メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

国際交流ニュース

  • ソウル市、グローバル製薬市場1位のボストンでバイオ産業セールス実施…「ソウル投資庁・投資の夜」開催

  • ソウル市総合ニュース SMG 1,173

    • 世界最大のバイオ博覧会である米国「バイオUSA」(6月5日~8日)でソウル企業10社がセールス実施
    • グローバル製薬市場1位のボストンで65か国の企業約8千社とパートナーシップを構築…投資者を集中攻略
    • ソウル投資庁-CIC、バイオUSAが連携してソウル企業投資誘致のための「ソウル投資庁・投資の夜」を共同開催
    • 市、バイオ分野のグローバル投資誘致拡大…「ソウル」のアジアバイオ医療産業の位置を高める
    ソウル市は、北米バイオ産業の中心地である米国ボストン(6月5日~6月8日、4日間)にて開催される世界最大のバイオコンベンションイベント、「バイオ・インターナショナル・コンベンション(BIO International Convention 2023、以下「バイオUSA」とする)」に参加し、ソウル企業の投資誘致のためのセールスに乗り出す。

    ※ 「バイオUSA」とは、毎年米国で開催されているバイオ・医療分野の産業博覧会で、全世界65か国の企業約8千社とのパートナーシップ構築、技術移転、投資誘致などの可能性を模索する機会の場である。

    市は、世界的なバイオハブである「ボストン」地域の投資者を集中的に攻略して、ソウルバイオ産業の競争力を伝えて、東アジアのバイオ医療産業の投資拠点としてのソウルの位置を高める計画だ。

    同時に、ソウル市投資誘致専担機関であるソウル投資庁(Invest Seoul)は、2022年につづいて2023年も、ソウル企業のグローバル投資誘致のため、「企業選抜」から「現地投資者ミーティング」までのパッケージ支援を開始する。

    また、米国現地時間6月5日(月)の夜には、ボストンのケンダル・スクエアにある「ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC)」にて、ソウル市とCICの協業によって、「ソウル投資庁・投資の夜(Invest Seoul Pitch Night)」を共同開催する。

    ○ 当イベントには、ソウルの有望バイオ企業10社と北米地域を中心に活動中のバイオ、医療、製薬、デジタルヘルスケア分野のグローバル企業、ベンチャーキャピタル(VC)を含めて、米国現地の主なグローバル投資者約100名が参加する。

    今後とも、ソウル投資庁(Invest Seoul)は、グローバル投資者ネットワークを活用して、北米地域以外でも、さまざまな戦略地域の投資者とソウルの有望バイオ企業との継続的な投資マッチングを支援する計画だ。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に