経済ニュース

A A
  • 手帳型「外国人労働者労働権利書」

    SMG 821
  • 「社長は労働契約書を作成してくれず、手当てもくれず、時間外労働を強制します」「給料を半分しかくれず、残りは帰国するときにまとめてくれると言うのですが、信じられません」「仕事中にケガをしたのですが、労働災害補償を受けられますか」「会社でセクハラを受けました。どうすれば良いですか」

    賃金不払いや不当解雇、職場内でのセクハラなど、不当な待遇を受けることもある外国人労働者に、守られてしかるべき権利について知らせ、適切な解決方法を提示する案内書が発刊されました。

    <英語、フィリピン語、ベトナム語など5カ国語で制作・発刊された労働権利手帳を無料で配布>

    ソウル市は、外国人労働者には労働関連の制度と権利を、事業主には遵守すべき労働関係法令を知らせる「外国人労働者労働権利手帳」を発刊、無料で配布します。韓国語、英語、中国語、フィリピン語、ベトナム語の5カ国語で制作されました。

    今回発刊された「外国人労働者労働権利手帳」は、携帯に便利で必要な時にすぐ取り出せる手帳型で、外国人労働者が職場に就いてから辞めるまで知っておくべき様々な労働関係法令や標準労働条件などが漫画やQ&A形式でわかりやすく説明されています。

    <労働契約や賃金、労働災害、寮生活など11分野で構成、体系的に整理>

    内容は、①労働契約書の作成 ②労働時間及び休日・休暇 ③賃金 ④退職金 ⑤賃金不払い ⑥解雇 ⑦労働災害 ⑧女性労働者の保護 ⑨セクハラ ⑩社員寮 ⑪外国人労働者関連保険の11の分野で構成され、韓国人よりも相対的に労働環境が劣悪な外国人労働者に必要な情報が体系的に整理されています。

    他にも、外国人労働者にも適用される韓国の労働関係法令に関する内容で、△なぜ労働契約書を作成しなければならないのか △賃金不払いと不当解雇があった場合はどうすべきか △職場内でセクハラやパワハラを受けたり、労働災害が発生したりした場合はどう対応すべきかなど、すべての労働者が受けてしかるべき権利について説明されています。

    付録には雇用許可制に関する内容と外国人労働者支援機関の主要機能と連絡先が収録されています。また、賃金計算書の様式も添付されており、自分の労働時間を記入し、支給されるべき賃金を自ら計算することもできます。

    外国人労働者労働権利書に関してよくわからないことがあったり、実際に労働権利侵害を受けたりした外国人労働者は、ソウル・グローバルセンターか外国人労働者センターで相談を受けることができます。

    ∗「外国人労働者労働権利手帳」を見る : http://english.seoul.go.kr/category/get-to-know-us/seoul-views/library/brochure/

    <ソウル市の外国人労働者関連機関のリスト>

    ∗ ソウル・グローバルセンター
    No センター名 ホームページ
    1 ソウル http://global.seoul.go.kr/
    2 西南地区 http://www.seoulmc.kr/

    ∗ 首爾市外籍勞工中心

    No センター名 ホームページ
    1 城東 http://www.smwc.or.kr/
    2 城北 http://www.ewolgok.or.kr/
    3 江東 http://www.gdwow.or.kr/
    4 衿川 http://www.gmwc.or.kr/
    5 恩平 http://www.emwc.or.kr/
    6 陽川 http://www.shinmok.or.kr/business/menu7.html