メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

ニュース

  • オ・セフン(呉世勲)市長、ニューヨークで都市気候会議に出席するなどソウル市の政策を紹介

  • ソウル市総合ニュース SMG 835
    • 9月19日(火)ニューヨークで開催された「C40運営委員会」で気候危機の対応成果を紹介・協力方案を論議
    • ニューヨークのタイムズスクエアでソウル広報館・自転車遠征隊などを通じて新規ブランド「ソウル、マイソウル」を紹介
    北米に出張中のオ・セフン(呉世勲)ソウル市長が、世界の都市に対してソウルの気候危機対応政策が収めた優秀な成果を紹介して、マンハッタンの名所であるタイムズスクエア一帯を、新しい都市ブランド「ソウル、マイソウル(Seoul, My Soul)」で染め、世界中の人々と1つになる機会を持った。

    オ・セフン(呉世勲)ソウル市長は、9月19日(火)、ニューヨークのプラザホテルで開催された「C40都市気候リーダーシップグループ(以下、「C40」)運営委員会議」に出席して、ソウル市が収めた優秀な気候危機対応政策を共有し、ネットゼロ(Net Zero)実践と気候回復力向上に向けた協力方法について論議した。

    ソウル市は、これまで15年間(2005年~2020年)において、温室効果ガスの排出を13%削減する成果を収めている。ソウル市は、1998年から生ごみの分別収集を実施、収拾した生ごみを100%再利用して、年間45万トンの温室効果ガスを削減し、日常の中でエネルギーを節約するなど、温室効果ガス削減を実践する市民に対して優遇を提供する、▴エコマイレージを実施している。

    オ(呉)市長はまた、地球規模の気候危機と高物価が続くなか、温室効果ガスを削減して困難な家計の負担を減らすため、公共交通機関と公共自転車を無制限利用できる、▴気候同行カード(Climate Card)を来年導入する予定だと発表した。

    この日の午後には、マンハッタンのタイムズスクエアへ移動して、「ソウル、マイソウル」を活用して「ソウル」をPRし、現地の人々・観光客と交流して一緒に楽しむ機会を持った。

    広報館

    タトゥーシール

    ソウルブランド自転車遠征隊画像

    現場の様子

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に