メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
  • オ・セフン(呉世勲)市長、ハンガン(漢江)中心のグローバル魅力都市の青写真を描く…「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」推進計画発表
T T

市長演説

  • オ・セフン(呉世勲)市長、ハンガン(漢江)中心のグローバル魅力都市の青写真を描く…「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」推進計画発表

  • 市長演説 SMG 1,075

    オ・セフン(呉世勲)市長は9日、ソウルの都市競争力5位達成を牽引する「グレートハンガン(漢江)プロジェクト推進計画」を発表して、国際都市としてさらなる成長を目指すと語った。

    ハンガン(漢江)は、川幅最大1.2kmとセーヌ川やテムズ川の5~6倍に達し、全長41.5kmに及ぶ、ソウルの中心を横切る大韓民国の象徴であり、多くの国民の日常とつながっている最も潜在力ある公共空間だ。

    ハンガン(漢江)の自然生態を尊重しつつ、ハンガン(漢江)の利便性と魅力を高めて市民の暮らしの質を向上させ、水辺の活力をハンガン(漢江)の都心空間まで拡大させて、ソウルの都市競争力を強化する計画だ。

    「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」は、既存のハンガン(漢江)ルネッサンス事業(2007)の2.0バージョンであり、「共に享受するさらに偉大なハンガン(漢江)」をビジョンとして、4大コア戦略、55事業を推進する。4大コア戦略は、自然と共存するハンガン(漢江)、移動が便利なハンガン(漢江)、魅力あふれるハンガン(漢江)、活力を加えるハンガン(漢江)だ。

    既存のハンガン(漢江)ルネッサンス事業では、自然性回復、アクセシビリティ向上、文化インフラ向上などを中心に5大分野33事業が推進されており、ヨイド(汝矣島)・トゥクソム・パンポ(盤浦)・ナンジ(蘭芝)に造成されたハンガン(漢江)公園、月光虹噴水、ヨイド(汝矣島)セッカン生態公園などが多くの市民に愛されている。

    今回のプロジェクトでは、ハンガン(漢江)ルネッサンス事業の「回復」と「創造」の哲学を受け継ぎ、これまでの社会の変化を考慮して、残念な点と新たな機会を発見して推進する。

    Vision

    THE GREAT HANGANG

    共に享受する「さらに偉大なハンガン(漢江)」

    4大コア戦略 / 55の先導事業
    4大コア戦略 / 55の先導事業
    自然と
    共存する
    ハンガン(漢江)
    移動が
    便利な
    ハンガン(漢江)
    魅力
    あふれる
    ハンガン(漢江)
    活力を
    加える
    ハンガン(漢江)
    自然性を回復
    自然にやさしい環境
    ハンガン(漢江)との連携
    水上散策
    移動性の向上
    感性眺望名所
    文化・芸術空間
    お祭り・イベント
    成長拠点の強化・連携
    住居地革新
    1番目のコア戦略は、「自然と共存するハンガン(漢江)」である。ハンガン(漢江)ルネッサンス事業によって生態公園が大幅に拡大され、コンクリート護岸が自然型にかわったことにより、ハンガン(漢江)の生態環境は日々改善され続けており、ソウルにとって肺のような役割を果たすようになっている。ハンガン(漢江)の自然潜在力を強化するために、① 自然性を回復し、② 自然と人間が共存する自然にやさしい環境を造成するために9の事業を推進する。

    まず、生態景観保全地域の拡大、生態公園の再整備、自然型護岸の復元、野生生物生息地保護事業を重点的に推進する。

    ハンガン(漢江)の5か所の生態公園には、生態景観保全地域が3か所ある。生態公園を2025年までに再整備し、植生が良好なカンソ(江西)湿地生態公園は生態景観保全地域に追加指定することで、自然回復の土台を強化する。

    また、2025年までに復元可能な護岸全長57.1㎞を自然型護岸に転換して、ハンガン(漢江)の水環境の指標生物であるカワウソなどの絶滅危惧種の生息地保護事業も継続的に推進する。
    そして、森と庭園を拡大して、自然と人が触れ合う機会を増やし、持続可能な生態環境を築いていく計画だ。既存のヨイド(汝矣島)セッカン生態体験館は改装して、自然型キャンプ場・水遊び場も設置する。
    2025年までに21万株の木を植栽して、緑の憩いの場を拡大して、2024ソウル国際庭園博覧会を開催して、ハンガン(漢江)の自然環境の中でソウルの庭園文化を世界にアピールする計画だ。

    ハンガン(漢江)の老朽化したプールは、現代技術とセンスを取り入れた自然型水遊び場*に改装する。2024年、最初にチャムシル(蚕室)を開場して市民の意見を聴取し、追ってクァンナル、チャムォン(蚕院)、マンウォン(望遠)プールまで徐々に拡大させる。

    * 自然型水遊び場:森の中の遊び場・生態水遊び場などで、ハンガン(漢江)の自然性を回復させつつ、フリーマーケット、ヨガプログラム、野外公演を開ける、年中活用できる水遊び空間

    2番目のコア戦略は、「移動が便利なハンガン(漢江)」である。誰でもハンガン(漢江)に歩いてやってこれるように都市とハンガン(漢江)をつなぎ、世界に羽ばたくためのインフラを造成することを目標とする。さまざまな交通手段によって歩行弱者でも不便なくハンガン(漢江)に親しめるよう、③ ハンガン(漢江)との連携、④ 水上散策、⑤ 移動性の向上を主要課題として、15の事業を推進する。

    ハンガン(漢江)周辺地域のどこからでも徒歩10分以内にハンガン(漢江)を訪問できるようアクセス施設を拡充する。2030年までに7か所の地下通路を新設・増設(増設1か所)し、改装(31か所)も推進する。また、都市公園からハンガン(漢江)まで快適に歩いて行けるアムサ(岩寺)チョロクギル*を造成したり、ハンガン(漢江)周辺において民間開発事業を推進する際には、ハンガン(漢江)河辺に立体歩道橋を設置することを原則として許可・認可を与える。

    * 2023年竣工予定のアムサ(岩寺)チョロクギルは、オリンピックデロ(往復8車線)の一部の区間を地下化して、全長50m、6,300㎡規模の上部生態公園を設置し、ハンガン(漢江)へのアクセシビリティを高めて、断ち切られたハンガン(漢江)・先史遺跡地をつなぐことで、歴史性の回復と同時に地域の活性化を期待する事業である。

    また、水上散策路を設置して、ハンガン(漢江)にさらに近づき、ハンガン(漢江)の真ん中地点でその上を散歩できる機会を提供する。2026年までにチャムスギョ(潜水橋)の歩行の利便性を強化して、水上での映画や小規模公演鑑賞など、多彩なレジャー文化活動も楽しめるようにする。

    チャムスギョ(潜水橋)は、パンポ(盤浦)大橋の下にある橋で、交通渋滞などを最小化すると同時に、比較的早期に安全な水上散歩が可能となる場所だ。

    ソニュド(仙遊島)には、循環型歩行掛け橋を設置して、ノドゥルアートブリッジ、ソウルの森カルチャーブリッジも2025年着工を目標に推進する予定だ。

    ハンガン(漢江)内外を連結する移動手段は、地上・水上・空中と多様化する。まず、公共交通手段でのアクセスが不便なサンアムドン(上岩洞)に、環境にやさしい自律走行バスの運行を拡大することで、ヨイド(汝矣島)等へ運行地域を広げていく予定だ。水上活動の拠点としてエリア別のマリーナを設置して、既存の水上交通と連結して、UAM(都心航空交通)やゴンドラなどの空中移動とも連携する計画だ。

    エリア別のマリーナは、ナンジ(蘭芝)ハンガン(漢江)公園周辺にソウル水上レジャー・スポーツセンターが2023年竣工予定で、ヨイド(汝矣島)船着場を活性化させて、チャムシル(蚕室)とイチョン(二村)マリーナは2025年に着工する計画だ。

    UAMを活用したハンガン(漢江)観光商品は、年内に推進戦略を講じて、2024年に運行テストを実施後、2025年商用化を目標に推進する。

    ゴンドラは、カンナム(江南)とカンブク(江北)間の公共交通の連結が必要な主要拠点と観光スポットに設置を検討中で、交通利便性を向上させる異色の移動手段を提供する予定だ。

    特に、本プロジェクトは、民選8期ソウル市の中心政策哲学である「弱者との同行」という基調も積極的に反映させて、ハンガン(漢江)の魅力資産をすべての市民が利用できるよう、「ユニバーサルデザイン」テスト事業を推進する。高齢者、体の不自由な者、障害者等の歩行弱者もハンガン(漢江)の利用に不便がないよう歩行移動権を強化して、ハンガン(漢江)固有のユニバーサルデザインモデルも開発する。これによって、2024年以降には、ハンガン(漢江)で推進される全事業に「ハンガン(漢江)ユニバーサルデザイン」を適用する。

    3番目のコア戦略は、「魅力あふれるハンガン(漢江)」である。新たな眺望と視野、楽しい遊びと文化を体験できるよう、⑥ 感性眺望名所や、⑦ 文化・芸術空間、⑧ お祭り・イベント開催を主要課題として、少なくとも27の事業を推進する。

    ソウルリングZERO(大観覧車)、展望ガーデンをはじめ、ハンガン(漢江)各地に市民が楽しめる美しい眺望スポットを設置する。市民公募を通して発掘した夕焼けスポット、自転車道路沿いのスポット、優れた生態景観を誇る支流合流地点などを感性眺望スポットにして、既存の展望カフェを活性化させ、夜間景観も改善する。

    多様な生物種が生息する優れた自然景観が広がる支流合流地点に設置される感性スポット「ノルピッ広場」は、2023年チュンナンチョン(中浪川)合流地点を皮切りに、2026年までにアニャンチョン(安養川)、ソンネチョン(城内川)、コドクチョン(高徳川)、パンポチョン(盤浦川)、タンチョン(炭川)、ホンジェチョン(弘済川)の全7か所に設置する。

    安全で調和のとれた夜間景観を演出するための「ハンガン(漢江)河辺夜間景観ガイドライン及びマスタープラン」策定を皮切りに、夜間景観特化スポットを発掘して、ハンガン(漢江)橋梁の景観照明も同時に改善する。

    ハンガン(漢江)をさらに多彩な魅力あふれる空間に変える特別な文化芸術空間も造成する。ヨイド(汝矣島)公園には第2セジョン(世宗)文化会館、ヨイド(汝矣島)示範アパート前面にソウル文化マダンを設置して、ノドゥルソム(ノドゥル島)においては自然、芸術、異色の経験があふれる芸術島としてそのアイデンティティを強化する。また、トゥクソムのチャボルレ(J-Bug)は、ハンガン(漢江)歴史文化広報展示館に生まれ変わる。

    トゥクソム・チャボルレ(J-Bug)には、2023年までにハンガン(漢江)歴史文化展示館の機能とともに、子供たちが思う存分走って遊べるキッズカフェも設置される。

    より多くの市民が、さらに多彩で、さらに長い間、さらに楽しくハンガン(漢江)を楽しめるよう、文化芸術、スポーツ体験、お祭り・イベントなどを大幅拡大する。花火大会、ハンガン(漢江)四季のお祭りなど既存のイベントを継続開催すると同時に、新しいプログラムを開発して、市民の意見聴取を通じたハンガン(漢江)特化コンテンツで、ハンガン(漢江)の魅力を最大化させる。

    「フン(興)プロジェクト」でハンガン(漢江)全体を野外展示空間として活用し、クラシック公演や小規模バスキング公演もハンガン(漢江)各地で開けるよう支援して、音楽と芸術があふれるハンガン(漢江)を築いていく。

    特に、ハンガン(漢江)の大きな幅を活用して、「ハンガン(漢江)スポーツルネッサンス」を新たに開始する。ハンガン(漢江)の水上と水辺を活用した野外スポーツ・レジャー教室・プログラムを常時運営して、初心者も安全に水上スポーツ種目に入門できる機会を提供する。また、種目別のアマチュア大会を開催して、市民が親しむ水上スポーツ文化を築き、国際水泳大会、トライアスロンなどの国際スポーツ大会を誘致して、ハンガン(漢江)をスポーツメッカとしてブランディングする。同時に、市民が安心してスポーツ・レジャーを楽しめるよう、安全管理も強化していく方針だ。

    4番目のコア戦略は、「活力を加えるハンガン(漢江)」である。水辺ならではの感性と魅力を都市空間と連携させ、未来ソウルにおける中心的空間を創出し、都市の活力を引き上げる。このために、⑨ 成長拠点の強化・連携と⑩ 住居地革新事業を推進して、円滑な事業推進のために多角的な都市計画支援方法も模索する。

    ヨンサン(龍山)国際業務地区等のハンガン(漢江)河辺の中心拠点に「都市革新区域」を適用して、ハンガン(漢江)河辺の大規模都市計画施設を複合活用する。このために、用途区域や高さ制限などの規制を最小化して、民間が独創的なアイデアで活力あふれる都市空間を創出できるようサポートする。

    「都市革新区域」は、既存の都市計画システムの殻を破り、都市・建築の用途制限をなくして、容積率と建ぺい率もソウル市が自由に決定できるため、ハンガン(漢江)と連携された総合開発を行える。

    また、ハンガン(漢江)河辺の大規模都市計画施設は、複合活用できるよう積極的に支援する。チャムシル(蚕室)運動場の場合、K-コンテンツ、新産業展示の開催など未来戦略産業中心のグローバルMICEハブとして構築する計画で、年内に民間事業者との交渉を終えて、2024年末着工を目標に速やかに推進する。

    ヨイド(汝矣島)金融中心地は、中心商業地域としての用途地域向上、容積率インセンティブ提供、高さ規制緩和など大幅な都市計画的支援を講じて、国際金融中心地としての飛躍をサポートする。

    単調かつ私有化されたハンガン(漢江)河辺*住宅地は、再建築に対する都市計画支援を通して公共性を強化し、リズム感ある都市景観を築いていく計画だ。

    * ハンガン(漢江)河辺は約76%が住宅地で、今後約90団地が再建築推進可能

    アパート団地とハンガン(漢江)をグリーン歩行動線で連結して、低層部に商業・業務等の複合用途を誘導し、ハンガン(漢江)河辺の土地公共性を強化する。特に、文化機能はハンガン(漢江)河辺に配置して、ハンガン(漢江)と連携された活力あふれる都市空間を構築する。

    35階以下、ハンガン(漢江)河辺の柱棟15階など硬直的な規制を果敢に廃止して、スカイラインを多様化し、特化デザインで景観を差別化する。

    また、「グレートハンガン(漢江)プロジェクト」によるハンガン(漢江)の変化と活力は、4大水界を皮切りに支川へと拡大させて、市民のニーズと専門家の意見を反映して新たな課題の発掘を続け、拡大可能な計画として今後とも発展し続ける計画である。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に