メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

ウェブトゥーン

  • Daeun作家が紹介文化備蓄基地!

  • ウェブトゥーン SMG 13,144

    マポ(麻浦)区ソウルワールドカップ競技場からほど近く、メボンサン(梅峰山)に取り囲まれている「文化備蓄基地」は、かつて一般人の接近や利用は固く禁じられていた産業化時代の遺産であるマポ(麻浦)石油備蓄基地が、都市再生を通じて市民の元に帰ってきた文化公園です。

    当時のソウル市民の消費量約1か月分に当たる6,907万リットルの石油を保管していたマポ(麻浦)石油備蓄基地は、2002年にワールドカップを開催するにあたって安全上の理由により閉鎖されましたが、2013年になって市民からのアイデア公募により文化備蓄基地として生まれ変わることになりました。

    石油を保管していたタンクは、今では石油の代わりに毎日ユニークな文化を生み出す文化タンクへと変身しました。もともとあった5つのタンクは開かれた文化空間へと様変わりし、解体したタンクの鉄板を利用してつくられたT6は市民のためのコミュニティ空間になりました。敷地に残されていた木や植物は最大限保存し、さまざまな種類の花や木々を植えて公園として造成しました。

    石油と建設が中心となった産業化時代を代表していた空間から、エコと再生、文化を中心とする生態文化空間へと生まれ変わった「文化備蓄基地」。
    今後とも文化備蓄基地は、市民と共に文化生産の空間であり転換都市の拠点としてここを豊かな場所にしてまいります。

    イラストレーター:@todaydaeun
    メボンサン(梅峰山)付近を散歩している途中、 / 不思議な空間を発見! /  何のための場所かな? /  ちょっと防空壕みたい? ソウルワールドカップ競技場の / となりにあるこの場所は、ずばり! / 「文化備蓄基地」 /  ここは、さまざまなフェスティバルや / マーケットが開かれる文化広場なんだね! ここはかつて石油を / 保管するためのタンクだったんだって! /  (6,907万リットル) /  1973年のオイルショック以来、ソウル市民が / 1か月間ほど使える量の石油を保管しておいた場所! /  2002年ワールドカップを控えて、 / 安全上の理由で閉鎖されたみたい 一般人の立ち入りは絶対に / 不可能だった「石油備蓄基地」から /  ようこそ! / 立入禁止 / あらゆる者に開かれた文化スペース、 / 「文化備蓄基地」として生まれ変わったのだ! 石油備蓄基地だった頃の姿を / 残しながらも、新しくリニューアルしたのが / この場所のチャームポイント! /  T1&T2を解体して得た鉄板を / 活かしてつくったコミュニティーセンター! /  #タンク屋上 /  #生態図書館 T1.パビリオン /  タンクを解体して / ガラス張りの壁と屋根を / のせて造成した場所。 /  展示・ワークショップ・公演が開かれる多目的スペースだ! T2.公演場 / 軽油を保管していたタンクを / 解体し、新しい建物を建てるかわりに / 野外公演場として活用! /  タンクの下部は、室内公演場として活用中! 都市再生の模範事例! / さまざまな文化行事が開催される / 文化備蓄基地に遊びに来てください / - へえ、サーカスも / したことがあるんだ? /  ブログにスケジュールがあるので、 / 来週はどんなイベントがあるか / チェックしてみようかな!

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に