ソウル市総合ニュース

A A
  • 世界の都市の市長団がデザイン都市ソウルに集まる

    SMG 2654
  •     23日、世界の主なデザイン都市の市長団と代表団が参加する「WDC世界デザイン都市サミット」がソウルで初めて開かれた。

        「都市はデザインとともに跳躍できる:21世紀の都市の競争力、デザイン」をテーマに開かれた「WDC世界デザイン都市サミット」は、「世界デザイン首都ソウル2010」の主な公式イベントとして行われる大規模な国際会議で、デザインを通じて都市の発展を成し遂げた都市、またはデザインを未来発展構想に位置づけている都市のトリノ、ヘルシンキ、北京など、世界の主要都市の市長団15人や代表団など17カ国31都市から計131人が会議に参加するためソウルを訪れた。

        主な参加都市は2008年の世界デザイン首都の開催都市だったイタリアのトリノ、次の世界デザイン首都に選ばれたフィンランドのヘルシンキ、2012年世界デザイン首都を選定する過程でヘルシンキと最後まで競合したオランダのアイントホーフェン、そしてユネスコによって「世界創造都市」に認定された6都市のうちのモントリオール、ブエノスアイレス、深圳、名古屋、神戸の5都市などだ。特に、アジアからは2014年世界デザイン首都を目指している北京をはじめ、深圳、香港、広州、延吉、広東省、杭州など中国の8都市が参加し、都市デザインに対する関心の高さを示した。

        ソウル・グランド・ハイアット・ホテルで開かれた今回のサミットでは、世界の主要デザイン都市の市長団と代表団が出席する中、デザインによって発展を遂げた都市の成功事例の発表やデザインと都市発展について掘り下げた討論が行われた。

        初日の会議は、ヨーロッパの著名な未来学者マティアス・ホルクス氏による「デザイン、そして未来」というテーマの基調演説で始まった。そして午前と午後に開かれた総会では、今年の世界デザイン首都であるソウル市をはじめ、2008年世界デザイン首都だったイタリアのトリノ、そして2012年世界デザイン首都に選ばれたフィンランドのヘルシンキの市長が「世界デザイン首都のビジョン」というテーマでデザインによる都市発展について議論し、アイントホーフェンや北京など5都市の市長が「市民に配慮したデザイン都市」をテーマに各都市の事例を発表した。総会の後には「デザインと都市発展」、「デザイン産業の育成」、「デザインと暮らしの質」をそれぞれテーマにした3つのセッションが開かれた。

        24日の午前には参加都市の市長団と代表団がすべて出席する「市長ラウンドテーブル」が開かれ、世界デザイン都市サミットでの成果をまとめ、デザインによる都市発展の方向を示す「ソウル・デザイン都市宣言」が採択された。

        続いて世界デザイン首都ソウル市とトリノ市、ヘルシンキ市の市長、基調演説者のマティアス・ホルクス氏、そしてロンドン芸術大学の学長クリス・ウェインライト氏による共同記者会見が開かれ、午後には会議の出席者が東大門(トンデムン)歴史文化公園や光化門(クァンファムン)広場など、ソウルの主なデザインの現場を見学するデザイン・ソウル・ツアーが行われた。

        「2010年世界デザイン首都」であるソウル市は、今回の「WDC世界デザイン都市サミット」をきっかけに、世界デザイン中心都市としてのソウルを世界にアピールするとともに、2010年の一年間、多彩なデザイン・イベントや展示会を通してデザイン都市としてのブランドを高めて行く計画だ。

    ソウル・デザイン都市宣言文