メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

環境/エネルギーニュース

  • ソウル市、2022年カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)の評価において最高ランクであるAを獲得

  • ソウル市総合ニュース SMG 468

    CDP DISCLOSURE INSIGHT ACTION CITIES A LIST 2022 SEOUL

    ソウル市は、国際気候研究機関であるカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(Carbon Disclosure Project、以下、「CDP」という)にて実施した2022年の評価において、環境行動と透明性の分野で模範的な役割を果たし、最高ランクであるAリストに選定されたと発表した。

    カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)とは、世界中の企業と都市に環境情報を測定・公開・共有することのできるプラットフォームを提供しているイギリスの非営利団体で、世界的に最も多くの気候変動データを収集しているため、世界で一番広範囲かつ公信力を有するカーボン情報公開プラットフォームである。

    2022年のCDPは、合計1,002の都市を対象に評価を行い、そのうちAリストに選定された都市はわずか122都市である。評価においてAリストに選ばれるためには、温室ガスの排出減少実績を公開し、再生エネルギーの目標を設定する必要があり、さらに気候行動計画を策定し推進している必要がある。それだけでなく、リスク要素及び脆弱性評価を済ませ、気候適応計画には気候災害対応方法を含めていなくてはならない。

    CDPは、今回ソウル市がAリストに選定されたのは、世界的に経済が困難な状況にある中でも、ソウル市は気候危機に大胆に対応するリーダーシップと透明性を発揮したためであると評価した。

    ソウル市は、2011年から毎年CDPを通じて気候変動政策に関する情報を透明に公開しており、今後とも気候危機への対応及び適応政策をより強化して、世界的な気候リード都市へと成長していきたいと語った。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に