メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

미분류

  • チョンゲチョン(清渓川)

  • 미분류 SMG 1,443
    チョンゲチョン(清渓川)は、自然河川と人工河川が合わさった形態で、ソウルのあらゆる水はチョンゲチョン(清渓川)に集まって東に向かって流れ、チュンナンチョン(中浪川)と合流して西へと向きを変え、ハンガン(漢江)にたどり着きます。チョンゲチョン(清渓川)復元事業により、現在のように観光名所となりました。 観光名所として新しく生まれ変わり、オープンしたチョンゲチョン(清渓川)には、2005年から2015年までの10年間において約1億9千万人の人々が韓国・海外から訪れました。それほどたくさんの人々を集めるチョンゲチョン(清渓川)には、その存在感に相応しく、さまざまなお祭りが開催されます。 特につい先日には、2021ソウル・ランタンフェスティバルが開催されました。これまで13年間にわたりチョンゲチョン(清渓川)にて開催されているソウル・ランタンフェスティバルは、韓紙の燈籠を中心に、さまざまな光のオブジェを展示するお祭りです。毎年、さまざまなテーマに合わせたランタンを披露し、たくさんの人々に親しまれています。 今年2021年には、新型コロナにより疲労を感じている市民を癒すべく、「光に染まるソウル・ヒーリングの森」というコンセプトで開催されました。 フェスティバルを実地で体験できなかったなら、その名残惜しさを写真でなぐさめてみましょう。 *住所:ソウル市チョンノ(鍾路)区チャンシンドン(昌信洞) ソウル・ランタンフェスティバルのオブジェを眺めるチョンゲチョン(清渓川)通りの人々 チョンゲチョン(清渓川)で開催されるソウル・ランタンフェスティバルの蓮の花オブジェを眺めるソウル市民 チョンゲチョン(清渓川)で開催されているソウル・ランタンフェスティバルのオブジェを撮影するソウル市民 チョンゲチョン(清渓川)で開催されているソウル・ランタンフェスティバルの彩り鮮やかな蓮の花のオブジェ 上から眺めたチョンゲチョン(清渓川)とソウル・ランタンフェスティバルのオブジェ 夜に明るく輝くチョンゲチョン(清渓川)のソウル・ランタンフェスティバルのオブジェ 昼に木の葉越しに見えるソウル・ランタンフェスティバルのオブジェ チョンゲチョン(清渓川)の散策路の脇を飾る壁画と人々 夕暮れ時、夕日の下チョンゲチョン(清渓川)の散策路を歩く人々 チョンゲチョン(清渓川)に降り立ったタンチョウヅル ススキや木の葉が豊かに生い茂るチョンゲチョン(清渓川)の全景 チョンゲチョン(清渓川)の上に並び立つお店の様子 チョンゲチョン(清渓川)で開催されているソウル・ランタンフェスティバルのオブジェを眺めるカップル チョンゲチョン(清渓川)の上で遊ぶランタンフェスティバルの子どものオブジェ チョンゲチョン(清渓川)を明るく照らすソウル・ランタンフェスティバルの全景

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に