メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

交通ニュース

  • ソウル市、早朝労働者のための「自律走行早朝同行バス」運営開始…最先端交通で市民生活を照らす

  • ソウル市総合ニュース SMG 1,160
    • 2024年下半期に早朝労働者に合わせたカスタマイズ型自律走行車を運行予定、最も必要とされているところに交通政策ノウハウを適用
    • 始発の時間を早めてほしいとの市民の声に積極的に答え、始発よりも早い3時30分頃より運行することで利便性アップ

    1分でも早く出勤するために、毎日早朝、バスの始発に乗り込む乗客がいる。環境美化員、警備員などの早朝の出勤にバスを利用し、誰よりも早く朝を準備する人たちのために、ソウル市は自律走行の先端技術を組み合わせ、迅速な移動をサポートしつつ利便性も高めた「自律走行早朝同行バス」の運営を2024年に開始し、市民の生活と同行する交通政策を推進する。

    ソウル市は、早朝時間帯労働者の交通公共機関による移動の利便性を高めるための「自律走行早朝同行バス」を、2024年下半期に運営開始すると発表した。

    「自律走行早朝同行バス」は、ソウル市の有する自律走行の成果と配車・路線管理などハイレベルなバスサービスまで、優秀な政策ノウハウを組み合わせた新しい公共交通サービスである。

    特に今回の事業は、オ・セフン(呉世勲)市長の弱者同行交通政策において「庶民中心の公共交通機関の利便性増進」という重点目標があるだけに、最も必要とされているところに自律走行の創造産業を適用し、社会的弱者階層までのすべての市民が先端的な公共交通機関革新を体感することができるように企画された。

    運行時間は現在、市内バスの正式な始発である3時50分~4時よりも早い3時30分頃となる展望である。3時30分~4時頃、市内バス初発運行前に自律走行バスを先に運行させ、配車間隔を空けずに市内バスの初発を利用できるようつなぐ方法である。これまで、より早い時間帯に初発を運行してほしいとの市民の声がコンスタントに寄せられていただけに、初発が約30分早くなる効果があるため早朝出勤の不便を解消できるものとみられる。

    早朝同行バスの全景

    自律走行バス運行の全景

    一方ソウル市は、今後2025年にも早朝の時間帯の利用ニーズと混雑度などを総合的に把握し、路線の選定を拡大していく計画だ。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に