ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウル歴史博物館「ソウル・デザイン資産展」

    SMG 2723
  •   ソウルの600年のデザインの歴史と先端IT技術が創り出した3次元体験展示展

      ソウルのデザインのアイデンティティと優秀さを広く知らせ、韓国のデザインに対するプライドを高めるきっかけとなる「ソウル・デザイン資産展」が、今月8日から3月7日までソウル歴史博物館で開かれる。ソウルの代表的な51のデザイン資産を披露するこの展示は、2010年世界デザイン首都ソウルの年を迎えて開かれるもので、ソウルの600年のデザインの歴史とルーツ、そしてデザインの未来を一カ所で体験することができる。

      ソウルのデザインのルーツと歴史、優秀さを世界に知らせる契機

      今回の展示は、各デザイン資産を特徴別に展示した5つのゾーンとプロローグ・エピローグ空間で構成され、各展示空間は、観客が直接見て、触って、体験することができるようになっている。

      楽しみながら学習できるエデュテインメント展示

      今回の展示は、造形物中心の従来の展示方式から抜け出し、IT技術をはじめとする最先端展示手法を駆使し、ソウルのデザイン資産の過去・現在・未来の価値をより生々しく体験できるように構成されている。

      一方、世界デザイン首都ソウルの年である2010年、ソウルでは「WDC世界デザイン都市サミット(2.23~2.24)」、「子どもデザイン創造力キャンプ(5月)」、「ソウル・デザイン・ハンマダン(9.27~10.7、蚕室(チャムシル)総合運動場)」など多彩なイベントが年中開催される。

      ソウル・デザイン資産展

    • 展示期間 : 2010年1月8日(金)~3月7日(日)、59日間
      ※火曜日~金曜日 : 10:00~21:00、土曜日・日曜日 : 10:00~19:00、月曜日 : 休館
    • 場 所 : ソウル歴史博物館1階企画状況室
    • お問い合わせ : 120タサン・コールセンター

    展示の構成
    区分 展示室名 主な演出手法および展示資産
    プロローグ ヘチ
    : こんにちは、ソウル
    • 主な演出手法 : 映像投射イメージ変換
    • 展示資産 : ヘチ
    Zone1 デザイン資産
    : ソウルの調和
    • 主な演出手法 : 体験型インターラクション・メディアアートおよび実物展示
    • 展示資産 : 訓民正音(フンミンジョンウム)、正祖大王園幸班次図(チョンジョデワンウォンヘンバンチャド)、ポジャギ(風呂敷)、メドゥプ(飾り結び)、社稷壇(サジクダン)、宗廟祭礼(チョンミョジェレ)
    Zone2 暮らしのイメージ
    : ソウルの暮らし
    • 主な演出手法 : デジタル屏風、メディア・オブジェ展示
    • 展示資産 : 官服、闊衣(ファルオッ)、漢陽(ハンヤン)民話、宮中料理、北村韓屋村(ハンオクマウル)など
    Zone3 空間の変化
    : ソウル性
    • 主な演出手法 : 観客体験型3Dパノラマ、イメージ変換映像
    • 展示資産 : 独立門(トンリプムン)、漢陽(ハンヤン)珍景、南大門(ナムデムン)、 弘大(ホンデ)の街、南山(ナムサン)Nタワー、興仁之門(フンインジムン)
    Zone4 未来のための資産
    : ソウルの遺産
    • 主な演出手法 : 3Dホログラム、230度パノラマ映像
    • 展示資産 : 景福宮(キョンボクグン)、慶熙宮(キョンヒグン)、徳寿宮(トクスグン)、昌慶宮(チャンギョングン)、後苑(フウォン)、ソウル城郭、仁寺洞(インサドン)、明洞(ミョンドン)、梨泰院(イテウォン)、大学路(テハクロ)、守門将交代式、国立中央博物館、平和の門とオリンピック公園、興仁之門(フンインジムン)、タプコル公園、南山(ナムサン)狼煙台、イチョウ、ソウル駅舎、漢江(ハンガン)、仙遊島(ソンユド)公園など
    Zone5 WDC2010
    : デザイン・ソウル
    • ソウル・デザイン資産展関連行事および2010世界デザイン首都-ソウル広報館
    エピローグ 漢江と空 :
    ソウルの人とソウルの人々
    • 主な演出手法 : 仮想空間体験、展示場の床を600年の歴史を持つ「ソウル・デザイン資産」が流れていく仮想の道の上映など

    ソウル・デザイン資産51選
    伝統建築 景福宮(キョンボクグン)、昌徳宮(チャンドクグン)、徳寿宮(トクスグン)、慶熙宮(キョンヒグン)、後苑(フウォン)、ソウル城郭、崇礼門(スンレムン)、興仁之門(フンインジムン)、北村(プクチョン)韓屋村(ハンオクマウル)
    近現代建築 漢江(ハンガン)、清渓川(チョンゲチョン)、仙遊島(ソンユド)公園、独立門(トンリプムン)、タプコル公園、ソウル駅舎、明洞(ミョンドン)聖堂、88ソウル・オリンピック・メインスタジアム、2002ソウル・ワールドカップ競技場、平和の門とオリンピック公園、ワールドカップ公園
    光化門(クァンファムン)と広場、仁寺洞(インサドン)、明洞(ミョンドン)、梨泰院(イテウォン)、大学路(テハクロ)、弘大(ホンデ)前
    工芸・衣装 漢陽(ハンヤン)木家具、官服と胸背(ヒュンベ)、宮中闊衣(ファルオッ)、宮中メドップ(飾り結び)、宮中料理、宮褓(クンボ-宮中の風呂敷)と民褓(ミンボ-平民の風呂敷)
    視覚・グラフィック 首善全図(スソンジョンド)、東闕図(トングォルド)、正祖大王園幸班次図(チョンジョデワンウォンヘンバンチャド)、謙斉(キョムジェ)の漢陽(ハンヤン)珍景、漢陽(ハンヤン)民話、訓民正音(フンミンジョンウム)
    ソウルのアイコン・シンボル Nソウルタワー、ヘチ、松、イチョウ、虎
    コンテンツ 宗廟祭礼(チョンミョジェレ)、社稷壇(サジクダン)、芸術の殿堂、国立中央博物館、守門将交代式、ソウル説話、普信閣(ポシンガク)、南山(ナムサン)狼煙台