メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

交通ニュース

  • ソウル大公園、障害者・妊婦など交通弱者のための動物園電気循環バスを運行

  • ソウル市総合ニュース SMG 592
    • 9月1日から乳幼児・高齢者などを対象に30分間隔で1日16回、無料運行
    • バスにはリフト設置、動物園を象徴する外観で便利さと楽しさを提供
    • 「弱者との同行」の一環、交通弱者の動物園観覧の利便性向上が期待される
    ソウル大公園が、9月1日から、障害者や妊婦などの交通弱者を対象に、動物園電気循環バスの運行を開始する。ソウル大公園の動物園は、移動距離が長く傾斜路があるため歩行が不便だったが、循環バスの運行開始によって、交通弱者がより便利に動物園・植物園を観覧できるようになることが期待される。

    利用対象は、障害者、妊婦、乳幼児やその同伴保護者、体が不自由な高齢者などが乗車できる。バスには車いす搭乗のためのリフトが設置されており、バスの外装は動物園を象徴するデザインでラッピングされ、乗車の利便性とともに、視覚的にも楽しみながら利用できることが期待される。

    動物園の電気循環バスは、毎日午前10時から午後5時30分まで30分間隔で、1日16回運行される。希望する動物舎で降りて観覧した後、次のバスに乗って別の動物舎へ移動できる。バスには、韓国語と英語で停留所の音声案内が提供される。

    ソウル大公園ホームページ:grandpark.seoul.go.kr

    <ソウル大公園の動物園電気循環バス> 写真

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に