メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

ニュース

  • ソウル市、新婚夫婦の最大の悩み住居費負担を減らす…4年間4,878億投入

  • ソウル市総合ニュース SMG 491
    • 賃借保証金住宅ローン限度(2億→3億)、金利支援(3.6%→4.0%)拡大、最大10年まで支援
    • 公共結婚式場計24か所に、招待客1,000人収容可能な施設も確保…オンライン予約システムオープン
    • 心理相談から体系的な資産形成のための財務教育までカスタマイズ支援「新婚夫婦学校」運営
    • オ市長、新婚夫婦職員懇談会で「住居問題で結婚を迷わないよう支援に取り組む」
    住居費の負担は、結婚生活を始める新婚夫婦にとって最大の悩みのひとつで、深刻化する少子化の主な原因でもある。住居の安定性は、妊娠と出産を決心するに至らせる大きな要因である。実際に、新婚夫婦10組中9組が、約1億5千の借金を抱えて結婚生活をスタートしている。そんな中、ソウル市が新婚夫婦の住居費負担を減らす内容を主とする、新婚夫婦支援対策を設けた。

    新婚夫婦支援対策の主な内容は、①新婚夫婦の賃借保証金住宅ローン限度と金利支援の拡大、②公共施設を活用した「自分だけのオリジナル結婚式」の運営拡大とサービス改善、③心理相談から財務教育まで行う「新婚夫婦学校」の運営だ。4年間にわたり計4,878億ウォンを投入する。

    オ・セフン(呉世勲)市長は、「新婚夫婦の話を聞き、銀行住宅ローンの負担を減らすだけでも助けになると感じた」とし、「住居問題により結婚を先延ばしにして迷うことなく、結婚を決心した方々が安定的な住居環境で結婚生活をスタートできるよう、さまざまな政策的・財政的支援に取り組んでいく」と述べた。

    ソウル市新婚夫婦公務員たちとの茶談会

    新婚夫婦公務員4組と話を交わすオ・セフン(呉世勲)市長

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に