メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

文化/観光ニュース

  • 「ナイトマーケットが帰ってきた」…ソウル市、3年ぶりにパンポ(盤浦)ハンガン(漢江)公園ハンガン(漢江)月光ナイトマーケットを開催

  • ソウル市総合ニュース SMG 602
    年間300万人以上の市民と観光客が訪れていた、ソウルの夜間スポットの代名詞である「ハンガン(漢江)ナイトマーケット」が、3年ぶりに帰ってくる。ソウル市は、26日(金)から10月末まで毎週金~土曜日、パンポ(盤浦)ハンガン(漢江)公園にて「ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット」を運営する。

    ハンガン(漢江)の川辺で開かれていたナイトマーケットは、ソウルを代表する夜間フェスティバルであり、「市民の選ぶ10大ニュース」等にも選ばれるほど人気のあるイベントであったが、新型コロナにより約3年間ほとんど開催されず、市民に惜しまれていた。

    しかし帰ってきた「ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット」は8月26日(金)~10月29日(土)の期間中、秋夕連休(9月9日~10日)及び雨天の日等を除いて、毎週金曜日~土曜日の午後5時~10時に合計10回開催される。

    今回のナイトマーケットのコンセプトは、ソウルを代表するハンガン(漢江)とハンガン(漢江)に流れ落ちるパンポ(盤浦)大橋の月光虹噴水など、美しいソウルの夜景と入り混じる感性的な空間での休息である。市民がハンガン(漢江)にて展開される品格高いナイトマーケットで、ゆったりと夏休みを楽しめるようにすることが目的である。

    また、ソーシャル・ディスタンシングによるお祭り・イベントのキャンセルのため困難に直面している、小資本青年創業の象徴「フードトラック」の運営者に販路を提供して再起を助け、さらには停滞しているナイト経済の活性化もサポートする計画である。

    さらに、ヴィーガン(vegan)やリサイクリングなど価値消費を好むMZ世代に価値消費と関連するサービスを紹介するほか、商品製作者とアーティストには自らのターゲットとする消費者と身近な場所で触れ合うことができる機会になるだろう。

    今回の「ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット」には、約40台のフードトラックと60ほどの販売ブースが参加して、活気にあふれる雰囲気が演出される予定である。

    添付1ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-1

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-2

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-3

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-4

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-5

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-6

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-7

    ハンガン(漢江)月光ナイトマーケット関連写真-8

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に