メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

環境/エネルギーニュース

  • ソウル市、「第5次PM2.5低減季節管理制」実施…4大分野・16のPM2.5(微小粒子状物質)低減対策

  • ソウル市総合ニュース SMG 1,116

    • 2023年12月から2024年3月まで、ソウル全域で5等級車の運行を制限…過料は1日当り10万ウォン
    • 超微小粒子状物質は125トン、窒素酸化物は2,180トンの低減を目指す…既存対策の改善・輸送部門の強化

    2023年12月から2024年3月にかけて、PM2.5(微小粒子状物質)の低減のため、ソウル全域で排出ガス5等級車の全面的な運行制限が再開される。

    ソウル市は、PM2.5高濃度現象に対応すべく、「第5次PM2.5季節管理制」を12月1日(金)から実施すると明かした。

    *2019年12月に導入された「PM2.5季節管理制」は、PM2.5高濃度現象が頻繁に起きる12月から翌年2020年3月までの4か月間、PM2.5の発生頻度や濃度を減らすための対策だ。

    PM2.5季節管理制の導入による5等級車の取締り時間は、土・日曜日や祝日を除いた平日午前6時~午後9時だ。全国の5等級車のうち、低公害措置を施していない車が摘発された場合、1日当り10万ウォンの過料が課される。/p>

    • 運行制限時間:土・日曜日および祝日を除いた平日、06~21時
    • 運行制限対象:全国の5等級車のうち、低公害措置を施していない車
    • 運行制限対象外:「微小粒子状物質法」に定める緊急自動車、身体障害者用の車
      + ばい煙低減装置(DPF)の設置が困難な車のうち、基礎生活受給者、次上位階層(生活保護受給者の次の低所得者層)および小規模事業者が所有する車など

    2023年の季節管理制では、超微小粒子状物質は125トン、窒素酸化物は2,180トン低減するなど前年よりさらに強化された低減目標を定め、既存事業の改善・整備に取り組む。本対策には、ソウルにおけるPM2.5の発生源を輸送(自動車)、暖房(燃料の原料)、事業所の3つに大きく分け、各部門における排出量を減らすためのコア事業が含まれており、▴乗用車2部制などに参加する施設(企業)に対する交通誘発負担金の免除、▴気候同行カードのテスト運営などの新規事業も含まれている。

    市は、これまで季節管理制の実施を通して、空気質の改善において優れた成果を上げてきた。第4次季節管理制を実施(2022年12月~2023年3月)した結果、実施前と比べて超微小粒子状物質の濃度が26%改善(35 → 26㎍/㎥)されたことが分かった。超微小粒子状物質の濃度が「良好」だった日数(15㎍/㎥以下)は23日増加しており、「悪い」だった日数(35㎍/㎥超)は15日減少した。また、運行制限の実施により摘発された5等級車の数は、3次季節管理制期間と比べて59%も減少(228 → 94台/日)している。

    ソウル市「PM2.5季節管理制」4大分野・16の対策

    ソウル市「PM2.5季節管理制」4大分野・16の対策
    区分 事業名 備考
    輸送
    (7)
    5等級車の運行制限  
    5等級車の駐車料金割増  
    車の運行による排出ガスの取締り  
    民間車両検査所の点検  
    乗用車マイレージの特典ポイントを提供 改善
    交通誘発負担金制度を活用した低減 新規
    気候同行カードのテスト運営 新規
    暖房
    (3)
    家庭用エコボイラーの普及  
    エコマイレージの特典ポイント提供  
    大型建物における暖房の適正温度の管理  
    事業所
    (3)
    大気汚染物質を排出する事業所の管理  
    工事現場などで飛散するホコリの集中管理 改善
    生活(営農)廃棄物の違法焼却の防止  
    露出
    低減
    (3)
    主要幹線道路および一般道路の掃除の強化 改善
    大衆利用施設における室内空気室の特別点検 改善
    PM2.5集中管理区域の管理  

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に