メインコンテンツに移動
T T

今月のフォト

  • プッカンサン(北漢山)

  • 今月のフォト SMG 3115

    プッカンサン(北漢山)は、ナムサン(南山)やハンガン(漢江)とともにソウルでも指折りの自然スポットで、ハンガン(漢江)の北側にあることから「プッカンサン(北漢山)」と名付けられました。また別名として「サムガクサン(三角山)」とも呼ばれていますが、これはプッカンサン(北漢山)にペグンデ(白雲台)・インスボン(仁寿峰)・マンギョンボン(万景峰)という3つの峰があることから由来しています。

    この3つの峰のうちインスボン(仁寿峰)は、かつて「プアアク(負児嶽)」と呼ばれていたそうです。プア(負児)とは「母親が子供をおんぶしている姿」という意味ですが、その発音がなんだか人の笑い声(ブハハハ)に似ていて面白いですね。

    それからプッカンサン(北漢山)の自慢の1つは、秋の紅葉です。山は四季折々に違った表情を見せてくれますが、秋の紅葉に染まったプッカンサン(北漢山)は、まるで華やかに着飾った美しい女性のようにも見えます。

    その美しい姿を一目見ようと、秋にはプッカンサン(北漢山)の紅葉を見に、全国から大勢の人々が訪れます。

    秋のプッカンサン(北漢山)が醸し出す華やかな紅葉を、今すぐご堪能ください。

    澄んだ空の下、紅葉で赤く染まったプッカンサン(北漢山)の全景

    緑の木々が生い茂るプッカンサン(北漢山)の散策路を歩く人々

    赤い紅葉や黄色いイチョウの木々が立ち並ぶプッカンサン(北漢山)の登山道

    プッカンサン(北漢山)の赤く色づいたもみじの葉

    紅葉で色づいた木々の間に続くプッカンサン(北漢山)の岩壁コース

    紅葉で色づいた木々の間に続くプッカンサン(北漢山)の散策路を歩く夫婦

    プッカンサン(北漢山)の岩壁コースを上り下りする人々

    赤や黄色に色づいた木の間に続くプッカンサン(北漢山)の散策路

    赤や黄色に色づいた木の間に続くプッカンサン(北漢山)の岩壁コース

    頂上から眺めたプッカンサン(北漢山)の散策路と青い空

    プッカンサン(北漢山)のバウィ登山道を登る人々

    プッカンサン(北漢山)の頂上で景色の写真を撮っている女性

    プッカンサン(北漢山)の頂上に座ってソウル市内を見下ろす人々

    プッカンサン(北漢山)の頂上に座って休息をとる人々

    プッカンサン(北漢山)の頂上から眺めたソウルの風景