メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

プレスリリース

  • DDP、 東大門(トンデムン)ファッション市場へのライブコマース導入をリード… 地域が助け合うデザインに本腰を入れる

  • プレスリリース SMG 399
    • 「Online東大門ファッションフェア(11月27日〜29日)を通じて、東大門ブランドを対象とする支援事業を展開
    • 「See Now, Feel Now, Buy Now, Wear Now」を実現するオンラインファッションマーケットフェスティバル
    • ネイバーショッピングと、3日間のライブコマースと3か月間のeコマースを運営
    • DDPと東大門ファッションが助け合うイベントで、持続的な未来の方向性を提示

    ソウルデザイン財団(代表取締役 チェ・キョンラン)が、東大門ブランドの特徴と長所を生かしたオンライン・ライブコマース・ファッションフェスティバル「Online東大門ファッションフェア(www.dotff.co.kr)」を開催する。 本イベントは、ポストコロナ時代における東大門デザインプラザ (以下DDP)とともに東大門ファッション商圏の活性化に貢献するという趣旨で企画された。東大門ファッション商圏のスピードと革新という長所を基に「See Now, Feel Now, Buy Now, Wear Now」を実現する。 東大門の象徴で、ファッションと文化のブランドとして定着した「DDP」を始めとしてデジタル空間で展開される「Online東大門ファッションフェア」は、ネイバーショッピングと一緒に行われるライブコマース・ブランド別のファッションフィルム・参加型イベントなどのファッションコンテンツを通じて消費者の関心を高め、参加ブランド30社の収益創出を実現する。 「Online東大門ファッションフェア」に参加する企業には、オンラインコマース向けの商品企画とコマースコンサルティング運営を通じてブランド別の特性を反映した広報向けのファッションフィルム及びルックブックの制作を支援する。他にも、ネイバーショッピングの生配信によるライブコマースと10社以上の主要eコマースの出店・販売ができるように支援する。イベントが終了した後も、主要eコマースの企画展が開始される予定だ。この企画展を通じて、参加ブランドがオンラインビジネスに転換できるように助力する。 「Online東大門ファッションフェア」事業は、「ソウルデザイン財団『東大門ファッション商圏の活性化に向けた方案の研究(イ・ジョンミン、キム・スンヒョン、キム・ヒョンミン研究員、2020.04.10)』」を基に、東大門ブランドのオンライン・オフラインマーケテイングの支援策を設けるために企画された。 こうした先行研究を基に、財団は優秀なデザインを有する東大門ブランドがD2Cビジネスに転換できる契機を作り、合わせてドメスティックブランドのオンライン・オフライン消費者の接点を拡大させデジタル基盤のファッション転換期において新たな道標を提示する役割を果たしたいと考えている。 ソウルデザイン財団のチェ・キョンラン代表取締役は、「Online東大門ファッションフェアを機に、DDPと東大門ファッションが助け合い、財団は持続可能な未来の在り方を提示できる有意味な支援を続ける計画だ。東大門商圏の活性化に向け、DDP暮らしの場にある「D-森」のインターフェースを活用して、惜しまないコマーシャル支援と周辺の商圏をつなぐ役割を担いたい」と述べた。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に