メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

文化/観光ニュース

  • ソウルドラムフェスティバル、総合文化・芸術祭へとパワーアップ…ビートとリズムがノドゥルソム(ノドゥル島)に響き渡る

  • ソウル市総合ニュース SMG 743
    • 5月25日(土)~26(日)、「DRUM MY SOUL」というスローガンのもと、ノドゥルソム(ノドゥル島)で開催
    • ドラムなど打楽器に国楽、ロック、エレクトロニック、ビートボックスなどを融合…特色ある公演を楽しむチャンス
    • グラミー賞受賞者など世界に名を馳せるアーティストによる連続公演、「ドラムクリニック」、セミナーなどを随所で実施

    ソウルを代表する音楽フェスティバル「ソウルドラムフェスティバル」が25日(土)・26日(日)の二日間、ノドゥルソム(ノドゥル島)で開催される。1999年に始まり、今年で26回目を迎える「ソウルドラムフェスティバル」だが、特に今年はドラムなど打楽器の公演だけでなく、ピアノやギターなど様々な楽器との共演、バンドライブ、国楽やビートボックスなどが加わり、文字通り「リズム」と「ビート」が響き渡る総合文化・芸術祭となる予定だ。

    特に世界的なアーティストのラーネル・ルイス(Larnell Lewis)、日本の天才ドラマー川口千里(Senri Kawaguchi)、ピアニストの梁邦彦、ビートボックス世界王者のColapsなど海外のアーティストが大勢参加して会場を盛り上げる。

    公演だけでなく、世界的なアーティストによる「ドラムクリニック」やセミナー、ワークショッププログラムが設けられ、市民たちが全身でリズムとビートを感じる機会となる。

    ソウルドラムフェスティバルは老若男女を問わず誰でも無料で自由に観覧でき、詳細はホームページ(英語)(www.seouldrumfestival.com)または運営事務局(☎+82-2-537-7109)から確認できる。

    「2024ソウルドラムフェスティバル」のポスター

    2024 서울드럼페스티벌 seouldrumfestival.com DRUM MY SOUL 26th SEOUL DRUM FESTIVAL 2024. 5. 25.-5. 26. 노들섬

    「2023ソウルドラムフェスティバル」の写真

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に