教育/女性/児童ニュース

A A
  • オリニ・テゴンウォン、「2016動物学習プログラム」実施

    SMG 795
  • 학습프로그램

    ソウル施設公団(理事長オ・ソンギュ、 www.sisul.or.kr)は22日、オリニ・テゴンウォンで冬休み動物学習プログラム「海洋哺乳動物の神秘の物語」「猿の大探検」を実施すると発表しました。

    2016年1月4日~23日の3週間(日曜日を除く)にわたりオリニ・テゴンウォン内の熱帯動物館で行われる1日学習プログラムで、小学生であれば誰でも参加できるます。

    「海洋哺乳動物の神秘の物語」は、オットセイやアザラシ、アシカといった海洋哺乳動物を自分の目で観察しながら学べるプログラムで、子どもたちの興味と想像力を掻き立てます。オリニ・テゴンウォンの飼育士が担当します。

    「猿の大探検」は、申年の2016年に猿の特徴を知り、猿とふれあおうというプログラムです。猿について探求したり、自分で作った餌を猿に与えたりすることができます。

    これらの動物学習プログラムに参加すれば、修了証と記念品がもらえます。参加費は両プログラムそれぞれ1人1万ウォン。参加申し込みは、12月23日午前10時からオリニ・テゴンウォンのホームページ (www.sisul.or.kr→ オリニ・テゴンウォン)で先着順に受け付けます。

    ソウル施設公団のオ・ソンギュ理事長は、「2015年の一年にわたり、オリニ・テゴンウォンはハングル・タヨバスやリトル・プリンスのオブジェ設置、キッズ・オートパークの再オープンなど、子どものための様々な試みを行ってきた。ソウル施設公団は、今後も市民に差別化された公共サービスを提供すべく全力を尽くしていく」と話しています。

     

    プログラムのご案内 -海洋哺乳動物の神秘の物語-

    時間 学習内容 会場
    10:30-10:40 □ 学習内容及びプログラムの紹介 ‐ 授業参観の確認及び日程案内
    10:40-11:50
    【海洋動物を探求する】

    □ 動物たちはなぜ海へ?
    □ オリニ・テゴンウォンにいる海洋哺乳類は?
    □ 動物たちの餌は?
    【絶滅しつつある海洋動物】

    □ 絶滅の危機にある動物たち
    □ 動物保護を願う私たちの思い
    【海洋哺乳類に出会う】

    □ 海に生息する動物を観察しよう
    - 南米のオットセイとゴマフアザラシ
    海洋動物館
    11:50-12:00
    【修了証授与式】

    □ 学習修了証及び記念品授与
    海の動物館

    ※ 事情により内容及び時間が変更になることがあります。

    -猿の大探検-

    時間 学習内容 会場
    14:00-14:10 □ 学習内容及びプログラムの紹介 ‐ 授業参観の確認及び日程案内
    【楽しい猿の世界】

    □ いろいろな猿たち
    □ 猿の生涯
    □ なぜ韓国には野生の猿がいない?
    □ 猿の意思伝達方法
    【体験コーナー】

    □ 猿の餌づくり
    □ 猿に餌を与える
    15:30-15:30
    【修了証授与式】

    □ 学習修了及び記念品授与

    ※事情により内容及び時間が変更になることがあります。