希望日記

A A
  • 大韓民国臨時政府樹立96周年です
    [朴元淳の希望日記611]

    SMG 601
  • 新たな一週間の始まりはいかがでしたか。
    退勤後のスケジュールを考えていらっしゃる方も
    夜勤でイライラしていらっしゃる方も
    降水確率が高いので傘をお忘れな<…
    傘もそうですが、ぜひ下記の情報もお忘れな<。

    今日は、96年前に韓国独立のために意気投合した殉国烈士らが中国上海に「大韓民国臨時政府」を樹立した日です。

    「我が大韓民国は、3.1独立運動で樹立した大韓民国臨時政府の伝統を受け継ぐ」と、憲法前文に明示されています。彼らの貴い犠牲と献身により、大韓民国は独立し、政府が樹立しました。

    昨年11月に中国を訪問した際、最初の日程として中国在住の独立有功者の子孫の方々を招いて懇談会を開き、上海臨時政府庁舎を訪問して芳名録に「歴史を忘れた民族には未来はありません」と記載したことを昨日のことのように覚えています。

    大韓民国臨時政府初代主席を務めた「ペッポム(白凡)」キム・グ(金九)先生のお言葉が、現代を生きる私たちに強く問いかけているようです。とても恥ずかしい気持ちになります。

    「私は臨時政府の門番になりたいです。私は朝鮮独立を心から願っています。そのためならどんなことでもするつもりです」

    「他国を侵略するために夜通し働く倭寇*の姿を見ながら、自分はあのように夜通し働いたことがあるのか自問し、恥ずかしさに涙があふれました」

    http://search.naver.com/search.naver?where=nexearch&sm=tab_jum&ie=utf8&query=%EB%8C%80%ED%95%9C%EB%AF%BC%EA%B5%AD%EC%9E%84%EC%8B%9C%EC%A0%95%EB%B6%80%EC%88%98%EB%A6%BD%EA%B8%B0%EB%85%90%EC%9D%BC

    #ソウル市 #大韓民国臨時政府 #朴元淳 #国家 #ペッポム(白凡)キム・グ(金九) #門番