メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

福祉/健康/安全ニュース

  • 入国前陰性確認書提出の中断 (検疫の簡素化)

  • ソウル市総合ニュース SMG 789

    Family Travel

    政府は、9月3日から入国前新型コロナ陰性確認書の提出義務を中断する。

    入国後1日目のPCR検査は、感染者の早期発見と流入した変異株の監視のため現状通りに維持し、すべての入国者が検査結果を迅速に検疫情報事前入力システム(Q-code)に登録できるよう督励する計画である。

    ** (入国政策) 接種完了者の隔離免除 (4月1日~) → 迅速抗原検査を並行認定(5月23日~) → 6・7日目の検査の中断(6月1日~) → 入国客全数隔離免除 (6月8日~)

    今回の政策改編は、オミクロン株の流行以降、韓国内の重症化率・致命率が継続的に減少していることを受けて、ソーシャル・ディスタンシング等の一律的な感染拡大抑制よりは高リスク群の保護に重点を置くという韓国内の防疫基調を背景にしており、コンスタントに増加傾向にある海外入国客が感染している場合、現地滞在に伴う困難や新型コロナの長期化により海外の国における検査・管理がおろそかになっている点などを考慮して、専門家の意見を聴取したうえで関連部署の論議を通じて決定した。

    (参考) Q-code(検疫情報事前入力システム)(9月5日~)

    (目的) 海外入国者は検疫情報を入国前に入力しておき、QRコード読み取りを通じて検疫を実施 → 検疫所要時間の短縮及び入力情報を活用した事後管理の強化

    (内容) △個人情報(パスポート番号等)、△入国及び滞在情報(出発国、航空便、韓国内滞在地、連絡先等)、△検疫関連情報等を入力してからQRコードを発行(または印刷)、△入国後1日目検査を登録

    * Q-codeアクセスアドレス:https://cov19ent.kdca.go.kr

    <簡素化の内容>

    簡素化の内容
    区分 変更前 変更後(9月5日~)
    ① 入国前検査(PCR等)情報 ×
    ② 「健康状態質問書」情報

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に