メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
  • ソウル野外図書館
T T

ソウル野外図書館

ソウル野外図書館とは?

都心で自然と文化が出会う空間、
自由と知の楽しみが調和する空間

“STORYPARK”

ソウル図書館が運営する革新的な図書館モデルには「本読むソウル広場」と「本読む澄んだ川辺」「クァンファムン(光化門)本マダン」があります。ソウル図書館はソウルを代表する図書館として、持続可能な発展に向けて環境意識の向上に積極的に取り組み、利用者が自然と触れ合い、環境の価値を感じることができるよう、図書館前の広場に野外図書館を設置したことを皮切りに、世界初の「outdoor library」事業を大々的に拡大してきました。

野外図書館は、図書館の中に入らなくても屋外で自由に本を読み、文化を楽しむことができる面白い(FUN)空間として、様々な協力が行われる政策プラットフォームの役割を果たしてきました。

また、図書館を取り巻く環境の変化に対応すべく、図書館という空間の概念を既存の物理的な建物から野外にまで拡大したことで「建物のない図書館(Buildingless Library)」とも呼ばれており、屋外という利点を利用して屋内図書館サービスの限界を克服した革新的な図書館サービスを提供しています。

自然と文化が調和する「STORY PARK」ソウル野外図書館で、都市生活で忘れがちな平和と余裕を感じてみてください。
ソウルの文化と歴史が感じられる空間「ソウル広場、クァンファムン(光化門)、チョンゲチョン(清渓川)」で、世代を超えて経験を共有し、幸せを分かち合う日常の物語が生まれる都心の新しい公園にようこそ!

「本読むソウル広場」とは

都会のリビング「本読むソウル広場」
安らぎとおもてなし、調和のある、都会の人々を包み込む空間

都会の人々を包み込み、楽しさと余裕、生きる喜びが感じられる空間

ソウル広場を訪れる誰もが芝生広場でソウル図書館がキュレーションした様々なテーマの本を自由に借りて読むことができる開かれた図書館を運営しています。

平日は近隣の会社員に都心で気軽に楽しめる癒しの空間として、週末には家族みんなが幸せになる読書文化の空間としてデザインしました。

自然の中の憩いの空間

#読書 #憩い #癒し

自然の中の遊びの空間

#コミュニケーション #遊び #楽しさ

自然の中の夜の読書文化の空間

#夜 #読書 #文化

各エリアの紹介

「本読むソウル広場」の各エリアをご紹介します。

余裕

公演ゾーン

本・空・公演・映画などを楽しむ

#好みに合わせて楽しむ自然の中の文化空間

休息

リーディングゾーン

ビーンバッグに寝そべって読書で癒される

#本の文化を享受できる自然の中の余裕の空間


遊び

プレイゾーン

幸せ・余裕・知識・憩いなどで自分を満たす

#都会のリビングで楽しむ自然の中の遊びの空間

コミュニケーション

ポップアップゾーン

様々な文化プラットフォームが集まるソウルならではの楽しい経験

夜の図書館

「本読むソウル広場」の夜の図書館をご紹介します。

「野外・夜の図書館」で触れる

昼より「夜」

家より「外」

もっともっと楽しめる文化体験

#エモい異色の読書体験 #夜の読書

6月~9月、「本読むソウル広場」は涼しい風を感じながら読書が楽しめる「野外・夜の図書館」を運営します。

自然の中で寝そべっていると、心の底からリラックスできるでしょう。

#「夜の図書館」芝生シアター

毎月最終日曜日19時~21時
音楽、ミュージカル、映画、アニメ映画を上映

#夜の読書

夜空の下で楽しむエモい異色体験

6月

音楽映画

7月

アニメ映画

8月

ロードムービー

9月

ミュージカル映画

運営時間

「本読むソウル広場」の運営時間です。

2024年4月18日(木)~

11:00~18:00

平日(木曜日・金曜日)

11:00~18:00

週末(土曜日・日曜日)

16:00~21:00

2024年5月17日(金)~9月29日(日)
木金土日

※ 気象状況やその他のイベントにより、運営スケジュールが変更される場合があります。

住所・アクセス

「本読むソウル広場」の住所・アクセスです。

住所:ソウル特別市チュン(中)区セジョンデロ110

ご利用案内

「本読むソウル広場」は、市民の皆様に支えられ運営されています。

どなたにも気持ちよくご利用いただけるよう、皆でマナーを守りましょう。

注意事項

  • 配置された図書はどなたでも自由に閲覧できます。
  • 本は大切に取り扱いましょう。読み終わった本は元の書棚に戻してください。
  • 飲み物や軽食以外の飲食は禁止です。
  • 他人の迷惑となる行為はご遠慮ください。
  • 広場の芝生や設備、備品を大切に扱いましょう。
  • ペットは入場できません。

「クァンファムン(光化門)本マダン」とは

都心の休養地「クァンファムン(光化門)本マダン」
本と憩いの中で楽しさと出会いを享受できる都会の幻のような空間

今までの自分をいったん忘れ、新しい自分に出会う都心の休養地「クァンファムン(光化門)本マダン」

クァンファムン(光化門)広場で日常の幸せや大切さ、余裕を感じられるように作られた特別な野外図書館です。
ソウル野外図書館「クァンファムン(光化門)本マダン」は、いつでもあなたのために存在します。

都心で本と一緒のバカンス

「魅力ソウル」の文化プラットフォーム

屋内・屋外の多様な空間

各エリアの紹介

「クァンファムン(光化門)本マダン」の各エリアをご紹介します。

屋外

ユクチョ(六曹)マダン

今日という特別な日にプガクサン(北岳山)を背景に横たわり、本と舞台芸術プログラムを楽しみながら活力を取り戻す空間

#疲れた日常の中の憩い #都心の休養地 #活力 #山を眺めてぼーっと

街道空間

ソウルの魅力を様々な対象とつなぎ、拡大するプラットフォーム空間

#体験 #ウェルカムソウル #ローカルフード #同行・魅力ソウル

ノリマダン

日常の中の小さいけれど確かな幸せ(小確幸)、コミュニケーションと交流があるブックキャンプ空間

#日常の余裕 #憩い #自分に没頭

ヘチマダン

空を眺めながら本と一緒に憩いの時間を楽しむブックピクニック空間

#ヒーリング #本と一緒のバカンス #安らぎ #本を読んでぼーっと

屋内

セジョン(世宗)ラウンジ

アートや文化などインスピレーションで満たされる空間

#アートや本でインスピレーションを取り戻す #好み #美術 #音楽

クァンファムン(光化門)ラウンジ

知識や情報、共有を通じて余分なものをそぎ落とし、自分を満たす空間

#忙しい日常の中で自分を大切にする#自己啓発#知識#共有

運営時間

「クァンファムン(光化門)ラウンジ」の運営時間です。

2024年4月18日(木)~

10:00~20:00

クァンファムン(光化門)ラウンジ / セジョン(世宗)ラウンジ

※祝日を除き、年中無休で運営します。

11:00~18:00

野外マダン(金土日)

16:00~21:00

2024年5月17日(金)~9月29日(日)
金土日

※気象状況やその他のイベントにより、運営スケジュールが変更される場合があります。

住所・アクセス

「クァンファムン(光化門)本マダン」の住所・アクセスです。

住所:ソウル特別市チョンノ(鐘路)区セジョンデロ175 1階セジョン(世宗)文化会館1階ロビー

ご利用案内

「クァンファムン(光化門)本マダン」は、市民の皆様に支えられ運営されています。

どなたにも気持ちよくご利用いただけるよう、皆でマナーを守りましょう。

注意事項

  • 皆のために本は大切に取り扱いましょう。
  • 読み終わった本は書棚に戻すか、ブックカートの上に置いてください。
  • 多くの方にご利用いただけるよう、長時間のご利用はご遠慮ください。
  • 飲み物以外の飲食はご遠慮ください。
  • 携帯電話の通話など他人の読書の妨げになるような行為はご遠慮ください。
  • ラウンジにはゴミ箱がありませんので、ゴミは必ずお持ち帰りください。

「本読む澄んだ川辺」とは

都心で自然と文化が出会う空間「本読む澄んだ川辺」

「本読む澄んだ川辺」です。

ソウル図書館が運営する革新的な野外図書館モデル「本読む澄んだ川辺」は、都心の自然の中で本と文化を楽しむことができるソウル野外図書館です。思いやりの中でつくられる没入と余裕の空間で、自由と知の楽しさを堪能することができます。

「本読む澄んだ川辺」では、様々な年齢層が一緒に読める絵本や新刊、教養書など、約2,000冊の本が「動物書架」や「私のそばの本バスケット」に配置されています。

チョンゲチョン(清渓川)の川のせせらぎと春のワルツなど音楽に身を任せ、しばらく日常の煩わしさを忘れ、インスピレーションが湧き出る時間を過ごしてみてください。

一生残る読書ショット

「本読む澄んだ川辺」は、プロのカメラマンが撮影してくれる「一生残る読書ショット」プログラムを実施し、家族連れやカップル、職場の仲間などと思い出の写真を残すことができます。

(プログラムの実施につきましてはお知らせをご確認ください)

運営期間・場所

「本読む澄んだ川辺」の運営期間は以下の通りですが、
気象状況やその他のイベントにより、運営スケジュールが変更される場合があります。

利用期間
2024年4月18日(木)~10月26日(土)毎週金曜日・土曜日11:00~18:00
※2024年5月17日(金)~9月28日(土) (金土12:00~20:00)
場所
チョンゲチョン(清渓川)(チョンゲ(清渓)広場~モジョンギョ(毛廛橋)~クァントンギョ(広通橋))