メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

国際交流ニュース

  • ソウル図書館、国際図書館連盟(IFLA)よりエコ図書館賞を受賞

  • ソウル市総合ニュース SMG 303
    • 世界150か国、約1,500の図書館協会が加入している図書館部門最高の権威を誇る国際機関が授賞
    • 「本読むソウル広場」を含めたさまざまな部門におけるソウル図書館の「エコ政策」の試みが高く評価される
    ソウル図書館は、国際図書館連盟(IFLA)が主管して世界図書館情報会議(WLIC)が授賞する「優れたグリーンライブラリー」(Green Library Award 2023)分野で、大韓民国で初めて授賞の栄光に輝いた。

    ソウル図書館は、「持続可能な発展のためのソウル図書館のエコプロジェクト」(Eco Project in Seoul Metropolitan Library for SDGs)という名称のプロジェクトを提出して、カナダとイタリアにつづき3位を受賞した。

    ソウル図書館が大きく注目された活動は、世界初の公共野外図書館を設置して、市民に自然にやさしい空間と読書活動を提供した「本読むソウル広場」だ。

    その他にも、市民と地域社会の「環境意識改善」のため、ソウル図書館が繰り広げたさまざまなキャンペーンとプロジェクトが高く評価された。

    代表的なキャンペーンは、ソウル図書館が2023年初めて実施した、「図書館はクールだ : 電源をオフにして図書館へ!(Off & Go Library)」キャンペーンだ。猛暑期や極寒期の図書館来館を奨励して、自宅の冷暖房費用を節約し、炭素排出量を削減するためのキャンペーンだ。

    その他にも、図書館の外壁に使用された横断幕を再利用して、図書館貸出用レンタルバッグを作る事例、「ゼロウェイストソウル」を基調にして、使い捨て用品の利用制限とゴミの分別排出に励んだ事例などが注目された。

    世界図書館情報会議(WLIC)授賞写真

    The library is HOT and COOL - Off & Library Lower heating bills, Lower carbon footprint!

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に