メインコンテンツに移動
T T

今月のフォト

  • DDP

  • 今月のフォト SMG 2446

    ソウル市チュン(中)区の展示場でありショッピングモールでもあるトンデムン(東大門)デザインプラザ、略称「DDP」。この建物を設計したのは、なんと異国の建築家だそうです。その異国の建築家とは、女性にして初めてプリツカー賞を受賞したイギリスの建築家ザハ・ハディッド氏。もっと驚くことは、このトンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)が、世界最大の3次元非定型建築物だということです。

    トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)は、ショッピングモールを兼ねた展示場です。建物は大きく分けて「アートホール」、「博物館」、「デザインラボ」、「オウリム・スクウェア」、「トンデムン(東大門)歴史文化公園」の5つのエリアに分かれています。そのうち「トンデムン(東大門)歴史文化公園」には、トンデムン(東大門)運動場時代の遺物が展示されています。

    このように独特なトンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)は、周辺の巨大な商圏とよく調和しており、トンデムン(東大門)を象徴する新ランドマークとして市民の憩いの場となっています。もちろん建物のデザインが世界的にも有名なので、建物の写真を撮りに来る人もたくさんいます。

    世界的なデザインを誇るトンデムン(東大門)デザインプラザ、DDP。その写真を見ながら、独特かつ幻想的な姿をご堪能ください!

    *住所:ソウル市チュン(中)区ウルチロ281