メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

スマートシティニュース

  • 「ソウルウェブ3.0フェスティバル2023」、ソウルをウェブ3.0のハブに

  • スマートシティニュース SMG 889

    イベントポスター

    • 7月31日(月)から8月2日(水)まで2泊3日間DDP一帯にて開催
    • ハッカソン、デモデー、ネットワーキングパーティー、NFTフォーラムなど多彩なプログラムを提供
    • 国内外の青年・スタートアップなど100チーム募集、申請期間5月23日(火)~6月30日(金)
    • 優勝10チームにはソウル市長賞、初期投資、アクセラレーティングプログラムなど支援
    • ブロックチェーン専門企業㈱バオバブパートナーズ、ソウルデザイン財団と共同主催、関連グローバル企業揃って参加
    ソウル特別市は、㈱バオバブパートナーズ、ソウルデザイン財団と共同で、来る7月31日(月)から8月2日(水)までの2泊3日間、DDP一帯にて、「ソウルウェブ3.0フェスティバル(SWF2023)」を開催する。

    当イベントは、△2泊3日間休まずマラソンのようにプログラムを開発するイベントのハッカソン、△優秀なスタートアップが参加して自社製品・サービスを公開するイベントのデモデー、△関連機関の関係者と一般参加者同士のネットワーキングのためのアフターパーティ、そして△DDP外装パネルをNFTデジタル資産として発行する「DDP45133プロジェクト」協力イベントなど、多彩なプログラムが提供される予定だ。

    「ソウルウェブ3.0フェスティバル(SWF2023)」には、Hexlant、FingerLabsなど韓国の関連企業だけでなく、Crypto.com、Cronos Labs、LBK Labs、HK Central Researchなどのグローバル企業がパートナーとして参加して、ソウルがICT分野の革新・グローバル都市であることをもう一度確認できる見通しだ。

    参加申し込みは、5月23日(火)から6月30日(金)まで、公式ホームページ(www.swf2023.com)を通じて実施される。

    「変化、機会、挑戦」というスローガンの下に開催される当イベントは、ICT分野の革新的アイデアを発掘して、参加者に対しては投資を受ける機会を切り開き、大衆にはウェブ3.0市場に対する最新トレンドを提供するICTフェスティバルになることが期待される。

    (※ お問い合わせ先:seoulweb3festival@gmail.com、+82-2-711-2392)

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に