メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

福祉/健康/安全ニュース

  • 市民の安全に同行する犬…1424チームのソウル伴侶犬パトロール隊が活動開始

  • ソウル市総合ニュース SMG 932
    • 今年、新規パトロール隊467チームが加わり、全区で計1,424チームが地域パトロール活動を実施
    • 愛犬と飼い主が一緒に散歩しながら犯罪や危険要素を発見…昨年約2,600件通報

    深夜に怪我で倒れている行方不明者を発見して家族に引き渡し、校内暴力の現場を目撃して生徒を保護するなど、まちの隅々をパトロールして住民の安全を守る「伴侶犬パトロール隊」が注目を集めている。

    ソウル市はまちの安全を守る「伴侶犬パトロール隊」が来週から活動を開始すると明らかにした。従来の957チームに新たに467チームを加えた計1,424チームが活躍する予定だ。

    2022年に64チームでスタートした「伴侶犬パトロール隊」は、市民の積極的な参加と大きな支持を受け、昨年はソウル全域で1,011チームが合計4万8,431件のパトロール活動を行い、112(警察庁)への通報331件、120(ソウル市)への通報2,263件を行うなど、まちの治安を守ってきた。

    ソウル市は地域パトロールの効率化や住民の安全強化を図るべく、「伴侶犬パトロール隊」を常時募集に切り替え、より多くの愛犬と飼い主が参加できるようにする方針だ。今年は2千チームの参加を目標としている。

    ※申込のためのホームページ:http://petrol.or.kr/

    さらに「伴侶犬パトロール隊」は毎月最終水曜日、安全施設物の点検、女性安心帰宅、飼い主のマナーについてのキャンペーンなど、地域に合ったテーマで定期的な合同パトロールを行う計画だ。

    オ・セフン(呉世勲)ソウル市長は「韓国のペット人口は1,500万人に達している。このような状況で『ソウル伴侶犬パトロール隊』は散歩中に犯罪や危険が予防できる新しい同行政策となる」とし、「愛犬と散歩しながらこれまで見落としていた場所や見過ごしていた人々に対してもう一度関心を向ける『伴侶犬パトロール隊』の善行を応援し、安心して暮らせる安全なソウルづくりに努めたい」と述べた。

    ソウル伴侶犬パトロール隊の活動写真

    <わが町のパトロール中、設置物の損傷を通報>

    <路上寝を発見して通報>

    <わが町のパトロール中、不法投棄物を通報>

    <通報を受けた不法投棄物の処理を完了>

    <2023年伴侶犬パトロール隊合同パトロール及び犯罪予防キャンペーン>

    <2023年優秀パトロールチーム表彰式>

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に