メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

プレスリリース

  • 世界最大のeスポーツイベント「23年 リーグ・オブ・レジェンド ワールドチャンピオンシップ」決勝戦ソウルの高尺スカイドームで開催

  • プレスリリース SMG 265
    • 11月19日、ソウルの高尺スカイドームでチャンピオンシップ決勝戦…ソウルPRと観光効果期待
    • 韓国内決勝戦だけで2万人の観客が参加…高尺ドームでK-カルチャーのブームを巻き起こしていく狙い
    • ソウル市、ゲーム制作から事業化までワンストップで支援し、ゲーム産業界に対するサポートに注力
    • 光化門の街頭応援、ポップアップストア、eスポーツ体験など、ソウルを挙げてeスポーツ祭りを開催

    世界で最も人気のあるeスポーツである「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends, 以下LoL)」の最強チームを競う「2023 LoL ワールドチャンピオンシップ」決勝戦が11月19日(日)、韓国最大規模の室内競技場であるソウル高尺スカイドームで開催される。LoLは、2023年9月に予定されている第19回アジア競技大会(杭州)の正式種目に採択された。

    今年の1月10日17時(現地時間)アメリカLAにあるライアットゲームズは、LoLの23年シーズン開幕を発表。「2023 LoL ワールドチャンピオンシップ」を韓国で開催することを明かし、開催都市ソウルが注目された。

    「2023 LoL ワールドチャンピオンシップ」は、各国のリーグで上位になったチームが集まって、当該シーズンの最強チームを競う大会。世界のeスポーツ大会の中で最も多い視聴者数記録を持っている。21年基準、7,386人が同時に視聴した。

    ソウル市は、「2023 LoL ワールドチャンピオンシップ」の誘致のために昨年5月からソウル観光財団・韓国eスポット協会と一緒に主催会社のライアットゲームズ、ライアットゲームズコリアの関係者らと協議し、「2023 LoL ワールドチャンピオンシップ」開催場所の高尺スカイドーム、大会運営方式などについて話し合ってきた。また、今後の大会運営におけるESGの実践、中小規模のゲーム会社との共生協約締結にも合意した。

    なお、市はこのような大型イベントをきっかけにより多くの外国人観光客がソウルを訪問し、ソウルの多彩な魅力を体験できるようにイベント連携旅行商品を開発するなど、観光客の誘致に拍車をかける。

    一方、4月8日(土)~9日(日)の2日間、韓国eスポーツの最強者を競う「リーグ・オブ・レジェンドチャンピオンスコリア()LCK」決勝戦がソウルの蚕室室内体育館で開催された。ソウル市とLCKが初めて共同主催した今回の大会には、2万人余りの観客が参加し、「ロールドカップ」への熱気が伝わった。

    市は、未来のコメとも言えるゲーム産業やeスポーツの発展に向けて、ゲームの製作から事業化までワンストップで支援している。今後、海外マーケット参加をサポートするなど、中小規模のゲーム会社の海外進出まで支援の範囲を広げていく計画だ。

    市は、今回のロールドカップ共同開催が、eスポーツ産業の成長や発展に大変重要な意味があるだけに、主管会社とともにeスポーツ文化ツアー、人材育成、光化門街頭応援などを通じて、eスポーツ産業に対する知名度を引き上げるなど、「世界ゲーム都市、ソウル」に向けて本格的に取り組んでいく。

    ソウル市のキム・イスン行政1副市長は、「ソウル市がeスポーツ産業育成政策を本格的に推進していく今、『2023 LoL ワールドチャンピオンシップ』を誘致できたのは、非常に意義深い」とし、「今回の大会を通じてソウル市のeスポーツ産業がグレードアップし、より多くの観光客がソウルを訪れ、観光マイス産業にも役に立てればと思う」と述べた。また「今後もより多くの国際イベントをソウルに誘致するために取り組んでいきたい」と付け加えた。

    添付 ソウルの高尺スカイドーム

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に