メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

環境/エネルギーニュース

  • ソウル市、浄水センターから給水管まで改善し、安心して飲めるアリスを供給

  • ソウル市総合ニュース SMG 769

    • 浄水施設~上水道管~屋内給水管を含む水道水供給設備の改善に5千億を投入
    • 浄水センターの本格的な整備を進め、年内62㎞、2040年までに上水道管計3千㎞を交換

    ソウル市は、市民に世界最高品質の水道水を供給するため、老朽化した浄水センターの本格的な整備に乗り出し、年内には上水道管62.5kmを交換し、2040年までに計3,074kmを整備すると明らかにした。

    今年から浄水施設と上水道管、老朽住宅内の給水管までを含む水道水の生産・供給設備を改善していくことで、水道水の品質を世界的なレベルに引き上げ、安心して飲める水道水を供給するということだ。このため、ソウル市は巨額の投資を行う計画だが、浄水センターの本格的な整備はもちろん、上水道管の交換・洗浄、老朽化した給水管に対する総合支援という3つの分野に計5,553億ウォンが投じられる。

    一方、「アリス」の水質検査項目と検査地点も増やしていく。水質検査項目は、昨年より2項目増やした「352項目」を検査し、これまで527カ所あったリアルタイム水質観測所も552カ所に増やす。これによって市民は、アリス本部のホームページ(https://arisu.seoul.go.kr/(韓国語))を通じて、自分の住んでいる町のアリスの水質を20分単位で確認できるようになる。

    世界保健機関(WHO)は、水質検査において166項目を検査することを推奨しているが、アリスは、これより2倍以上多い項目、法定の「飲み水の水質基準」より約6倍多い項目を検査している。

    現在、ソウル市内に住む人なら誰でも申請できる無料水質検査サービスである「アリス品質確認制」が実施されているが、当市は、2026年までに100万カ所での水質検査を実施する計画だ。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に