メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

ソウル通信

ソウル通信

オリンピックデロ(大路)上にパンポ(盤浦)とハンガン(漢江)をつなぐソウル初の空中公園…庭園と小道のある生態公園へ

都市建築ニュース

2024/06/13 112

オリンピックデロ(大路)上にパンポ(盤浦)とハンガン(漢江)をつなぐソウル初の空中公園…庭園と小道のある生態公園へ

ソウル市、「パンポ(盤浦)地区ハンガン(漢江)連結公園および文化施設の造成」に関する国際設計コンペの当選作を発表 ユン・ドンジュ(尹東柱)文学館を建築した建築家のイ・ソジンと、ヴェネチア・ビエンナーレで韓国館の総監督を務めた建築家のシン・ヘウォンの案が選定 2027年に完成予定のパンポドン(盤浦洞)ハンガン(漢江)沿いのオリンピックデロ(大路)上部の1万㎡規模に及ぶソウル初の空中公園が、庭園や森の遊び場、小道、散策路を備えた生態公園として造成される。この空中公園はシンバンポロ(新盤浦路)~パンポ(盤浦)ハンガン(漢江)地区を徒歩で行き来できる歩行路であり、ソウルを一つの大きな庭園にするというオ・セフン(呉世勲)市長のビジョンが反映された代表的な空中庭園になるものと期待されている。 ソウル市は「パンポ(盤浦)地区ハンガン(漢江)連結公園および文化施設」の造成に関する国際設計コンペの最終当選作として、ユン・ドンジュ(尹東柱)文学館の建築でソウル特別市建築賞大賞(2014年)を受賞した建築家のイ・ソジン(LEEON ARCHITECTS代表)と、ヴェネチア・ビエンナーレ(2020年)で韓国館の総監督を務めた建築家のシン・ヘウォン(オーストラリア・モナシュ大学教授)、チューリッヒの景観設計会社Studio Vulkanのルカス・シュヴァイングルーバー(Lukas Schweingruber)による共同作品が選ばれたと発表した。 今回の設計コンペで当選作に選定されたチームは、「都市及び住居環境整備法」に基づき、今年9月に開催されるパンポ(盤浦)住公1団地(1・2・4住区)組合総会での決議を経て最終設計者として選任される予定だ。 * プロジェクトソウルのホームページ(英語) : https://project.seoul.go.kr/view/viewDetailArch.do 当選作の鳥観図 ハンガン(漢江)から眺めた風景 オリンピックロ上部に造成される生態公園 文化施設
ソウル市、香港企業の誘致に着手…グローバル企業の誘致に拍車

経済ニュース

2024/06/12 195

ソウル市、香港企業の誘致に着手…グローバル企業の誘致に拍車

6月11日(火)、香港で開催された「ソウルフォワード」にグローバル企業100社が参加し、参加企業の3社とソウル進出に関するMOUを締結 グローバル企業の定着に向け、FDI(海外直接投資)オールインワンパッケージ〜ヨイド(汝矣島)国際金融オフィスなど入居スペースまで段階的に支援 ソウル市は6月11日(火)、海外企業や人材の誘致を通じてグローバルTop5都市へ飛躍するための企業誘致説明会「ソウルフォワード(Seoul Forward)」を香港のホテルアレクサンドラ(Hotel Alexandra)で開催した。 香港に所在するグローバル企業および現地企業100社が参加した同説明会で、市はソウル進出の魅力を紹介し、ソウル進出を希望する有望企業3社*とMOU締結式を行った。 * Qstem(細胞を基盤とする毛髪再生新薬の開発)、APOP(高性能コンピューティング向けの集積回路やAIチップの設計を行うソリューション会社)、Quantbit(テキストから画像やビデオを生成する生成型AIソリューション会社) より安定的にソウルに進出・定着できるよう、MOUを締結した3社にはソウル市の投資誘致専門機関「インベストソウル(Invest Seoul)」から事前の市場調査や法人設立、労務・法務などの経営支援、オフィス賃貸サポートなど、ソウル進出に必要な全ての過程を支援する「オールインワンパッケージ」が提供される。 市は今後もソウル進出を希望するグローバル企業を積極的に発掘する方針だ。 「ソウルフォワード」のポスター
オ・セフン(呉世勲)印「ソウル子供発達支援センター」開所1年…コロナ禍を過ごした幼児計6,031人に検査を実施

ニュース

2024/06/12 187

オ・セフン(呉世勲)印「ソウル子供発達支援センター」開所1年…コロナ禍を過ごした幼児計6,031人に検査を実施

無料の発達検査から相談、治療連携までワンストップで支援…開所1年で計6,031人を支援 保護者・保育現場から好評…保護者の96%、保育士の98%が「必要な事業」と回答、詳細事業に対する満足度は95%以上 ソウル市の「誕生応援ソウルプロジェクト」の一環として昨年6月、全国で初めてオープンした「ソウル子供発達支援センター」が養育者から好評を受け続け、開所1週年を迎えた。 「ソウル子供発達支援センター」は、口の形を見たりして言葉を学ぶ乳幼児期にコロナ禍による長時間のマスク着用で言語に触れる機会が減った一方、スマートフォンの使用は増えたことで社会性や認知の発達に支障をきたす可能性があるという懸念から誕生した。乳幼児の健康と発達をサポートする目的で無料の発達検査から相談、治療機関との連携までワンストップで支援を行っている。 開所して1年間、計6,031人が無料の発達検査と相談を受けた。検査の結果、「要観察」児童(248人)は親と一緒に発達遅滞を予防するための集団プログラムに参加し、「要支援」児童(142人)はセンターが提供する無料の詳細検査を受けるなど、検査結果に応じた事後管理が一緒に行われた。 2023年に実施した満足度調査の結果、「ソウル子供発達支援センター」の発達検査は養育者の96%、保育士の98%が「必要な事業」と回答するなど、養育者と保育現場の両方から高い評価を得ている。 乳幼児の健康な成長・発達に関心のある養育者は、「ソウル子供発達支援センター」のホームページ(韓国語)(www.seoul-i.kr)から発達検査の申請・相談ができる。 ソウル子供発達支援センターのポスター ソウル子供発達支援センターの事業概要   検査対象   〇保育所向け移動する発達検査:ソウル市の保育所に通う幼児(1歳児クラス) 〇オンライン発達検査:ソウル市在住の18~36か月の児童(家庭保育中)         運営時間 昼間(月~金9~18時/土10~17時)、夜間(火・木18~20時)       場所・連絡先 ソウル家族プラザ2階(トンジャク(銅雀)区テバンドン(大方洞)) ☎+82-2-3280-6311ホームページ:ソウル子供発達支援センター(www.seoul-i.kr) □ 発達検査・相談     移動する発達検査 オンライン発達検査 結果に関するご相談 「ソウル子供発達支援センター」開所式(2023年6月8日)
ソウルを愛する外国人の方を名誉市民候補者に推薦してください

国際交流ニュース

2024/06/11 238

ソウルを愛する外国人の方を名誉市民候補者に推薦してください

ソウル市、外国人名誉市民候補者の推薦を6月28日(金)まで受付…連署でも可能 始まりは1958年の功労市民…ソウルの名誉を高めた100か国932人が名誉市民として選定 ソウル市は、ソウルへの深い愛情を持って市政の発展に貢献した外国人について「ソウル特別市外国人名誉市民」候補者として6月28日(金)まで推薦を受け付けると発表した。 ソウル市は1958年から現在まで合計100か国932人の外国人を「ソウル市外国人名誉市民」に選定してきた。中国の有名な俳優のジャッキー・チェン(1999年)、2002FIFAワールドカップベスト4入りの立役者フース・ヒディンク(2002年)など、経済・文化・福祉など様々な分野で活躍して市政の発展に貢献した外国人や、ソウルを訪問した外国の貴賓、駐韓外交使節など、各界各層の人物がソウルを輝かせた名誉市民に選ばれた。 「ソウル特別市外国人名誉市民」の推薦対象者は公告日(5月31日)現在、ソウルに3年以上在住(あるいは累計滞在期間が5年以上)している外国人のうち、▲対内外的にソウル特別市の名誉を著しく高めた者、▲市民の生活・文化活動の増進に大きく貢献した者、▲ソウル市の経済発展に大きく貢献した者、▲科学・技術などの分野において先進的な技術の導入に大きく貢献した者などと定められている。 ソウル市外国人名誉市民の推薦方法 □外国人名誉市民の推薦対象者の資格要件 〇ソウル市に3年以上在住しているか、累計滞在期間が5年以上の外国人であり、 〇対内外的にソウル市の名誉の向上、文化・福祉の増進、経済発展などに貢献した者 ※大韓民国出入国管理局に外国人登録を行った者に限る(登録免除者を含む) □推薦権者 〇公共団体の長または社会団体の長 〇30人以上のソウル市民(連署が必要) □受付期間:2024年5月31日(金)~6月28日(金) ※4週間 □受付方法:窓口・郵送・電子メールのうちいずれか1つ(締切日(2024年6月28日)消印有効) ※オンライン(電子メール)での受付の場合、必要に応じて原本書類の提出が求められる可能性あり □提出書類 〇推薦書(推薦者の押印を含む)及び対象者の写真1枚 ※推薦書の書式はソウル市ホームページ(韓国語版)「市政ニュース(告示・公告)」からダウンロード可能 〇外国人登録事実証明書(在留地変更事項をすべて含む) 〇名誉市民誓約書 〇個人情報の利用に関する同意書 〇功績を証明する資料 □受付先:ソウル市庁国際交流課 〇住所:ソウル特別市チュン(中)区セジョンデロ110 ソウル市庁8階 国際協力課・名誉市民係(郵便番号:04524) 〇メールアドレス:seoulhonorary@seoul.go.kr 〇電話番号:☎+82-2-2133-5269

ギャラリー

マルチメディア

詳細はこちら