯を歩くツアー開催
    - 知られざる数々のエピソードを聞きながらソウルの色んな姿を楽しめるきっかけに
    - 外国人コース、子ども・家族コースなど、コース増設
    - 公共サービス予約(yeyak.seoul.go.kr)で申込、参加無料(小学生以上参加可能)


     

    □ 連日の猛暑も立秋を過ぎ23日の処暑になると和らぐという。外国人コースと子ども・家族コースを追加し、計6コースに拡大された「ソウル駅ウォーキングツアー」に家族や近隣住民と一緒に参加してはいかがだろう。
    ○ 「ソウル駅ウォーキングツアー」は、参加者が一緒にソウル駅一帯を歩きながら、周辺の建物や地域の歴史、文化、そしてソウルにまつわる話を聞く散策プログラムだ。

    □ 6つのウォーキングツアーは場所とテーマ別に分かれている。
    ○ 外国人を対象にソウルの主要観光地をめぐる「外国人観光コース」(毎週火曜日、午前10時~午後12時)
    - ソウル駅を出発し、南大門教会堂とスクエアガーデンを通り、ソウル城郭と白凡広場に上り、崇礼門と南大門市場に下りてくる、外国人観光客を対象としたウォーキングコース。
    - ソウルの代表的な観光地を一緒に歩き回りながら、様々なストーリや歴史について英語で解説する。

    ○ 古めかしく趣のある近代建築物との出会い「中林・忠正コース」(毎週水上日、午前10時~午後12時)
    - 中林・忠正コースは、ソウルで近代化が進んだ時代に建てられた西洋風の建物や古い建築物を見ながら歴史の話が聞けるコース。
    - ソウル駅から中林市場、薬峴聖堂を回り、聖ヨセフアパート、カボチャ村を通り、イ・ミョンレ膏薬房、忠正閣、忠正アパートを見た後、宣教教育院で解散する。
    - 西小門を見渡せる薬峴という丘の上に建てられた韓国初の西洋式教会堂「薬峴聖堂」や、1900年頃アメリカ人のマクラーレンが韓国で建てた住宅でイタリアンレストランが入店している「忠正閣」など、歳月を重ねなお一層の趣を感じさせる場所が数多く点在する。

    ○ 古都ならではの驚きのエピソードが詰まった「靑坡・孔徳コース」(毎週金曜日、午前10時~午後12時)
    - 靑坡・孔徳コースは、割と知られていないソウル駅の西側地域にまつわる秘話が聞けるコース。
    - ソウル駅から西部駅を過ぎ、国立劇団、蟻スーパーを見た後、敵産家屋と万里市場を通り、培文高校、蓮華峰、丸星村、ソンウ理容店、孝昌公園につながる行程。
    - 昔、国軍機務司令部輸送隊の敷地として使われていた、学校のような赤い外観が印象的な「国立劇団」、100年以上の老舗として地元で親しまれている「蟻スーパー」、創業90年の歴史を持ちドラマの撮影地を彷彿させる「ソンウ理容店」など、ユニークで興味をそそられるエピソードが盛りだくさんのコースである。

    ○ 歴史上の偉人の生活や痕跡が垣間見える「子ども・家族コース」(毎週土曜日、午前10時~午後12時)
    - 子ども・家族コースは、子どもとその家族を対象に歴史上の人物とゆかりのある場所を分かりやすく説明するコース。
    - ソウル駅を出発し、ソウル駅広場(姜宇奎義士)を通り、南大門教会堂(アレン宣教師)、ソウル城郭(朝鮮を建国した李成桂)に上り、白凡広場(金九先生)を経て、安重根義士記念館(安重根義士)の内部を観覧する。
    - 特に、片手に手りゅう弾を持ち、悲壮感漂う顔でソウル広場に佇んでいる姜宇奎義士の銅像は見る者の心を打つ。 (当時65歳の高齢で朝鮮総督の斎藤実に爆弾を投げた義士)

    ○ ソウル駅の西側にある靑坡・万里・中林洞を回る「ソウル駅西部コース」(毎週土曜日、午後4時~午後6時)
    - ソウル駅西部コースは、ソウル駅から国立劇団、蟻スーパーを通り、万里峙路を歩き、孫基禎体育公園(内部観覧)と薬峴聖堂まで歩くコース。
    - ソウル駅の西側地域の歴史や文化を体験できる充実したプログラム。

    ○ ソウル駅の東側にある蓬莱・会賢・東子洞をめぐる「ソウル駅東部コース」(毎週土曜日、午後7時~午後9時)
    - ソウル駅からセブランスビルを通り過ぎ、南大門公会堂、スクエアガーデン、ソウル城郭を経て、白凡広場を歩いた後、安重根義士記念館を観覧し、崇礼門に着くコース。

    □ 様々なコースの中でも特に人気のある「ソンウ理容店」は、1927年から現在まで同じ場所でなんと3代にわたり継がれてきた店で、その建物は築200年以上歴史を誇る。ソンウ理容店の3代目のイ・ナミョルさんはウォーキングツアーで訪れる市民に嫌な顔ひとつせず、「これこそ長く理容店を切り盛りしてきた私のやるべき仕事」とし、参加者の質問に快く答え世間話もする。

    □ ソウル市そのものは都会だが、比較的開発が立ち遅れていたソウル駅一帯を再発見するきっかけを作るために、ソウル市は市民が無料で参加できる「ソウル駅ウォーキングツアー」プログラムを今年6月から実施してきた。これまで20回以上実施され、およそ300人が参加している。

    □ ウォーキングツアーは約2時間で、街歩きが可能な小学生以上の人なら誰でも参加できる。事前に準備する物は特にないが、ツアー中に飲む水や帽子、歩きやすい靴などがあるといいだろう。

    □ 参加の申込はソウル市の「公共サービス予約(http://yeyak.seoul.go.kr)」でできる。参加費は無料。団体の申込や問い合わせはユン・インジュ代表(anyoungseoul@gmail.com)まで。平日の団体申込は、希望の時間帯に合わせて調整することも可能。

    □ ソウル市プルン(緑)都市局のチェ・クァンビン局長は「ソウルの中心のソウル駅周辺を地域住民や家族が時間を作って一緒に歩くことで、忙しい日常生活の中で新たな活力を得られるはず」とし、「多くの市民の関心や参加を促したい」と話した。

    添付1.ソウル駅ウォーキングツアー概要
    添付2.運営コースの紹介
    添付3.現場写真

    [添付1]ソウル駅ウォーキングツアー概要

    1. 募集対象:小学生以上のソウル市民

    2. 運営コースおよび日程
    ○ 実施日程:週6回(8月24日~10月)
    ○ 参加人数:各コース1回あたり約20人

    コース名 日時 コースの内容
    1 外国人コース 毎週火
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨南大門教会堂⇨スクエアガーデン⇨ソウル城郭⇨白凡広場⇨崇礼門⇨南大門市場
    2 中林忠正コース 毎週水
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨中林市場⇨薬峴聖堂⇨聖ヨセフアパート⇨カボチャ村⇨イ・ミョンレ膏薬房⇨忠正閣⇨忠正アパート⇨宣教教育院
    3 青坡孔徳コース 毎週金
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨西部駅⇨国立劇団⇨蟻スーパー⇨敵産家屋⇨万里市場⇨培文高校⇨蓮華峰⇨丸星村⇨ソンウ理容店⇨孝昌公園
    4 子ども家族コース 毎週土
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨ソウル駅広場⇨南大門教会堂⇨ソウル城郭⇨白凡広場⇨安重根義士記念館(内部観覧含む)
    5 ソウル駅西部コース 毎週土
    16:00~18:00
    ソウル駅⇨国立劇団⇨蟻スーパー⇨万里峙路⇨孫基禎体育公園(内部観覧含む)⇨薬峴聖堂
    6 ソウル駅東部コース 毎週土
    19:00~21:00
    ソウル駅⇨セブランスビル⇨南大門教会堂⇨スクエアガーデン⇨ソウル城郭⇨白凡広場⇨安重根義士記念館⇨崇礼門
     

    3. 申込:ソウル市公共サービス予約(http://yeyak.seoul.go.kr/)

    4. 参加費:無料

    5. 問い合わせ:アンニョンソウル(anyoungseoulgmail.com)/ユン・インジュ010-9445-1026

    [添付2]運営コースの紹介

    コース名 日時 コースの内容
    1 外国人コース 毎週火
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨南大門教会堂⇨スクエアガーデン⇨ソウル城郭⇨白凡広場⇨崇礼門⇨南大門市場
    2 中林忠正コース 毎週水
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨中林市場⇨薬峴聖堂⇨聖ヨセフアパート⇨カボチャ村⇨イ・ミョンレ膏薬房⇨忠正閣⇨忠正アパート⇨宣教教育院
    3 青坡孔徳コース 毎週金
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨西部駅⇨国立劇団⇨蟻スーパー⇨敵産家屋⇨万里市場⇨培文高校⇨蓮華峰⇨丸星村⇨ソンウ理容店⇨孝昌公園
    4 子ども家族コース 毎週土
    10:00~12:00
    ソウル駅⇨ソウル駅広場⇨南大門教会堂⇨ソウル城郭⇨白凡広場⇨安重根義士記念館(内部観覧含む)
    5 ソウル駅西部コース 毎週土
    16:00~18:00
    ソウル駅⇨国立劇団⇨蟻スーパー⇨万里峙路⇨孫基禎体育公園(内部観覧含む)⇨薬峴聖堂
    6 ソウル駅東部コース 毎週土
    19:00~21:00
    ソウル駅⇨セブランスビル⇨南大門教会堂⇨スクエアガーデン⇨ソウル城郭⇨白凡広場⇨安重根義士記念館⇨崇礼門
     

    [添付3]現場写真