市長動静

A A
  • ソウル駅高架-ソウル駅近隣の「統合再生」で地域経済復活

    SMG 1302
  • ソウル市は、45年間市民と共に歩んできて老朽し、寿命を迎えたソウル駅高架の総長938メートルを「車道」から「歩道」へと再生し、ソウル駅広場と北部駅周辺等に通じる17個の歩道をつくります。

    < 歴史的価値と未来の価値を考慮し、再生によって新しい機会を創出 >

    ソウル駅高架は、2006年の精密安全診断の安全性評価でD級と判定された施設で、産業化時代の遺産としての歴史的価値、統一後にユーラシア鉄道の出発点であり終着点となる未来の価値を踏まえて、全面撤去ではなく休憩・散歩のできる空間として再生し、新たな機会を創出します。

    再生計画の主な構想は、ソウル駅高架と、1日39万人と75のバス路線が交差するソウルの関門であり国際的関門であるソウル駅を中心に、開発が遅れた西部駅周辺と4大門の内側にある都心を連携し、調和させることです。

    こうした統合再生の青写真に基づいて、孤立状態のソウル駅を市民が散歩し、集まり、行き来することで流動人口が周辺地域に自然と広がる「コミュニケーションの架け橋」として復活させ、断絶していた東西の地域・通行・文化を連結して統合することで、衰退した地域経済を活性化させる新たなモデルを提示する計画です。

    特に17個の歩道が新設されることで、外国人観光客に人気のある明洞(ミョンドン)、南山(ナムサン)等とソウル駅周辺が歴史・文化・ショッピングでつながる新たな徒歩観光時代が訪れると期待され、市はソウル駅一帯を今後明洞と共に必ず立ち寄りたいソウルの名所として整備する予定です。

    「ソウル駅7017プロジェクト」発表

    ソウル市は「ソウル駅7017プロジェクト」を1月29日に発表し、これを基盤として具体化するための国際デザインコンペティションを1月29日から4月24日まで実施します。「7017」には、①1970年に建設されて2017年に生まれ変わる歴史的な高架、②1970年の車道から17個の歩道へと再生、③1970年につくられた高さ17メートルの高架という意味が込められています。

    「ソウル駅7017プロジェクト」は大きく分けて、▲ソウル駅高架の再生による歩行環境の画期的な改善▲南大門(ナムデムン)市場の活性化と都市再生の促進▲コミュニケーション・交通・安全面における問題点の補完と解決、の三つを内容としています。

    ソウル市は、都市再生本部を設置し、過去の全面撤去ではなく「ソウル型の都市再生」という新たな都市開発パラダイムを具体化しつつあり、ソウル駅高架をソウル駅一帯が再生する触媒となる都市再生事業のリーディングモデルとする目標を掲げています。

    パク・ウォンスンソウル市長は、「ソウル駅高架は、都市の歴史、市民の人生と共に歩んできた重要な基盤施設であり、建設で破壊する過去の方式ではなく、都市再生の方式を通じて市民の暮らしに役立つ新たな価値を創出したい」とし、「ソウル駅高架再生プロジェクトがソウルの開発パラダイムを転換する象徴的なケースとなるように、市民と共に先導的に推進していく」と述べました。

    • 市民専門家からの意見聴取
    • ソウル駅高架の再生の方向性を提示