メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

福祉/健康/安全ニュース

  • ソウル市、「アンシミアプリ」の機能強化で市民の安全な帰宅をサポート

  • ソウル市総合ニュース SMG 536
    • 『緊急通報受付、警察官を連結中』音声追加…周辺に緊急事態を知らせて関心を喚起
    • 2万3千個以上の非常ベルの位置(11月)、危険地域を回避する「安全ルート」(12月)なども提供
    • 『22万人ダウンロード「アンシミアプリ」で緊急通報、安心帰宅タクシーなど安全帰宅サービスの利用を求める』
    最近、日常における安全に対する市民の不安が高まるなか、ソウル市が安全安心な帰宅の必須アイテム「アンシミアプリ」の機能を強化して、安全な帰宅を積極的にサポートする。

    ※ 「アンシミ」とは?

    一人で歩いても安心して帰宅できるよう、自治区の防犯カメラ管制センターで防犯カメラでチェックして出動するアンシミアプリ安心帰宅タクシー、帰宅モニタリング、緊急通報など提供(英語、中国語、日本語に対応)
    ‣ 安心帰宅タクシー:乗車・下車時にタクシーナンバー+乗車時間+位置を自動的に保護者へメッセージ送信、管制スタッフによる監視、緊急通報を提供
    ‣ 帰宅モニタリング:自宅に到着するまで専担管制スタッフが防犯カメラの映像を監視して安心帰宅をサポート
    ‣ 緊急通報:通報位置周辺の防犯カメラの映像をチェックして管制スタッフと警察が情況を把握後にパトカー出動
    11月から、アンシミアプリでソウル全域の2万3千個余りの防犯非常ベルの位置を一度に確認できるようになり、12月には、緊急通報が多発した危険地域を避けて安心施設がある歩道へ行くよう安心ルートを提供する「安心マップ」サービスと、ストーキング被害者のための映像管制サービスも提供する予定だ。

    アンシミアプリは、2017年テスト運営を経て、2018年10月からソウル市全域でサービスを開始した。毎年サービス利用率は増加を続け、現在までダウンロード数は計22万4,604件(累計)、サービス利用件数は計21万1,481件(累計)を記録した。

    ※ 「アンシミアプリ」の主な機能
    ① 緊急通報
    (☞ 危険を感じたり周辺の誰かによって不安を感じる時)
    緊急事態発生時にアンシミアプリを実行(揺らす、画面タッチ、音声ボタンを連続押しなど)すると、自治区の防犯カメラ管制センターに自動的に通報され、防犯カメラ管制センターは通報者周辺の防犯カメラの映像をチェックして、警察出動までのサービスを提供
    安心アプリ画面
    ② 帰宅モニタリング
    (☞ 深夜時間帯!一人で帰宅する時)
    深夜時間帯に帰宅する市民の要請に応じて、自治区の防犯カメラ管制センターが帰宅ルートをモニタリング
    ③ 安心帰宅タクシー
    (☞ ソウルタクシーに乗って帰宅時に、乗車・下車を保護者に自動的に知らせる時)
    ソウルタクシー(7万台:法人+個人)を利用時に、保護者と防犯カメラ管制センターに乗車・下車時の「タクシーナンバー+位置+時間」を知らせて、緊急通報や帰宅モニタリングを提供
    ※ [ アプリ ➠「 」クリック➠ 保護者(最大5人)登録]
    ④ 安心帰宅スカウト予約
    (☞ 一人での帰宅が困難で同行帰宅が必要な時)
    当日いつでも予約でき、予約後に約束した場所でスカウト隊員と会って同行帰宅サービスを利用、
    同行帰宅を開始すると、管制センターが「スカウト隊員+利用者」が安全に帰宅しているか監視
    ⑤ 安心施設物情報:スマートセキュリティライト、防犯カメラ、地区隊など
    (☞ 防犯カメラ、スマートセキュリティライト、地区隊などの安全施設がある場所を通って帰宅したい時)
    自分の周辺にある安心施設物を確認でき、移動中も確認可能
    ⑥ 連携サービス
    ‣ スマートセキュリティライト:点滅(緊急通報)、点灯(帰宅モニタリング)
    ‣ 法務部位置管制センター:緊急通報時に電子足輪(GPSアンクレット)着用者の周辺を監視
    ⑦ 違法撮影の点検と探知装備レンタルの要請
    ‣ 違法撮影点検と探知装備レンタルのオンライン申請
    アンシミアプリのインストール方法
    ① ストア(Google、Apple、ONE)からダウンロード
    ② スマートフォンのアクセス許可は「確認または許可」
    ※ アプリをインストール時にスマートフォンの権限をすべて使用に設定すると、すべての機能を使用できるようになる。
    ③ サービスの利用方法を確認して「出る」をクリック
    ④ 言語設定して会員登録(個人情報の利用に同意➯ 認証 ➯ 情報入力)する
    ⑤ Bluetoothの使用を確認してサービスを利用
    Google Apple ONEストア

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に