メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

プレスリリース

  • <ソウルを愛する外国人を探しています!> ソウル市の名誉市民に推薦します

  • プレスリリース SMG 274
    • ソウル市、6月21日(月)から7月23日(金)まで「2021ソウル特別市外国人名誉市民」候補者の推薦受付け
    • 経済・文化・教育・保険など様々な分野で市政の発展に貢献したソウル在住の外国人が対象
    • 1958年の施行以来、延べ880人を選抜、審査委員会の審査や市議会の同意を経て最終決定

     ソウル市は、ソウルを愛し、経済・文化・観光など様々な分野で国民、外国人を問わずすべての人が幸せに暮らせるソウルの実現に向け貢献してきた「2021年ソウル特別市外国人名誉市民」候補者の推薦を6月21日(月)から7月23日(金)まで受付ける。  推薦の対象は告知日現在、ソウル特別市に継続して3年(または累積5年)以上居住している外国人のうち▶国内外でソウル特別市の存在感を大きく高めた者▶市民の生活や文化活動の増進に大きく貢献した者▶市の経済発展に大きく貢献した者▶科学・技術などの分野で先進技術を導入するために大きく貢献した者。  候補者を推薦できるのは、国家機関や地方自治体の長またはそれらに存立目的が付与された法人、団体、社会団体の長であり、個人が候補者を推薦する場合にはソウル市民30人以上が連署した推薦書を添付する必要がある。  推薦書の様式は【ソウル市ホームページ(http://www.seoul.go.kr)>ソウルからのお知らせ>告知・告示>「2021ソウル特別市外国人名誉市民候補者推薦のお知らせ」】から確認でき、7月23日(金)まで郵便・訪問などで受付け可能。その他、詳細はソウル特別市国際交流担当官(☎02-2133-5281)まで。  ソウル市は、受理された候補者の功績確認調査およびソウル市政と国際交流分野の専門家からなる「名誉市民証授与審査委員会」の厳正なる審査を行い、ソウル特別市議会の同意を経て最終的に受賞者を選定する。名誉市民証授賞式は今年11月に開催予定だ。  ソウル特別市外国人名誉市民制度は、1958年、戦後の都市再建に尽力した外国人に「功労市民」を授与して以来、ソウルの市政発展に寄与した外国人やソウルを訪問する外国元首、外交使節を対象に、ソウル市政の発展への功労に感謝し、友好協力の観点から授与しており、これまで延べ880人が名誉市民に選ばれている。  ソウル市のチェ・ギョンジュ国際協力官は「新型コロナウイルスで困難な状況にあるにもかかわらず、誰よりもソウルを愛し、国民、外国人を問わず、すべての人の模範となるような生き方を実践しているソウル居住の外国人の方が非常に多い。その方たちをソウル市名誉市民に選定し、感謝を伝えられるよう、候補者を積極的に推薦していただきたい」と語った。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に