メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

文化

ソウル野外図書館、昨年のIFLA「グリーンライブラリー賞」受賞に続き、今年は「国際マーケティング賞」を受賞

文化/観光ニュース

2024/06/18 90

ソウル野外図書館、昨年のIFLA「グリーンライブラリー賞」受賞に続き、今年は「国際マーケティング賞」を受賞

図書館分野において最高権威の国際機関「国際図書館連盟(IFLA)」より2年連続で国際賞を受賞 開館8週間で100万人が利用…11月まで休館なし・夏季は夜間運営 ソウル図書館は去年、約2万1千か所に及ぶ韓国の図書館の中で初めて国際図書館連盟(IFLA)が主管する「Green Library Award 2023(グリーンライブラリー賞2023)」を受賞したことに続き、今年は韓国の図書館の中では唯一「PressReader International Marketing Award 2024(国際マーケティング賞2024)」を受賞した。韓国初の2年連続受賞という快挙となる。 今回受賞した「PressReader International Marketing Award 2024」は、図書館分野のマーケティングに革新的な貢献を果たし、クリエイティブなマーケティングプロジェクトを行った機関に授与されるもので、ソウル図書館は同部門で2位に輝いた。 特に、静かで重々しい雰囲気の中で一人でするものと思われてきた「読書」を、青い空と芝生のある屋外空間で家族や友人と一緒にくつろぎながら楽しめる雰囲気を作ることで、図書館へのハードルを下げることにも成功したと評価された。 さらに、審査員たちは誰もが利用できる安全な読書文化・環境づくりを実現し、公共の場を「学びと革新」「社会統合」の場へと転換させたソウル野外図書館の戦略に注目し、図書館マーケティングのモデルケースになると述べた。 一方、市民の好評に応えるべく、ソウル野外図書館は今年から従来のソウル広場(木曜日~日曜日、週4回)とクァンファムン(光化門)広場(金曜日~日曜日、週3回)だけでなく、チョンゲチョン(清渓川)(4~6月/9~10月、週2回)にまで運営場所を拡大し、運営回数も昨年の103回から今年は196回に増やす。 ソウル市は4月18日の開館から8週間で約100万人の市民がソウル野外図書館を訪れて、特に外国人訪問客の著しい増加が目立つと補足した。 国際マーケティング賞受賞の広報画像
ソウル市、ミョンドン(明洞)一帯の無資格ガイド根絶に乗り出す…抜き打ちで合同取り締まり実施

文化/観光ニュース

2024/06/07 563

ソウル市、ミョンドン(明洞)一帯の無資格ガイド根絶に乗り出す…抜き打ちで合同取り締まり実施

5月30日(木)、観光の健全化に向けてチュン(中)区一帯の免税店やミョンドン(明洞)通りに対し、抜き打ちで合同取り締まりを実施 ミョンドン(明洞)一帯における抜き打ち点検後もショッピングセンターや観光スポットを中心に取り締まりを続ける方針 ソウル市は5月30日、健全な観光秩序を阻害する無資格ガイドによる活動を根絶するため、外国人観光客の多いチュン(中)区一帯の免税店やミョンドン(明洞)通りにおいて抜き打ちで取り締まりを行った。 「観光振興法」によると、「観光通訳案内士」の資格を持つ者だけが外国人観光客を対象とする観光案内を行うことができる。だが最近、一部の旅行会社が出発から帰国までの全日程に同行する外国人のスルーガイド(Through Guide)などをガイドとして雇ってツアーを行うという違法行為が発生している。無資格ガイドの引率のもと、ソウルを観光する外国人観光客がショッピングセンターに連れていかれるなど、クォリティの低いソウル旅行を経験することが持続的に起きている。 ソウル市と関係機関は、無資格ガイドがショッピングセンターでの押し売りはもちろん、ソウルの歴史に関する間違った知識を伝えるなど、クォリティの低い観光でソウルのイメージを損なっていると判断し、観光秩序の確立に向けて合同取り締まりに乗り出した。 これまでソウル市は、昨年「ソウル観光未来ビジョン」を発表して以来、観光産業の秩序を正すことに力を入れてきた。ソウル市は今回の抜き打ち点検の後、関係機関との協力を強化し、ショッピングセンターや観光スポットなどを中心に無資格ガイドに対する取り締まりを続ける方針だ。 ミョンドン(明洞)一帯における無資格ガイドに対する合同取り 照会アプリで資格証を確認 旅行会社のバスから降りる団体旅行客 現地同行の外国人スルーガイドを摘発
「B.DANCE SEOUL」来月7~8日開催…「ビートとバウンス」溢れるストリートカルチャーでノドゥルソム(ノドゥル島)が盛り上がる

文化/観光ニュース

2024/06/05 606

「B.DANCE SEOUL」来月7~8日開催…「ビートとバウンス」溢れるストリートカルチャーでノドゥルソム(ノドゥル島)が盛り上がる

ソウル文化財団、「B.DANCE SEOUL」を6月7~8日ノドゥルソム(ノドゥル島)で無料開催 パリオリンピックの新種目「ブレイキン」、一足先にストリートダンスの国際大会を目の前で楽しむ機会 ソウル市とソウル文化財団は、夏を迎えて市民の日常に活力を与えるストリートカルチャーフェスティバル「B.DANCE SEOUL」を6月7日(金)~8日(土)の2日間、ノドゥルソム(ノドゥル島)で開催する。 「B.DANCE SEOUL」はノドゥルソム(ノドゥル島)の芝生広場に設置されたメインステージとノドゥルスクエアの全域において2日間、午後1時から8時30分まで無料で運営される。「あなたを踊らせるビート&バウンス(Beat&Bounce)」というスローガンのもと、多彩なストリートダンスコンテストやヒップホップライブはもちろん、展覧会や様々なストリートカルチャー体験プログラムがフェスティバル期間中に行われる。 特に、今回のフェスティバルは7月末に開幕するパリオリンピックの新種目「ブレイキン」競技に匹敵する国際大会を目の前で楽しむチャンスでもある。7日開催の「インターナショナルブレイキンクルーバトル」では、国内外のトップクラスのブレイクダンサーで構成された8チームが優勝をかけて競い合う。 「B.DANCE SEOUL」の多様なプログラムは訪問客なら誰でも無料で参加可能。詳細はノドゥルソム(ノドゥル島)ホームページ(韓国語)(nodeul.org)から確認できる。 (お問い合わせ:☎+82-2-758-2045) 「B.DANCE SEOUL」のポスター 2023年イベントの様子1 2023年イベントの様子2 2023年イベントの様子3
ソウル市、ハンガン(漢江)大橋展望ホテル「Sky Suite」初公開

文化/観光ニュース

2024/06/05 478

ソウル市、ハンガン(漢江)大橋展望ホテル「Sky Suite」初公開

既存の展望カフェをユニークでゴージャスな橋上の宿泊施設としてリニューアル、ハンガン(漢江)の新名所が誕生 寝室‧リビング‧キッチン(144㎡)などで構成…ガラス張りにすることでノドゥルソム(ノドゥル島)~ヨイド(汝矣島)の全景が鑑賞可能 7月16日グランドオープン、7月1日から予約可能…ヨイド(汝矣島)・チャムシル(蚕室)などの水上宿泊インフラを拡充する計画 ハンガン(漢江)大橋の上に韓国初の橋上ホテルがいよいよベールを脱いだ。 ソウル市はソウルのシンボルであるハンガン(漢江)が眺望できる特別な宿泊施設「ハンガン(漢江)大橋展望ホテル」を28日(火)に公開した。グランドオープンは7月16日(火)の予定。 「展望ホテル」はハンガン(漢江)大橋の上部(ソウル市ヨンサン(龍山)区ヤンニョンロ495)にあったチクニョ(織女)カフェをリニューアルした宿泊施設。Airbnbとの共同企画・制作で誕生したこの空間は、ソウル市の「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」の一環である。 「Sky Suite」は144.13㎡規模(約44坪)で、寝室、リビング、バスルーム、ミニキッチンなどで構成され、最大4人まで宿泊できる。寝室の南西側がガラス張りになっているため、ノドゥルソム(ノドゥル島)からヨイド(汝矣島)まで続くハンガン(漢江)の美しい全景が一望できるという点がポイント。 「Sky Suite」の予約は、7月1日(月)からグローバルオンライン宿泊プラットフォームAirbnb(airbnb.co.kr/skysuite)からできる。宿泊料金は2つの不動産鑑定専門会社による鑑定を経て、最低34万5,000ウォンから最高50万ウォンまでと算出された。宿泊費は今年6月、ソウル市議会の定例会を経て条例で設定される予定だ。 ソウル市は今回の「Sky Suite」の開館をきっかけにAirbnbと定期的にグローバル広報イベントを開催し、ハンガン(漢江)を含むソウルの魅力を世界に発信する計画だ。 特に、毎年10月にヨイド(汝矣島)で開催されるソウル世界花火祭りをはじめとするハンガン(漢江)の多様な祭りや、グローバル芸術島として造成しているノドゥルソム(ノドゥル島)と連携したイベントを通じて多くの観光客の注目を集める方針だ。 オ・セフン(呉世勲)ソウル市長は、「ハンガン(漢江)はソウル、ひいては韓国の歴史と未来が共存する非常に魅力的な空間だが、これまで他の先進国に比べて水上インフラの利用が十分に活性化されていなかった面があり、残念に思っていた」とし、「今回のハンガン(漢江)大橋『Sky Suite』のオープンを機に、ハンガン(漢江)とソウルの魅力を世界に発信することができるはず」と述べた。 ※写真提供:ソウル市・Airbnb共同提供 Sky Suiteの全景 Sky Suiteの寝室 Sky Suiteのリビング Sky Suiteのリビング Sky Suiteのバスルーム