メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

福祉/健康/安全ニュース

  • 24時間頼もしいケア…ソウル市発達障害者緊急ケアセンター開所

  • ソウル市総合ニュース SMG 442
    • 発達障害者緊急ケアセンター19日開所…満6歳~65歳対象、24時間運営
    • 保護者の入院、慶弔時、身体的・心理的疲労困憊などの緊急事態発生時に利用可能
    • 日常生活、社会参加、食事支援、ナイトケア、相談・情報などのサービスを提供
    • 1回につき7日まで、年間最大30日まで利用可能…家族の暮らしの質(QOL)向上が期待される
    ソウル市は、「ソウル市発達障害者緊急ケアセンター」が19日に開所したと発表した。

    「ソウル市発達障害者緊急ケアセンター」は、保護者が入院したり、慶弔時または身体的・心理的疲労困憊などの緊急事態が発生した場合に、発達障害者を一時的に預かってケアする場所だ。

    施設に滞在している間、日常生活サポート(洗面、入浴など)、社会活動参加(趣味生活、散歩など)、健康・食事サポート、ナイトケアなどのサービスを受けられる。

    保護者は、ケアサービスを利用する7日前までにソウル市発達障害者支援センターに事前予約をすることができるほか、予期せぬ事態が発生した場合には当日申請も可能だ。利用に関する問い合わせは、ソウル市発達障害者支援センター(02-2135-3635)、またはソウル市発達障害者緊急ケアセンター(070-4896-4311)で受け付けている。

    ソウル市発達障害者緊急ケアセンター内部

    2人部屋 車いす障害者ルーム

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に