メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

環境/エネルギーニュース

  • 2023年から「体感温度」を基準に猛暑特報発令…ソウル市、猛暑対応システムを強化

  • ソウル市総合ニュース SMG 1,267
    • 5月20日~9月30日まで猛暑対策期間…「2023ソウル市夏季猛暑総合対策」推進
    • 平年に比べ気温上昇、猛暑特報の発令基準変更など猛暑特報発令の増加が予想される
    • 猛暑憩いの場4,200か所を運営、ホームレス猛暑憩いの場(10か所)は24時間常時運営
    • 低所得層居住地域の高齢者など脆弱層を保護するため約3千人のケアスタッフが活動、野外労働者の保護を強化
    • 猛暑対応システム強化、脆弱層の保護、猛暑低減施設の拡充など強化された猛暑対策を構築
    同じ気温でも、湿度や風によって感じる暑さは異なる。これまで気温を基準に発令されていた猛暑特報が、今後は単純気温から湿度まで考慮された「体感温度」を基準にして発令される。特に、平年に比べ2023年の夏は気温が高いことが予想されており、暑い7月~8月には、猛暑特報の発令が増える見通しだ。

    体感温度:気温に湿度、風などの影響を加えて、人が感じる暑さや寒さを定量的に表す温度
    ※ 湿度10%増加ごとに体感温度は約1度上昇
    気象庁によると(5月23日発表)、ソウルの2023年の夏の平均気温は平年より高い見通しで、最近5年間(2018年~2022年)の猛暑日数と熱帯夜日数も増加するなど、猛暑発生の頻度と強度が徐々に増しており、市民は細心の注意を払う必要がある。

    これに対して市は、夏の猛暑による被害が発生しないよう、猛暑対応システムを強化する。まず、猛暑憩いの場4,200か所を指定・運営して、このうちホームレス猛暑憩いの場10か所は24時間常時運営する。低所得層居住地域へのエアコン設置を支援して、基礎生活受給者と次上位層などのエネルギー脆弱層に対する冷房費用支援も検討中だ。そして、体の不自由な高齢者などを保護するため、約3,000人のケアスタッフが活動する。

    また、野外労働者を保護するため、熱中症・熱射病セルフ診断表などを1日2回以上作成させて、猛暑影響予報制を実施するなど、野外労働者の保護に力を入れる。

    2023年は、早い時期から暑くなったことによって、横断歩道の日よけパラソル3,176か所、クーリングフォグ、日よけ樹木などの設置が完了しており、道路の路面温度を下げるためのクーリングロードも稼働中だ。本格的な猛暑が開始する7月までに、霧噴射装置などの猛暑低減施設を拡大設置する計画だ。

    市は、猛暑対策期間中(5月20日~9月30日)、状況管理T/Fチームの運営と常時対策システムを維持する。猛暑特報による注意・警戒段階では、生活支援班とエネルギー復旧班を追加して、総合支援状況室を運営して脆弱層の保護と安定的なエネルギー供給対策を強化し、深刻段階では、災難安全対策本部を稼働させる。

    夏季の猛暑対策行動要領(英語)

    Emergency Response Guidelines (Heat Wave) 1. Check weather conditions as often as possible on TV, the Intemet, radio, etc. 2. Drink plenty of water rather than drinks that contain alchol or caffeine. 3. Do not do outdoor activites or work between 2:00p.m. and 5:00 p.m. the hottest time of the day. 4. Keep temperature difference in indoor and outdoor air around 5˚C when using an air~conditioner to prevent air~conditioningitis. *적정 실내 내방온도 : 26~28˚C 5. Use cool places such as a cooling center if having mild symptoms such as dizziness, nausea, and a headache. 6. Ventilate or sprinkle water on stables, greenhouse, etc. to lower the temperature.

    ソウル市猛暑危機警報の判断基準

    ソウル市猛暑危機警報の判断基準
    区分 判断基準 主な活動 対応段階 勤務スタッフ
    関心
    (Blue)
    ‣ 猛暑対策期間 (5月20日~9月30日) 兆候監視活動 常時準備 TFチーム運営
    (3チーム 17名)
    注意
    (Yellow)
    [猛暑注意報]
    ‣ 1日最高体感温度33℃以上の日が2日以上続くと予想される。
    ‣ 急激な温度上昇と猛暑長期化などによって、重大な被害の発生が予想される。
    対策計画の点検及び猛暑モニタリング 対応1段階 総合支援状況室
    (5チーム 7名)
    警戒
    (Orange)
    [猛暑警報]
    ‣ 1日最高体感温度35℃以上の日が2日以上続くと予想される。
    ‣ 急激な温度上昇と猛暑長期化などによって、広範囲な地域で重大被害の発生が予想される。
    対策計画の点検及び猛暑モニタリング 対応2段階 総合支援状況室
    (7チーム 9名)
    深刻
    (Red)
    ‣ 猛暑特報が続き、大規模な被害発生が懸念される状況 即時に対応体制に突入 対応3段階 災難安全対策本部
    (13チーム 39名)
    ※ 上記の基準は、災難警報発令のために提示する基準であり、実際の警報発令は、状況の展開速度、波及効果などを鑑みて、「状況判断会議(危機評価会議)」によって決定される。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に