メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

経済/投資

ソウル、世界300都市のうち「創業しやすい都市」9位にランクイン…過去最高順位

経済ニュース

2024/06/17 147

ソウル、世界300都市のうち「創業しやすい都市」9位にランクイン…過去最高順位

グローバル・スタートアップ・エコシステム評価機関のスタートアップ・ゲノム(Startup Genome)が発表(6月10日)…ソウルは300都市のうち9位にランクイン 資金調達部門でアジア都市の中で1位、ビジョン2030ファンドなど投資氷河期を乗り越える努力の成果 ソウルの得意産業として「AI・ビッグデータ・アナリティクス、バイオ、先端製造業・ロボット産業」を選定 ソウル市は世界の都市の中で「創業しやすい都市」9位に選ばれた。これは過去最高の順位で、ソウルのエコシステム価値(Startup Ecosystem Value)は2021年の54兆ウォンに比べ5倍以上増加した308兆ウォン(2,370億ドル)に達するものと評価された。 グローバル・スタートアップ・エコシステム評価機関であるスタートアップ・ゲノム(Startup Genome、米国)は6月10日(月)(ロンドン現地時間)、世界300都市を対象に実施した調査結果をまとめた「グローバル・スタートアップ・エコシステム・レポート(Global Startup Ecosystem Report 2024)」を発表した。ソウルは世界300都市の中で過去最高順位の9位にランクインした。これはヨーロッパを代表するスタートアップ都市のパリ(14位)とベルリン(15位)よりも高い順位となる。 今年の「グローバル・スタートアップ・エコシステム・レポート」によると、ソウルは5つの評価項目のうち、①資金調達(10点)、②パフォーマンス(9点)、③人材と経験(9点)、④知識(9点)の4項目で10点満点の9点以上を獲得し、非常に高いスコアを記録した。さらに、⑤市場リーチ項目では2023年の1点から大幅に上昇した7点となった。 特に10点満点を獲得した資金調達項目では、パンデミック以降、長期間続いた投資氷河期にもかかわらず、アジアで1位、世界で5位という最高レベルの競争力が認められ、注目に値する。ソウル市が独自のファンドを組成し、バイオ・人工知能・創造産業などに積極的な投資を行った点が高く評価された。 これは2023年から「ソウルビジョン2030ファンド」を通じて2024年3月まで1兆3000億ウォンを組成するなど、持続的な投資支援に努めた結果だと考えられる。ソウル市は今後、「ソウルビジョン2030ファンド」の規模を2026年まで5兆ウォンに拡大するなど、政策金融の支援を持続的に拡大する方針だ。 グローバル・スタートアップ・エコシステムTop20 グローバル・スタートアップ・エコシステムTop20 順位 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 1 シリコンバレー シリコンバレー シリコンバレー シリコンバレー シリコンバレー 2 ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク 3 4 北京 北京 ボストン LA LA、テルアビブ 5 ボストン ボストン ベルリン テルアビブ 6 テルアビブ、LA LA LA ボストン ボストン 7...   Read more
ソウル市、香港企業の誘致に着手…グローバル企業の誘致に拍車

経済ニュース

2024/06/12 417

ソウル市、香港企業の誘致に着手…グローバル企業の誘致に拍車

6月11日(火)、香港で開催された「ソウルフォワード」にグローバル企業100社が参加し、参加企業の3社とソウル進出に関するMOUを締結 グローバル企業の定着に向け、FDI(海外直接投資)オールインワンパッケージ〜ヨイド(汝矣島)国際金融オフィスなど入居スペースまで段階的に支援 ソウル市は6月11日(火)、海外企業や人材の誘致を通じてグローバルTop5都市へ飛躍するための企業誘致説明会「ソウルフォワード(Seoul Forward)」を香港のホテルアレクサンドラ(Hotel Alexandra)で開催した。 香港に所在するグローバル企業および現地企業100社が参加した同説明会で、市はソウル進出の魅力を紹介し、ソウル進出を希望する有望企業3社*とMOU締結式を行った。 * Qstem(細胞を基盤とする毛髪再生新薬の開発)、APOP(高性能コンピューティング向けの集積回路やAIチップの設計を行うソリューション会社)、Quantbit(テキストから画像やビデオを生成する生成型AIソリューション会社) より安定的にソウルに進出・定着できるよう、MOUを締結した3社にはソウル市の投資誘致専門機関「インベストソウル(Invest Seoul)」から事前の市場調査や法人設立、労務・法務などの経営支援、オフィス賃貸サポートなど、ソウル進出に必要な全ての過程を支援する「オールインワンパッケージ」が提供される。 市は今後もソウル進出を希望するグローバル企業を積極的に発掘する方針だ。 「ソウルフォワード」のポスター
オ・セフン(呉世勲)市長、「外国人住民政策マスタープラン」…世界に先駆けて未来の都市競争力を強化

ニュース

2024/05/22 826

オ・セフン(呉世勲)市長、「外国人住民政策マスタープラン」…世界に先駆けて未来の都市競争力を強化

優秀なグローバル人材の誘致と包容力のある多文化社会に向けた4大分野・20の中核課題を発表 主要大学と協力し、理工系の修士・博士人材1千人を誘致し、就職支援窓口を新設 介護士、療養保護士などの準専門人材、外食・ホテル業など人手不足業種に対する外国人材の導入を推進 韓国人・外国人に同様の妊娠・出産・ケアサービスを提供、多文化家庭の子どものための教育活動費も支援 技術の発展に伴う産業構造の高度化により、優秀な人材を確保するための各国の競争が激化している。その中で、ソウル市は持続可能な都市競争力を確保するために「グローバル人材が集まり、外国人住民とともに成長する未来のソウルづくり」に向けたマスタープランを発表した。大枠として「優秀な人材の誘致」と「包括力のある多文化社会の構築」の二つがプランの中核となる。 まず、シリコンバレーのように世界中の人材が行きたくなるソウルづくりに向けて、グローバル企業の誘致から教育、就職・創業支援まで、優秀な人材の誘致政策を全方位的に進める。 国内の主要大学と連携して理工系の修士・博士人材1千人を誘致し、海外スタートアップの誘致に向け、英語が通じるグローバル創業支援施設「ユニコーン創業ハブ」を造成する。 「外国人家事管理士モデル事業」は今年9月中に開始し、介護士・療養保護士などの介護分野や外食・ホテル業分野のように人手不足が深刻だが韓国人だけでは需要に対応しきれない分野に外国人材を導入するため、政府と積極的に協議していく。 また、外国人を受け入れる包容力のある多文化社会の構築にも積極的に取り組む。 韓国での生活に慣れるよう、南西地域に続き、北東地域に「第2ソウル外国人住民支援センター」を来年5月に開館し、25の自治区における家族センターにAIを活用したリアルタイム多言語通訳サービスを導入する。また、家探しの際に支援を受けられる「外国人向けチョンセ(伝貰)・ウォルセ(月貰)安心支援サービス」も開始する。 出産前後における統合ケアサービス、乳幼児発達検査のような妊娠・出産・ケアサービスは、韓国人・外国人が同様に受けられるようにハードルを下げ、今月から小中高の多文化家庭の子どもに対する教育活動費(40~60万ウォン)を新たに支援することで、子育てにかかる経済的な困難を軽減する。 オ・セフン(呉世勲)市長は20日(月)、このような内容を骨子とする「ソウル外国人住民政策マスタープラン(2024~2028)」を発表し、「外国人住民とともに成長するグローバル都市ソウルをつくる」と述べた。 5年間で合計2,506億ウォンを投じ、4大分野(①優秀人材誘致・成長支援、②ニーズに合致する外国人材の拡大、③地域社会への安定的な定着支援、④韓国人・外国人の相互尊重・コミュニケーション強化)で20の中核課題、47の詳細事業を推進する。
ソウル市、1千万人の市民が利用するハンガン(漢江) 水上時代開く...年間9,260億ウォンの経済効果創出

経済ニュース

2024/04/29 728

ソウル市、1千万人の市民が利用するハンガン(漢江) 水上時代開く…年間9,260億ウォンの経済効果創出

オ・セフン(呉世勲)市長、「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」に続き、「ハンガン(漢江)水上活性化総合計画」を発表 2030年までに水上ホテル・水上フードゾーン・水上オフィスを建設…ハンガン(漢江)の水上を日常空間化 チャムシル(蚕室)・イチョン(二村)に複合マリーナを新設し、係留施設を1,000バースに拡大することで成長拠点とする 年間6,445億ウォンの生産波及効果、年間2,811億ウォンの付加価値効果…6,845人の雇用創出 ソウル市は、2030年までに1千万人がハンガン(漢江)の水上を利用する時代を切り開く構想を発表した。通勤にハンガン(漢江)が利用できることはもちろん、大小の船舶が移動・停泊できるように水上周辺を開発する。眺めるだけのハンガン(漢江)ではなく、楽しみ、体験し、感じるハンガン(漢江)づくりに取り組むことで、魅力と活力にあふれる「リバーシティ・ソウル」を造成することが目標だ。 市は年間6,445億ウォンの生産波及効果と年間2,811億ウォンの付加価値効果などを合わせて年間9,256億ウォンの経済波及効果を見込んでいる。これに基づいて6,800人余りの雇用も創出する計画だ。 ※経済波及効果の算出は、1千万人がハンガン(漢江)を利用した場合の利用者の支出額を計算し、誘発係数(2015年の地域産業連関表・ソウル部門を基準とする)を適用して生産波及効果、付加価値効果、雇用創出効果を計算することで導き出された。 2030年にハンガン(漢江)は特別な日に限らず、暮らしの中のメインステージとなる「日常の空間」として生まれ変わる。ハンガン(漢江)の水位が上がっても安全性を担保するために水上に浮かぶ浮遊式施設として「水上ホテル」「水上オフィス」を造成する。ハンガン(漢江)の景色を眺めながら世界の様々な料理を味わうことができる「水上フードゾーン」を作り、快適で利便性の高い水上移動手段のメリットを利用した公共交通機関・観光の手段「ハンガン・リバーバス」を運営する。その他、水上スキー場、ボートパレードなどの水上コンテンツも強化する方針だ。 ※ハンガン・リバーバスは今年10月から運行予定 また、ハンガン(漢江)に水上複合インフラを構築することで、都市の競争力強化の原動力である「成長の拠点」にする。ハンガン(漢江)に船舶が停泊できる係留施設を合計1,000バースに増やし、チャムシル(蚕室)に都心型マリーナを新設する。ヨイド(汝矣島)に船着き場をつくり、ヨイド(汝矣島)~キョンイン(京仁)アラベッキル(船路)を活性化し、今後、ヨイド(汝矣島)で乗船してハンガン(漢江)に沿って西海岸まで行けるソウル港を2026年下半期に開港する。 オ・セフン(呉世勲)市長はこのような内容を盛り込んだ「ハンガン(漢江)水上活性化総合計画」を24日(水)に発表した。予算総額は5,501億ウォン(民間3,135億ウォン、ソウル市2,366億ウォン)で、ソウル市民の生活の質の向上はもちろん、経済効果や雇用創出によってソウルの競争力強化にもつながるものと期待している。 水上フードゾーンのイメージ図 複合マリーナのイメージ図(ハンガン(漢江)アートピア) ヨイド(汝矣島)船着き場の鳥瞰図 ソウル港のイメージ図