メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

市長演説

  • オ・セフン(呉世勲)市長、世界都市初の「メタバースソウル」へ市民を招待

  • 市長演説 SMG 947

    ソウル市は、都市としては世界で初めて公共メタバースプラットフォーム「メタバースソウル」を構築し、その第1段階のサービスとして経済・教育・税務・行政など各分野における行政サービスの構築に成功しており、16日(月)13:00からメタバースソウルサービスを本格的に開始すると発表した。

    メタバースソウルは、最近私たちの社会に現れた大きな変化と言える非対面の日常化、情報通信の発展、デジタル時代の主流化に合わせて計画された新発想な行政サービスである。世界都市として初めて公共領域における「メタバースソウル基本計画」を樹立しており、導入(2022年)-拡張(2023~2024年)-定着(2025~2026年)の3段階にわたって全市政分野の行政サービスを具現化していくと述べた。

    2022年初旬、本格的にメタバースソウル第1段階を構築し、メタバースプラットフォームと5つの分野(経済、教育、税務、行政、コミュニケ―ション)の行政サービス構築を完了している。

    メタバースソウルアプリは、Google Play ストアやApple App Storeで「メタバースソウル」と検索するとインストールできる。

    ソウル市は、世界においてスマートシティをリードする都市を目指して「自由・同行・連結」をメタバースソウルのコアバリューとして掲げ、これを実現するため「クリエイティブ・コミュニケーション空間」、「差別なき超現実世界」、「現実融合空間」を具現化して、さまざまな公共サービスを用意した。

    1つ目、「自由」のコアバリューは、クリエイティブに表現して自由な意見交換を可能にするコミュニティ空間を意味する。本読むソウル広場、季節別ミニゲーム、市民参加型公募展、メタバース市長室がこれにあたり、年中無休かつ時間の制約を受けることなく新しいコミュニティ空間に参加することができる。

    本読むソウル広場では、自由に広場を散歩しながら、ソウル市が発刊した電子ブックの閲覧、ソウル図書館外壁の広報動画を通じて、ソウル市のさまざまな政策情報を得られる。

    また、ソウル広場では春-桜の花びら掴み、夏-プールでのボール遊び、秋-トンボ捕り、冬-願い事書きなどの季節ごとのミニゲームも楽しめる。

    市民参加型公募展に関心のある市民は、公開中のオーサリングツール[コミュニティウェブページ(https://metaverseseoul.kr)からダウンロード]を利用して独創的な作品を作ることができ、選定された優秀作品は、公募展の仮想空間に展示されることもある。

    メタバース市長室は、実際の空間を実写をベースにして再現された市長室だ。誰でも自由にオ・セフン(呉世勲)市長と挨拶を交わすことができ、意見提案箱(サンサンデロソウルと連携)を通じて市政に対する意見を登録すると回答をもらうことができる。

    その他にも、メタバースソウルのすべての空間をワールドマップによってひと目で把握して素早く移動でき、新しい行政サービスを便利に経験してみることができる。

    2つ目、「同行」のコアバリューは、誰もがアバターを利用して身体、年齢、条件などによって差別されることなく交流することのできる世界である。「差別なき超現実空間」には、フィンテックラボ、企業支援センター、ソウル10大観光名所体験などがある。アバターになった参加者は、現実世界での身体、年齢、条件に関係なく交流することができるほか、仮想と現実のつながりによって付加価値を創出する機会を手にすることもできる。

    「フィンテックラボ」はフィンテック(Fintech)企業の広報と交流のための空間で、広報ブースにアクセスすると入居企業82社の広報資料を閲覧でき、企業の代表にコンタクトしてビジネスに必要な交流をすることもできる。外国人と交流する機会があったら、外国人とスムーズにコミュニケーションを取れるよう、翻訳サービスを活用するとよいだろう。

    「企業支援センター」では、困難を抱えた企業が現場を訪問せずに経営、創業、法律、人事など分野別の専門委員との非対面相談を受けられるチャット、電話・ビデオ会議を行うことができ、資料共有機能も利用できる。(運営時間:平日 9:00-18:00)

    市民の観光スポット人気度を調査して選定された「ソウル10大観光スポット」もある。時と場所にとらわれず、行きたいソウルのスポットをいつでも経験できる。市民に人気のソウル10大観光スポットは、チョンワデ(青瓦台)、ロッテタワー、Nタワー、トクスグン(徳寿宮)、キョンボックン(景福宮)、プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村)、トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)、ソウルの森、ハンガン(漢江)、クァンファムン(光化門)広場だ。外国人も訪問できるようスポットについての英語情報も提供しており、さらに今年は外国人の言語設定に合わせた音声案内サービスも拡大していく計画である。

    3つ目、「連結」のコアバリューは、仮想と現実、人と人、人とモノがつながる「現実融合空間」である。今後、青少年メンタリング仮想相談室、120民願チャット相談、窓口サービス書類の発行、タックススクエア(地方税サービス)などが、市民のための代表的なコミュニケーションチャンネルとなると期待される。

    「青少年メンタリング仮想相談室」は、青少年メンタリングのため、ミツバチや星の王子さまなど6種類のテーマで構成された仮想空間で、アバターに変身して相談したり資料共有機能を利用して学習指導を受けられる。アバター仮想相談室は、対面相談を負担に思う青少年が、自分の代わりであるアバターを通じて、安定した情緒でいつでもどこでも相談できるメリットがある。

    利用対象は、「ソウルラーンメンタリングサービス」に参加するメンターとメンティーで、関連情報は(https://slearn.seoul.go.kr)ソウルラーンホームページで確認できる。これまで対面、電話、携帯メールで行われた青年支援マネージャーカスタマイズ型相談サービス「青年相談オラン」をメタバースソウル相談室で利用できる。オランホームページ(https://youth.seoul.go.kr/site/orang/home)で青年政策相談を申請する際に、希望する実施スタイルの中から「メタバースソウル」を選択すると、メタバース相談室で相談が実施される。

    「120民願チャット相談」は、人によって異なる音量や発音などによって発生する音声相談の問題を改善するため、チャット相談で行われる。住民登録謄本など7種の行政書類をいつでもどこでも発行でき、情報セキュリティのため「ソウルウォレットアプリ」で発行書類を確認できる。120民願チャット相談の際は、120茶山(ダサン)・コールセンター相談スタッフの順次マッチングを通じて仮想相談室で1:1マンツーマンチャット相談を受けられ、待機時間が長い場合は待機者数を確認できる。(運営時間:平日 09:00-18:00) 申請可能な書類は、住民登録票謄本、住民登録票諸本、健康保険料納付確認書、健康保険資格得失確認書、予防接種証明書、出入国事実証明、兵役証明書の全7種の書類だ。

    「タックススクエア」では、税金に関する相談を受けられる。税金「チャットボットIZY(ソウル市インターネット税金納付システム(E-TAX)連携)」に税務情報を問い合わせて、納付する自動車税、財産税、所得税を予め計算・算出してみることができる。「チャットボット」とチャット相談を行うと、気になる点を手軽に解決でき、順番待ちによる現実の退屈さを感じなくてすむ。

    また、メタバースソウルでは、1:1マンツーマン相談室から100人参加可能なカンファレンスルームまで、多様な目的の会議室を提供している。必要に応じて、時と空間にとらわれず誰でもチャット、オーディオ会議、ビデオ会議、資料共有機能を活用した会議を開くことができる。

    메타버스 서울

    「メタバースソウルアプリ」は、Google「Playストア」、Appleの「App Store」で「メタバースソウル」を検索すると、インストールして利用できる。

    「メタバースソウルアプリ」の利用が初めての場合は、本人認証して会員登録する必要がある。これは、デジタルプラットフォームという仮想世界で発生し得る個人情報侵害と不健全行為を防止するためだ。会員登録をしないユーザーは、ゲストモードでアクセスして見学できるが、チャットや他人とのインタラクションは制限される。

    「メタバースソウルアプリ」の利用が不慣れな場合は、「エンジェルガイド > チュートリアル(使用指針書)」メニューで提供中の案内サービスを確認すると助けになる。

    ソウル市は、「尊重・社会的公平性・現実とのつながり」という3つの基本原則をもとにソウルデジタル財団が制定した「メタバース倫理指針」をメタバースソウルに適用させている。最近、メタバースの急浮上によってアバター性犯罪、言葉の暴力、情報侵害などさまざまな倫理問題が発生しているため、健全なメタバース利用文化は非常に重要だ。

    「メタバースソウル」では、不健全行為を防止するためアバター同士の接触不可、罵倒語のフィルタリング、不健全行為通報機能などの技術的安全装置を設けており、日常生活を遊びのように体験できるメタバースコンテンツは、私たちの社会の多くの部分に変化をもたらすだろう。

    また、メタバースソウルアプリ内の「エンジェルガイド > チュートリアル > 倫理ガイドをもう一度見る」メニューを通じて、「メタバース倫理指針」と利用者遵守事項などを確認できる。

    「メタバースソウル」は、2022年ハーバード・MIT大学、マッキンゼー・アンド・カンパニー、バンクーバー市など海外20か所のさまざまな機関によるインタビュー、カンファレンスに参加してその構築モデルを共有しており、ソウル市のスマートシティに対するグローバル位置を高める成果を収めた。

    「メタバースソウル」は、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)政府革新事例面談(2022年5月)結果によりハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)に関連研究を収録、MITメディアラボ主管の「ヒューチャー・コンピュータ(Future Compute)2022」カンファレンスに招待され発表(2022年5月)、マッキンゼー・アンド・カンパニーとのインタビュー(2022年5月)、同機関ホームページ(McKinsey.com)に独立記事を掲載して「Value Creation in the Metaverse」レポートに収録、国際シンクタンク研究機関ソートラボ(ThoughtLab)によるインタビュー(2022年6月)、ヒューチャー・レディ・シティ(Future Ready City)レポートに収録された。

    その他にも、世界移動通信事業者協会(GSMA)、ドイツ連邦議会、カナダ・バンクーバー市、イタリア国営放送RAI、デンマーク企業団、英国特許庁、シンガポール国営放送CNAなど多数の海外メディア機関が「メタバースソウル」の事例に関心を示した。

    特に、米TIME誌は、メタバース公共分野における「2022最高の発明(the Best Inventions of 2022)」で「メタバースソウル」を選定し、この結果は行政サービスの新しいモデルになることが期待されている。

    世界で初めて公共メタバースプラットフォームアプリを構築しただけに、ソウル市は「メタバースソウル」が仮想空間において新しい概念の公共サービス標準モデルとして定着するよう、ファーストムーバー(First Mover、先駆者)の役割を果たしていくと述べた。

    ソウル市のポッドキャストチャンネル「チョン・ヨンジン、チェ・ウクの心配しないでください。ソウル」287回目に出演したチャン・ドンソン博士は、「ソウル市は、公共分野においてメタバース導入を先制的に推進するファーストムーバー(First Mover)*の役割を果たしている」と語り、「現在、仮想空間で行政サービスを提供するためのインフラを構築する段階に入っており、今後は高度化が必要だ。メタバース独自のメリットを活かしたコンテンツを導入していけば、今よりも発展したメタバースソウルを市民に提供できるだろう」と説明した。
    *ファーストムーバー(First Mover):新しい分野を開拓する先導者

    また、ソウル市はメタバースソウルプラットフォームをオープンすると同時に、その活性化のため「メタバースソウルの玉にきず探しイベント」を開催する。このイベントはオープンから1か月間(1月16日~2月12日)実施される予定で、エラーを提出した市民にはオンラインギフト券などの商品を贈呈する計画だ。発見されたエラーは、スクリーンショット画像と詳細内容を作成して「メタバースソウル」Instagram(https://www.instagram.com/metaverse.seoul)へDM(ダイレクトメッセージ)、または「メタバースソウルアプリ」の「バグ報告」機能を利用して提出できる。イベント内容の詳細については、公式Instagramと「メタバースソウルアプリ」の市庁ロビーのおしらせに掲載されている。ソウル市は、ユーザー流入を通じたプラットフォーム活性化のため、今後メタバースソウル関連の対市民行事や多彩なイベントを定期的に開催していく計画だ。公募展、メタバースソウルで韓服を着て旅行する、100日記念イベントなどが準備中だ。

    ソウル市は、2023年メタバースソウル第2段階事業として、メタバース市民安全体験館、不動産契約、トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)メタバース、外国人支援事業、青年政策コンテンツ発掘・構築など分野別の市政サービスを拡大して、市・自治区が個別に構築するメタバースサービスを「メタバースソウルプラットフォーム」に統合して構成する計画だ。これは、市民に一貫性のあるメタバース基盤の公共サービスを効率的な方法で提供することを目的としている。

    「メタバースソウル」の詳細情報は、メタバースソウル公式Instagram(https://www.instagram.com/metaverse.seoul)、コミュニティウェブページ(https://metaverseseoul.kr)、「メタバースソウルアプリ」市庁ロビーのお知らせから確認することができる。公式Instagramでは、イベントや行事などさまざまな情報が掲載されたカードニュース、広報動画(リール)、サービスガイド動画など「メタバースソウル」についての全般的な案内を確認できる。コミュニティウェブページでは、メタバースソウルについての紹介、仮想空間公募展、メタバースソウルアプリ(Android、iOS)、公募展オーサリングツール(3Dオブジェクト創作物)、ダウンロードについての情報、サービスアップデートなどのお知らせを検索できる。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に