メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

プレスリリース

  • BTSがデビュー10周年、ソウルで楽しむ聖地巡礼

  • プレスリリース SMG 2,224
    • ソウル市とソウル観光財団、13カ所のBTSスポットを選定…ソウルBTS聖地巡礼マップを製作
    • 6月17日(土)汝矣島漢江公園にあるソウルPRブースで「ソウルBTS聖地巡礼マップ(Map of the Seoul)」とソウル名所カードを限定で配布
    • ソウルの主要観光名所に紫色の照明・メディアファサードを設置し、フェスティバルムードを演出

    ソウル市とソウル観光財団(代表理事 キル・キヨン)は、BTSデビュー10周年を記念するフェスティバル(2023 BTS FESTA)に際して、BTSゆかりの名所13カ所を盛り込んだ「ソウルBTS聖地巡礼マップ」を製作した。

    ソウルBTS聖地巡礼スポットには、メンバーらが練習生時代によく訪れた場所、オリジナルコンテンツの「走れバンタン」など、主要コンテンツの撮影地だったソウルの名所をピックアップした。

    今回制作したソウルBTS聖地巡礼マップには、スポット別にゆかりのある曲も盛り込まれている。マップにあるQRコードからYouTubeリンクにアクセスできるようにするなど、さらに楽しめるように工夫した。

    Schedule
    No. 名所 備考
    1 ソウル崇礼門 2021グローバルシチズンライブ撮影地
    2 HYBE龍山社屋
    3 景福宮勤政殿 2020ザ・トゥナイト・ショー撮影地
    4 汝矣島漢江公園 BTS 10TH Anniversary FESTA@汝矣島イベント場
    5 乙支路 2021シーズングリーティング撮影地
    6 国立中央博物館 2021 BTSソウル観光PR映像撮影地
    7 ソウル総合運動場 BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – SEOULコンサート
    8 景福宮慶会楼 2020 ザ・トゥナイト・ショー撮影地
    9 ワールドカップ大橋 2021 ザ・トゥナイト・ショー撮影地
    10 ノドゥル島 2021シーズングリーティング撮影地
    11 峨嵯山 走れバンタン撮影地
    12 文化備蓄基地 走れバンタン撮影地
    13 鶴洞公園 練習生時代の思い出の場所
    6月17日(土)、汝矣島のイベント現場にてソウルPRブース(Seoul in Purple)を運営。スタンプラリー、ハッシュタグイベントなど様々なプログラムやイベントを行う。

    スタンプラリーは、リミテッドエディションのソウル名所カードにある7カ所を訪問し、カードと一緒に撮った写真を投稿して応募すると、抽選でBTSオフィシャルグッズなどの景品がもらえるイベントである。

    ソウルPRブース(Seoul in Purple)では、ソウルBTS聖地巡礼マップと限定のソウル名所カードなどを配布する。現場で撮った写真を指定のハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、BTSグッズとソウル観光財団が提供する景品がもらえるイベントも用意されている。

    また、BTSゆかりのソウル観光名所の情報をVisit Seoulを通じて発信することで、アーミーだけでなく、海外からの観光客にソウルを広報する予定だ。

    6月12日からソウルの主なランドマークが紫色に染まる。世宗文化会館、セビッソム、南山ソウルタワーにメディアファサードも運営し、フェスティバルムードを加える。

    6月17日、汝矣島漢江公園では、特別プログラムと展示・体験プログラムが開催される。

    特別プログラムには、BTSメンバーのRMがファンとコミュニケーションするコーナー「午後5時、キム・ナムジュンです」と、今回のイベントの醍醐味である「BTSデビュー10周年記念花火ショー」が午後8時30分から30分間行われる。

    「展示・体験プログラム」としては、BTSヒストリーウォール、ステージ衣装の展示、BTS家族写真展、タトゥーシール体験ブース、BTSライブスクリーンなど、ソウル市民なら誰もが参加できるように構成される。

    市は、安全安心なイベント開催のために、HYBE、永登浦区役所、警察、消防と協力し、現場における安全管理、人波管理、交通統制、応急救助サポートなどに最善を尽くす。

    6月16日(金)14:00に、HYBE、永登浦区役所、警察、消防とソウル市が安全対策を最終的に確認する。

    現場には、総合安全本部や運営状況室を設け、対応システムを構築し、非常時に対応する。

    今回のイベントにより、6月17日(土)14時から汝矣東路(麻浦大橋の南側~63ビル前)が全面的に統制され、汝矣東路を通る23のバス路線が17日(土)12時から迂回する。また、イベント終了後にも安全な帰宅のために、地下鉄5・9号線と新林線、バスを増便する予定。統制エリアや一時的な路線変更などの情報は、ソウル交通情報センター(TOPIS)のホームページ(http://topis.seoul.go.kr)と120タサンコールセンターで確認できる。

    ソウル観光財団のクォン・ヒョクビンチーム長は、「BTSのデビュー10周年を祝うために、世界中のファンがソウルを訪れると見込まれる」とし、「今回のイベントを機に、今楽しめるソウルの魅力を発信し、リピートにつなげる観光マーケティングに取り組む予定だ」と語った。

    ソウル市のチョ・ソンホ観光政策課長は、「2023 BTS FESTAは、5月に行われたソウルフェスタ2023に次いで、外国人観光客の需要を生み出す重要なイベントである」とし、「アーミーだけでなく、一般市民も楽しめるように最善を尽くしたい」と述べた。

    添付1 ソウル市の観光名所における照明・メディアファサード運営内容
    ソウル市の観光名所における照明・メディアファサード運営内容
    区分 名所 詳細
    メディア
    ファサード
    ・世宗文化会館 ・6月13日(火)~6月25日(日)
    -上映作品の間に2023 BTS FESTAのメディアファサードの映像をプロジェクション
    ・セビッソム
    (イェビッソム)
    ・イェビッソム 6月12日(月)~6月25日(日)
    ‐火曜日~日曜日 17:00~20:00
    ※月曜日は休み
    ・南山ソウルタワー ・6月13日(火)~6月17日(土)2日間
    ‐6月13日(火):日没~22:00
    ‐6月17日(土):日没~23:00
    ※タワーの下段部のメディアファサードでプロジェクション
    照明
    (紫色)
    ・漢江の橋
    (ワールドカップ大橋、ヤンファ(楊花)大橋、ヨンドン(永東)大橋)
    ・6月12日(月)~6月25日(日)
    ‐点灯時間:日没30分後~22:00
    ・セビッソム ・6月12日(月)~6月25日(日)19:30~23:00
    ※貸切予約の日は休み
    ・盤浦(バンポ)大橋 ・6月12日(月)~6月25日(日)レインボー噴水終了後
    – 21:20~21:40に紫色点灯
    ・南山ソウルタワー ・6月12日(月)~6月25日
    平日:日没~22:00
    週末:日没~23:00
    ※タワーの上段部に紫色の照明を点灯
    ・DDP ・6月12日(月)~6月25日 20:00~24:00
    ※2023 BTS FESTAスローガンをプロジェクション
    ・ソウル市庁 ・6月12日(月)21:00~22:00(イベント終了後)
    ・6月13日(火)~6月25日(日)19:0~22:00
    ・本を読むソウル広場
    (紫色の本棚・ ビーンバッグを設置)
    ・6月13日(火)~6月18日(日)
    ‐木・金11~17時 / 土・日10~17時
    ・6月17日(土)K-pop特別講演
    ※ソウル図書館主催イベント
    ・光化門本マダン
    (アクリル本棚に紫色の照明を設置)
    ・6月17日(土)~6月18日(日)10:00~21:00
    (光化門ラウンジ) ※運営終了後にも点灯
    添付2 ソウルBTS聖地巡礼マップ(Map of the Seoul)のイメージ

    BTSデビュー10周年を記念し、ソウル観光財団が作った
    ソウルBTS聖地巡礼マップ(Map of the Seoul)と限定特典のシール

    13カ所のBTSゆかりのスポットとスポット別のBTSの曲を案内するソウルBTS聖地巡礼マップ

    2023 BTS FESTAのソウルPRブースでもらえるソウル名所カード(限定)

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に