市長動静

A A
  • 朴元淳市長 中国四川省団体観光客13人を市長室に案内

    SMG 1440
  • 2014年の一年間に韓国を訪れた中国人観光客は610万人。前年比41%増という高い増加率を受け、ソウル市は中国人観光客向けのイベントを企画しました。

    その主人公は中国四川省の団体観光客13人で、ソウル市庁とソウル市長室を見学しました。

    今回の招待イベントは、昨年11月に四川省成都市で開かれたソウル観光説明会で、パク・ウォンスン(朴元淳)市長が旅行会社代表の青年と「貴社の2015年最初の団体観光客をソウル市長室に案内する」と約束したことを受けて推進されました。

    四川省団体観光客のソウル市庁舎訪問のスケジュールは、大きく2つに分けられます。まず、「ソウル市庁舎トントンツアー」に参加して新庁舎、市民聴、ソウル図書館を見学しました。そして、パク市長と一緒に市長室の隅々を見学した後、市長とソウル観光について語り合いました。

    パク市長は、「中国は、ソウルを訪れる外国人観光客の中で最も高い割合を占め、観光市場における中核になった。今回の四川省団体観光客の市長室招待を機に、中国人観光客の方々にソウル市についてもっと親しみを感じ、良い印象をを持ってもらいたい」と述べています。