メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

プレスリリース

  • 「素敵なテコンドーに出会う」ソウル市、テコンドー公演で観光客を誘致

  • プレスリリース SMG 410
    • 5月1日夜7時、ソウル広場にてテコンドー特別公演を開催。「ソウルフェスタ2023」と連携
    • 国技院K-タイガーズなど、テコンドー公演チーム揃え…「JUST JERK」「ジュニエル」など、豊富なラインナップ
    • コロナ禍により中止されていた「南山韓屋村」の常設公演(5月12日~10月29日)も再開
    • 公演の後、外国人観光客を対象に体験型プログラムも…プムセ、撃破体験を直接体験

    ソウル市は、5月1日にソウル広場で開催されるテコンドー公演を皮切りに、ソウルを訪問した感顧客のための様々なテコンドー公演や体験型イベントを披露する。

    市は、テコンドー公演をソウルの代表的な観光商品として定着させるために、07年からテコンドー常設公演を運営してきた。特に今年は、エンターテインメント要素とテコンドーを合わせた公演を通じて、外国人観光客の目を引く狙い。

    今回のテコンドー公演は、体験型フェスティバル「ソウルフェスタ2023」と連携し、「テコンドーと韓流の出会い」というテーマで、5月1日(月)19時から20時40分までソウル広場で行われる。今回の公演は、国楽人のパク・エリとポップピン・ヒョンジュンが司会を務め、国技院やK-タイガーズ、リトルK-タイガーズ、ビガビなど、多彩な魅力を持つテコンドー公演チームが参加する。

    特に今回の公演は、国技院とエレクトリック・ヴァイオリン奏者ソ・ジウのコラボ公演、K-popに合わせてテコンドーの動作を披露する公演、テコン打楽パフォーマンスなど、韓国の国技であるテコンドーとエンターテインメントを合わせた公演であり、観客にこれまでなかったひと味違う楽しさを与える狙いだ。

    また、ダンスサバイバル番組「Street Man Fighter」の優勝チーム「JUST JERK」と、ラッパーの「ソ・チュルグ」、シンガーソングライターの「ジュニエル」の公演など、様々なパフォーマンスも用意され、見どころ満載の公演になる予定。

    一方、ソウル市はここ10年間国内外の観光客から愛されてきたものの、コロナ禍により中止された「南山韓屋村」の常設公演も今年から再開する。5月12日から10月28日まで(7,8月は除外)毎週金曜日と土曜日の16時から行われる。

    常設公演は、テコンドーの迫力ある公演や、テコン打楽との出会い(金)、テコンドーのグローバリゼーションを率いる国技院の素敵で爽快な撃破公演、節度あるプムセ公演(土)など、韓国の伝統芸能を合わせた公演で、外国人観光客の目を引くと期待される。

    また、外国人観光客には毎週土曜日、テコンドーの体験型イベントを行う。 テコンドー道着試着、記念品、ポラロイド写真撮影など、韓国での思い出づくりになれるように用意した。

    プログラムは毎週土曜日、公演が終わってから30分間行われ、テコンドーの歴史や意味を説明してから、防ぐ、蹴る、叩くなどテコンドーの基本的な動作やプムセ、テコンドー技術のコアである撃破まで体験できる。テコンドー体験プログラムに参加したい個人や団体は電話(☎ 070-8817-2441)にて申し込みできる。

    2023ソウル市テコンドー特別公演は、ソウル市公共サービス予約システム(https://yeyak.seoul.go.kr/web/main.do)

    にて4月25日から予約できる。事前に予約しなかった場合でも、公演を見るのはできる。

    ソウル市のキム・ヨンファン観光体育局長は、「テコンドーは、韓国の伝統武芸かつ国技である。テコンドー公演は、芸術性やエンターテインメント的要素を高く評価されている韓流コンテンツでもある」とし、「テコンドーが韓国を体表する観光文化ブランドに発展するように取り組みたい」と語った。

    参考 2023ソウル市テコンドー公演の概要・進行順序

    □ 公演概要

    ① ソウルフェスタ連携テコンドー特別公演
    • 日程:23年5月1日(月)19時~20時40分
    • 場所:ソウル広場
    • アーティストラインナップ
      • ‐<M   C> パク・エリ(国楽人)、ポップピン・ヒョンジュン
      • ‐<プレ公演> ソ・ジウ(ヴァイオリニスト)、ジュニエル(歌手)
      • ‐<本 公演> 国技院、ビガビ、リトルK-タイガーズ&K-タイガーズ
      • ‐<特別公演> JUST JERK、パク・エリ&ポップピン・ヒョンジュン、ソ・チュルグ(ラッパー)

    □ 進行順序

    進行順序
    時   間 内   容 備  考
    19:00~19:20 ソ・ジウ、ジュニエル プレ公演
    19:20~19:30 パク・エリ&ポップピン・ヒョンジュン オープニング公演
    19:30~19:50 ビガビテコンドー公演 テコンドー公演
    19:50~20:10 リトルK-タイガーズ&K-タイガーズ
    20:10~20:15 パク・エリ&ポップピン・ヒョンジュン&クルー 特別公演
    20:15~20:25 ラッパーソ・チュルグ、 JUST JERK
    20:25~20:40 国技院のテコンドー公演 テコンドー公演
    ② 5~10月 南山韓屋村 テコンドー常設公演
    • 公演期間:23年5月12日~10月28日(週2回、金・土)
    • 公演場所:南山韓屋村 泉雨閣舞台
    • 公演回数:常設公演(33回)、体験プログラム(15回)
      • 週2回の常設公演(金、土16時):伝統公演、創作公演
      • 外国人体験プログラム運営(土16時30分):テコンドー体験、ゲームゾーン運営
    • 公演内容:テコンドー公演、創作公演、体験プログラム運営
      • 公演:国技院のテコンドー公演、ビガビの創作テコンドー公演
      • 体験:外国人観光客体験型プログラム(オンライン/対面事前申し込み)、家族参加型プログラム(撃破体験、記念撮影、スパーリングトレーニングなど)
    ※ プログラムの時間や順番は変更される可能性があります。
    ※ 悪天候のため中止になる可能性があります。中止される場合には事前に案内いたします。

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に