希望日記

A A
  •  ソウル市民の皆さん、今までご不便をおかけしました。
    [朴元淳の希望日記169]

    SMG 801
  •  

        ソウル市民の皆さん、今までご不便をおかけしました。
    何のことかと言うと、市内の高速道路事情についてです。市内の主要な高速道路を利用する時に、連結ランプや出入口がなくて遠回りを強いられたり、常に渋滞が生じたりしていたためご不便をおかけしたことと思います。

        そこでこのたび、以下に挙げるような場所に連結ランプを新設することにしました。
    新設予定なのは、内部循環路-貞陵(チョンヌン)ギル、北部幹線道路-花郎路(ファランロ)、川辺北路-漢南大橋(ハンナムデギョ)北端IC、川辺北路-聖水大橋(ソンスデギョ)北端IC、オリンピック大路-東湖大橋(トンホデギョ)南端、オリンピック大橋-南端ICなどです。

        まず、国民大学前の貞陵ギルから聖水(ソンス)方向へ向かう内部循環道路に進入する進入ランプを建設します。次に、渋滞が生じやすい区間である花郎台(ファランデ)十字路の周辺にも出入口ランプを建設します。これは退渓院(テゲウォン)地域など、京畿道北東部の大規模宅地開発に伴う北部幹線道路の交通需要の増加に備えるためでもあります。順次工事に取り掛かり、2016年までには完成させる計画です。

        私が市長に就任してからというもの、SOCやインフラ工事をしないという批判の声がありました。しかし、実際は違います。去年は5,000億ウォン以上、今年は新たに1,000億ウォン以上をインフラ整備に使っています。このように少しずつではありますが、市民の不便を解消するための努力をしています。

        西部幹線道路や済物浦(チェムルポ)トンネルなどの地下化、その地上部分の公園造成など、より環境に優しく、持続可能なところに投資しています。市民の安全を守るために欠かせない、山崩れの予防や水害防止には借しまず投資しています。市民の安全が最も重要だと考えるからです。
    このようにソウル市のインフラ整備と安全都市構築を着実に進めています。
    市民の皆さん、ご理解ください。