メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

交通ニュース

  • 出勤時間のソウル地下鉄4号線、座席なし電車をテスト運行

  • ソウル市総合ニュース SMG 515
    • 10日の出勤時間から、4号線の1つの編成において、1車両のみ座席なしの電車を投入
    • 混雑率が40%に改善し、1車両あたり12.6㎡の登場面積が確保されるため、乗客の利便性向上を期待

    10日より、4号線を座席なしの電車が走る。ソウル交通公社は、10日の出勤時間から、4号線において混雑緩和のため座席を改良した電車車両の準備を終えており、運行を開始すると発表した。

    今回のテスト事業実施により、4号線の1編成の1車両において、座席が取り払われる。4号線は、2023年第3四半期基準において最高混雑度が193.4%と、1~8号線のうちもっとも高い混雑度を示している。混み合う4号線をテスト事業対象に選定することで、混雑度改善効果を検証する予定だ。

    *各号線の混雑度状況(2023年第3四半期基準)

    *各号線の混雑度状況(2023年第3四半期基準)
    年度 1号線 2号線 3号線 4号線 5号線 6号線 7号線 8号線
    2022年第4四半期 105.6% 172.3% 154.8% 185.5% 140.9% 113.8% 160.6% 136.8%
    2023年第3四半期 108.2% 148.6% 144.2% 193.4% 130.9% 111.6% 164.2% 140.0%

    今回の地下鉄4号線の混雑緩和に向けた座席なしのテスト電車運行は、電動車に適用された初の事例となる。座席を取り払った場合、地下鉄の混雑度は最大40%にまで改善され、1車両あたり12.6㎡の搭乗面積を確保して乗客の利便性アップに貢献すると見込んでいる。

    ※ 座席撤去による期待効果(2023年第3四半期基準)

    ※ 座席撤去による期待効果(2023年第3四半期基準)
    区分 変更前 (改善) 7人席のみ撤去(42人確保)
    搭乗人数 混雑率
    定員(160人) 混雑率 100% 160人 79.2% (△20.8%)
    混雑 (320人) 混雑率 200% 320人 158.4% (△41.6%)
    効果 4号線 混雑率 193.4%(310人) 310人 153.4% (△40.0%)

    今後、公社はテスト列車の運行モニタリングと共に、混雑解消についての効果検証を行い、拡大について検討する予定だ。

    4号線1編成1車両のテスト電車の写真

    全体の写真

    個別の写真

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に