メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

ニュース

ソウル通信

ソウル市、東南アジア最大の水博覧会「シンガポール国際水週間2024(SIWW2024)ウォーターエキスポ」で「ソウルウォーター(Seoul Water)」アリスを広報

国際交流ニュース

2024/06/20 19

ソウル市、東南アジア最大の水博覧会「シンガポール国際水週間2024(SIWW2024)ウォーターエキスポ」で「ソウルウォーター(Seoul Water)」アリスを広報

100%高度浄水処理による水の生産、世界最高レベルの厳しい水質管理、流水率などについて広報 ソウル市は6月19日から21日までの3日間開催される東南アジア最大の水博覧会「シンガポール国際水週間2024(SIWW2024)ウォーターエキスポ」に参加し、世界各国の水産業分野のグローバル企業や政府、都市、専門家などに対し、世界最高レベルのソウル市の水道水について広報する。 ソウル市は「シンガポール国際水週間2024ウォーターエキスポ」でソウルウォーター(Seoul Water)広報館を初めて単独運営する。市は広報館を通じて世界で認められているソウルウォーターの素晴らしさを積極的にアピールする計画だ。 ソウル市は世界最高レベルの水道水の生産・供給管理技術についても広報する。100%高度浄水処理による水の生産、世界保健機関(WHO)が定める検査項目の2倍以上の352項目に及ぶ厳格な水質管理、漏水防止による上水道管の先制的な管理、供給量と漏水量を科学的に分析する流水率の管理、上水道情報をリアルタイムで確認できる「デジタルアリスONシステム」を重点的に紹介する。 これまでソウル市は2009年に国連公共サービス賞、2010年に国際水協会(IWA)水産業革新賞を受賞し、2016年にはISO22000食品安全マネジメントシステム、2000年ISO14001環境マネジメントシステム、2022年ISO45001労働安全衛生マネジメントシステムなど国際基準のISO認証を取得している。 広報館の試案
「手首ドクター9988」参加者数100万人突破、18日(火)にクァンファムン(光化門)広場で市民向けイベントを開催

福祉/健康/安全ニュース

2024/06/18 103

「手首ドクター9988」参加者数100万人突破、18日(火)にクァンファムン(光化門)広場で市民向けイベントを開催

2024年3月4日に常時募集体制へ移行してから3か月間で55万人が新規参加し、累計参加者数は100万人を突破 オ・セフン(呉世勲)印の健康管理サービス「手首ドクター9988」が参加者数100万人を早期達成し、市民の日常に溶け込んだ「健康同行」サービスとして新たな歴史を切り開いた。ソウル市は6月18日(火)、同サービスの参加者が加わる参加者数100万人突破記念イベントをクァンファムン(光化門)広場で行う予定だ。下半期からは「手首ドクター9988」アプリのUIや機能を改善し、心身両方の健康をケアすることができる「統合健康管理サービス」を提供する計画だ。 ソウル市の発表によると、「手首ドクター9988」事業の参加者数は去年までの45万人に加え、今年3月に常時募集体制に移行して以来3か月間(3月4日~6月11日)で55万人が新規登録し、100万人の募集という目標を早期達成した。 オ・セフン(呉世勲)市長は6月18日(火)、クァンファムン(光化門)広場で「手首ドクター9988」の参加者と一緒に参加者数100万人突破を記念するとともに、ウォーキングが自身の健康のみならず、CO2削減による気候変動への対応など、地球の健康にも役立つという意味を込めて「無動力トレッドミルウォーキングチャレンジ」を実施する。キャンペーンでの歩数に応じて寄付が行われる予定だ。 また、ソウル市は「手首ドクター9988」や健康管理に対する市民の熱い声援に応えるべく、今年9月からはソウル市メタボリックシンドローム管理サービスとメンタルヘルスケアサービスを、2025年からは禁煙管理サービスを「手首ドクター9988」アプリから利用できるようにするなど、健康管理サービスをさらに多様化していく方針だ。 *「手首ドクター9988」のホームページ:https://onhealth.seoul.go.kr/main 「手首ドクター9988」参加者数の現状(累計100万人) 「手首ドクター9988」参加者数の年度別募集状況 年代別参加割合の推移 参加者の1日あたりの平均歩数
ソウル野外図書館、昨年のIFLA「グリーンライブラリー賞」受賞に続き、今年は「国際マーケティング賞」を受賞

文化/観光ニュース

2024/06/18 131

ソウル野外図書館、昨年のIFLA「グリーンライブラリー賞」受賞に続き、今年は「国際マーケティング賞」を受賞

図書館分野において最高権威の国際機関「国際図書館連盟(IFLA)」より2年連続で国際賞を受賞 開館8週間で100万人が利用…11月まで休館なし・夏季は夜間運営 ソウル図書館は去年、約2万1千か所に及ぶ韓国の図書館の中で初めて国際図書館連盟(IFLA)が主管する「Green Library Award 2023(グリーンライブラリー賞2023)」を受賞したことに続き、今年は韓国の図書館の中では唯一「PressReader International Marketing Award 2024(国際マーケティング賞2024)」を受賞した。韓国初の2年連続受賞という快挙となる。 今回受賞した「PressReader International Marketing Award 2024」は、図書館分野のマーケティングに革新的な貢献を果たし、クリエイティブなマーケティングプロジェクトを行った機関に授与されるもので、ソウル図書館は同部門で2位に輝いた。 特に、静かで重々しい雰囲気の中で一人でするものと思われてきた「読書」を、青い空と芝生のある屋外空間で家族や友人と一緒にくつろぎながら楽しめる雰囲気を作ることで、図書館へのハードルを下げることにも成功したと評価された。 さらに、審査員たちは誰もが利用できる安全な読書文化・環境づくりを実現し、公共の場を「学びと革新」「社会統合」の場へと転換させたソウル野外図書館の戦略に注目し、図書館マーケティングのモデルケースになると述べた。 一方、市民の好評に応えるべく、ソウル野外図書館は今年から従来のソウル広場(木曜日~日曜日、週4回)とクァンファムン(光化門)広場(金曜日~日曜日、週3回)だけでなく、チョンゲチョン(清渓川)(4~6月/9~10月、週2回)にまで運営場所を拡大し、運営回数も昨年の103回から今年は196回に増やす。 ソウル市は4月18日の開館から8週間で約100万人の市民がソウル野外図書館を訪れて、特に外国人訪問客の著しい増加が目立つと補足した。 国際マーケティング賞受賞の広報画像
ソウル、世界300都市のうち「創業しやすい都市」9位にランクイン…過去最高順位

経済ニュース

2024/06/17 182

ソウル、世界300都市のうち「創業しやすい都市」9位にランクイン…過去最高順位

グローバル・スタートアップ・エコシステム評価機関のスタートアップ・ゲノム(Startup Genome)が発表(6月10日)…ソウルは300都市のうち9位にランクイン 資金調達部門でアジア都市の中で1位、ビジョン2030ファンドなど投資氷河期を乗り越える努力の成果 ソウルの得意産業として「AI・ビッグデータ・アナリティクス、バイオ、先端製造業・ロボット産業」を選定 ソウル市は世界の都市の中で「創業しやすい都市」9位に選ばれた。これは過去最高の順位で、ソウルのエコシステム価値(Startup Ecosystem Value)は2021年の54兆ウォンに比べ5倍以上増加した308兆ウォン(2,370億ドル)に達するものと評価された。 グローバル・スタートアップ・エコシステム評価機関であるスタートアップ・ゲノム(Startup Genome、米国)は6月10日(月)(ロンドン現地時間)、世界300都市を対象に実施した調査結果をまとめた「グローバル・スタートアップ・エコシステム・レポート(Global Startup Ecosystem Report 2024)」を発表した。ソウルは世界300都市の中で過去最高順位の9位にランクインした。これはヨーロッパを代表するスタートアップ都市のパリ(14位)とベルリン(15位)よりも高い順位となる。 今年の「グローバル・スタートアップ・エコシステム・レポート」によると、ソウルは5つの評価項目のうち、①資金調達(10点)、②パフォーマンス(9点)、③人材と経験(9点)、④知識(9点)の4項目で10点満点の9点以上を獲得し、非常に高いスコアを記録した。さらに、⑤市場リーチ項目では2023年の1点から大幅に上昇した7点となった。 特に10点満点を獲得した資金調達項目では、パンデミック以降、長期間続いた投資氷河期にもかかわらず、アジアで1位、世界で5位という最高レベルの競争力が認められ、注目に値する。ソウル市が独自のファンドを組成し、バイオ・人工知能・創造産業などに積極的な投資を行った点が高く評価された。 これは2023年から「ソウルビジョン2030ファンド」を通じて2024年3月まで1兆3000億ウォンを組成するなど、持続的な投資支援に努めた結果だと考えられる。ソウル市は今後、「ソウルビジョン2030ファンド」の規模を2026年まで5兆ウォンに拡大するなど、政策金融の支援を持続的に拡大する方針だ。 グローバル・スタートアップ・エコシステムTop20 グローバル・スタートアップ・エコシステムTop20 順位 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 1 シリコンバレー シリコンバレー シリコンバレー シリコンバレー シリコンバレー 2 ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク ロンドン、ニューヨーク 3 4 北京 北京 ボストン LA LA、テルアビブ 5 ボストン ボストン ベルリン テルアビブ 6 テルアビブ、LA LA LA ボストン ボストン 7...   Read more

ギャラリー

マルチメディア

詳細はこちら