メインコンテンツに移動
  • ソウル市ニュースレター購読 刊行物
  • visiting seoul?
T T

文化/観光ニュース

  • 7月6日(土)、ヨイド(汝矣島)の上空に「ソウルダル(ソウルの月)」が昇る…試運転を経て8月から正式に運営

  • ソウル市総合ニュース SMG 489
    • ソウル市、7月6日(土)にオープンセレモニー・搭乗体験イベントを実施…意見募集後、8月23日(金)から正式に運営

    直径22mの巨大な月型の係留式ガス気球が6か月間の準備を終え、7月から正式にヨイド(汝矣島)の上空に昇る。ソウル市は、ソウルの夜間観光のランドマークとなるこの係留式ガス気球の正式名称を「ソウルダル(SEOULDAL、ソウルの月)」に決めた。

    ソウル市とソウル観光財団は、7月6日(土)19時にヨイド(汝矣島)公園(ヨンドゥンポ(永登浦)区ヨイドゴンウォンロ68)において「ソウルダル(ソウルの月)オープンセレモニー」を行うと発表した。ソウルダル(ソウルの月)は、この日から8月22日(木)まで試運転を経て8月23日(金)から正式にオープンし、有料で運営される。

    市は8月22日(木)まで、オンラインとオフラインのキャンペーンで選ばれた市民や各自治区の住民などを対象に搭乗体験を提供し、意見収集を行った後、正式にオープンする方針だ。

    これまでソウル市内の景色を鑑賞するためには、高いところにある展望台に上る必要があったが、国内外の観光客が多く訪れるハンガン(漢江)の川辺に「ソウルダル(ソウルの月)」を運営することで、ソウルの昼夜の美しい景色を屋外で楽しめるようになると期待されている。

    ソウルダル(ソウルの月)の設置写真(昼) ソウルダル(ソウルの月)の設置写真(夜)
    ソウルダル(ソウルの月)の飛行中に見られる景色 ソウルダル(ソウルの月)の設置現場の全景

     

    〇搭乗料金:大人2万5千ウォン、小人・高齢者2万ウォン(入場券は現場でのみ購入可能)

    搭乗料金:大人2万5千ウォン、小人・高齢者2万ウォン(入場券は現場でのみ購入可能)
    区分 金額(ウォン) 備考
    大人 25,000

    -大人(19歳~64歳)

    -小人(生後36か月~18歳)、高齢者(65歳以上)

    -大人を除くすべての入場券は、購入時に証明書の提出が必要

    ※身分証明書・証明書類などを事前に提示

    -割引の重複適用なし
    小人・高齢者 20,000
    障害者・国家有功者 30%割引
    団体(20人以上) 10%割引
    気候同行カード 10%割引

     

    〇 運営スケジュール:1日10時間運営(毎週月曜日に施設点検を実施)

    運営スケジュール:1日10時間運営(毎週月曜日に施設点検を実施)
    運行日
    開始時間 定休日
    施設点検
    12:00 12:00 12:00 12:00 12:00 12:00
    終了時間 22:00 22:00 22:00 22:00 22:00 22:00

    ※ 正式オープン後に適用、1回の飛行に約15分所要、定員30名

ソウルでの日常 ソウルで ウェブトゥーンと一緒に