メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

プレスリリース

  • 最高のドラマと俳優がソウルに集結…ソウルドラマアワードが20日(水)に開幕

  • プレスリリース SMG 115
    • 第18回を迎える世界初ドラマ単独授賞式…今年44か国の344作品が参加、出品数が過去最多
    • 9月21日(木)KBSホールでレッドカーペット・授賞式を開催…市、「07年からドラマ産業を後押し」
    • 9月20日(水)~22日(金)盤浦漢江公園でドラマ上映会、OSTコンサートなど、「3日間のドラマフェス」

    今年18回を迎えた「ソウルドラマアワード」が、9月20日(水)に幕を開ける。出品数が44か国344作品で過去最多となった。

    「ソウルドラマアワード」は、ドラマのみを扱う世界初で最大規模の授賞式。毎年40~60カ国の300作余りのドラマが競争し、約50人余りの国内外受賞者が参加するアワードである。

    ソウル市は、映像コンテンツ産業化の活性化とドラマ産業のハブに向けたブランディングの一環で、2007年から「ソウルドラマアワード」を後援しえいる。

    また、ソウルを舞台にする国内外の映像の撮影をサポートする「ソウルロケーション撮影」支援事業を行い、優れたコンテンツを安全な環境で作られるように、撮影許可や航空撮影、道路撮影などもサポートしている。

    イベントは、9月20日(水)から22日(金)まで3日間行われる。メインイベントん授賞式の他にも、盤浦漢江公園でドラマをテーマにしたコンサート、上映会なども開かれる。

    区分、場所、日時
    区分 場所 日時
    9月20日(水) 9月21日(木) 9月22日(金)
    メインイベント KBSホール レッドカーペット[16:30~17:30]
    授賞式[18:00~19:50]
    イベント 盤浦漢江公園イェビッソム ドラマ上映会[17:00~18:10] レッドカーペット生配信[16:30~17:30] ドラマトークコンサート[18:30~19:30]
    ドラマOSTコンサート[19:30~21:10] 授賞式 生配信[18:00-19:50] ドラマトークコンサート[20:00~21:00]

    9月21日(木)18時からKBSホール開催される「ソウルドラマアワード」のメインイベント「授賞式」は、KBS2TVで生配信される。イベントの前には、一般市民も現場でアワードの雰囲気を楽しめる「レッドカーペット」イベントが16時30分からKBSホール広場で開かれ、YouTubeで生配信される。今年は前年と比べ出品作が100作品以上増え、344作品が競い合い、過去最多規模となった。

    区分、出版作
    区分 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年 21年 22年
    出版作 48カ国
    225作
    50カ国
    209作
    48カ国
    212作
    51カ国
    265作
    55カ国
    266作
    56カ国
    268作
    61カ国
    270作
    41カ国
    212作
    41カ国
    238作
    35カ国
    225作

    アワード期間中、20日(水)と22日(金)には、ソウル市民と観光客が楽しめる多彩なイベントも開かれる。▲ドラマ上映会、▲ドラマOSTコンサート、▲ドラマトークコンサートなど、ドラマが好きな人なら誰もが参加できるイベントが用意されている。

    「ドラマ上映会」では、KBS<真剣勝負>、MBC<ビッグマウス>、SBS<模範タクシー2>など、地上デジタル放送局3社の代表作のハイライトを、盤浦漢江公園のイェビッソムのスクリーンで上映する。

    「ドラマOSTコンサート」は、ソウル市議会のイ・スクチャ議員の挨拶を皮切りに、ドラマ<SKYキャッスル>のOST「We All Lie」で有名なハジン、<代理店>の「Never Let Go」で注目を浴びたキム・プルム、<応答せよ1988>のOST「青春」を歌ったキム・ピルが出演し、秋の夜に聴きたいドラマ名曲を歌う。

    「ドラマトークコンサート」には、MCのパク・スルギと、俳優のナム・ジヒョン、チェ・ヒョンウク、キム・ムヨル、イ・サンヨプ、チョン・ダビン、またドラマ監督が参加し、ソウル市民とドラマについて語る。

    ソウル市のソン・ホジェ経済雇用企画官は、「韓流ブームを巻き起こし、今はその中心にあるK-ドラマのステータスを世界に発信するとともに、テーマや流通チャネルの多角化を通じて国内外のドラマ産業がさらに盛り上がるきっかけになれば幸いだ」とし、「また、ソウル市民にもこのようなグローバルカルチャーイベントを楽しんでいただきたい」と述べた。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に